アナログ

「Profile #1」で確認出来ますように、打ち込み時代~“WILL”初期の頃は、シンセや音源、録音機材等も充実していて、ドラムからベース、ホーンセクションまでを打ち込みで作り、ギターのみ自分で弾いて、ライヴを演ってたわけですが、メンバーが揃ってからは全部売っ払ってしまいました!

確かに自分の作った曲を、イメージしたまま思い通りのアレンジに仕上げられるんですが、1曲仕上げんのに時間はかかるし、その分ギターを弾く時間は確実に減る…。また、思い通りになるという代償に、ジャムりながらみんなで曲を仕上げて行く楽しさというのがないんです。

メンバーが揃った当時はまだ機材があったんで、曲が出来るとある程度打ち込みで仕上げた音源を渡してたんですが、それでも1度音源を聴いてしまうと、先入観が生まれてしまうんですね?
f0119519_4112927.jpg
んで、その頃から現在もこれ!このハイテクでデジタルが蔓延する時代に、全く音を発することのない超アナログな紙切れ1枚です(^^ゞ

歌詞と簡単なコード進行表です。これをメンバーに渡す時点では、あまり細かいキメなどは指定されておらず、「ここはどうしてもブレイクしたい!」とか「ここは絶対このキメで!」ってとこだけ書いてあるのみ。

一応メンバー間では「構成表」と呼んでますが、ジャムってる内にどんどん構成も変わって来るし、場合によっては歌詞も変わったり、新たにCメロが加わったりとかするんで、メンバーが曲を覚えるまで、把握するまでの単なる指標に過ぎないんです。

これにすることで、各メンバーの自由度が増すんですね!作曲者がイメージしていたのとは全然違う方向に、進んで行くことも往々にしてあるんですが、そこがバンドのおもろいとこでもあるし、必ずしも思い通りに進むことが完成度が高いとは言えないんです!

自分の中にはない発想やアイデアが加わることで、自分1人では作れなかったであろう、そのバンドだけの個性やサウンドが生まれると思うし、最初は違和感があっても、それは自分の中にないもんやから当然で、馴染めば「気持ちええ♪」と感じれることは多々あるんです!

長年付き合った彼女と別れた後、新しい彼女を抱いた時の感覚に似てるかも…って、もっと他にええ喩えないんかいっ!!(x_x)☆\(ー。ー#)

そんなわけで、先日出来た『真夜中のランデヴー』の構成表が完成し、メンバーに渡す準備が出来たんですが、この紙切れからどんな音が飛び出すのか、今からワクワクと楽しみなんであります(^皿^)v
[PR]
# by ROCKY-sama | 2008-07-27 04:48 | Band(75)

実験君

ここ6~7年はずっとアンプ直で演って来て、昨年1年間はアコースティックユニットをやってたんでペダルはもちろんなし。今年に入ってバンドでのライヴ活動を再開しましたが、ヴィンテージもんとかのペダルも売っ払ってしまってたんで、何1つ我が家にはペダルはなかったんです。

ところが、たかしの要望もあってワウをオーダーしたり、突然JCでライヴを演る計画を思いついたり(アンプを運ぶんが面倒臭いという説もあり)で、アンプ直派などと言いながら、JCには歪みは期待出来へんので、現在3個の歪み系ペダルが手元にあります。
f0119519_2319179.jpg

f0119519_23193227.jpg現在メインとして使ってるのが“SHIGEMORI”の「RUBY STONE」。
この前紹介した「PREMIUM」の存在が気にはなりますが、最狂の末っ子と呼ばれるだけあって、JCとの組み合わせでも歪みは充分やし全然問題ありません。
まぁ~好みから言うとちょっとハイのジャリジャリ感が気になる程度。
そこはアンプのセッティングや、ギターのコントロール次第でどうにでもなりますが、「PREMIUM」がかなり俺の理想に近いという噂も♪


f0119519_2323468.jpgそして、以前ココでも紹介した我が家や、その名の通り楽屋でも愛用してるミニアンプ「GAKUYA1号」の製作者でもある、「日本のダンブル」田辺氏が製作した「禅駆動」。
とにかく見た目の派手さに目を奪われますが、音の方も優秀です♪
これはオーバードライヴと言うより、ブースターって感じがします。ローゲインで使用するとメッチャええ音!
ブルースのセッションとかやったら、もうこれ1個だけ持って行ったらOKやし、ジャズっぽいソロ弾く時なんかは気持ちEです!

f0119519_23503664.jpg3つ目は某氏が只今開発中の謎のオーバードライヴの試作機をお借りしております。
この実験を終えてから感想等を添えて返却しましたが、この「TWIN DRIVE」もかなりクオリティ高い!でもやっぱり俺はスイッチ2個ってペダルはどうも扱いにくい(^_^;)
それと、歪み系ペダルにはノブは3個まででええかなぁ~って思う。
ヴォリュームとトーン、ゲインがあったらもう俺はそれだけで充分です(^皿^)v

「より細かい設定が可能!」とかいう謳い文句で、ノブやスイッチがいっぱい付いた歪み系ペダルが市販されてますが、セッティングをあれこれ試してたら、もう途中でどうでもよくなって来るんです(^_^;)

もう1個違うセッティングのペダルを置いた方が早い!微妙な違いやったら手元でどうにかなるし、優秀なペダルやったら何でもそこそこは弾けます♪
結局は自分の好きな音が出るように弾いてしまう…。

実験の結果…俺はもうペダルマニアには戻れんと実感(-.-)y-~~~
[PR]
# by ROCKY-sama | 2008-07-24 00:07 | Equipments(43)

採用!!

先日俺が1日で完成したと言うてた新曲『真夜中のランデヴー』。次回のライヴが近いし、練習もあと2回しかないし、たかしの新曲『Sunny day』のアレンジで手一杯やから、あえて発表はしませんでした。

もうちょっと細かいとこを煮詰めて、次のライヴが終わってから発表しょうかなぁ~と思てたら、この前の練習が終わってから、たかしがスタジオのロビーで俺にアコギを手渡し「新曲聴かせてよぉ~!」と言うて来た(ーー;)

この『真夜中のランデヴー』は今までにない甘いタイプの曲やし、歌詞もエロいし、ボツる可能性が非常に高い!たかしは人並みにエロいと思うのだが、エロい歌詞を歌うのを嫌がる傾向にある。

それでも1年半たかしと活動を共にしながら、たかしの好む歌詞の傾向を色々研究しつつ、何とかエロい歌詞を歌わせる為の対策をあれこれ練っていたのであった(ー皿ー)

これは決して嫌がらせではなく、俺はたかしの歌のファンでもあるから、彼のヴォーカルスタイルの幅を広げてほしいという想いからなのである!
元々曲によって声を巧く使い分ける、幅広い表現力が魅力のたかしだが、「色気」という部分では多少の物足りなさを感じる(-_-;)

そして、俺の弾き語りで聴かせた結果…採用っ!!(^皿^)v
緊張とはほとんど縁のない俺が、ここ最近最も緊張する瞬間である!

たかしが「ええ曲!採用~っ!!」と言い、俺が「ボツらんで良かったぁ~!」と喜んでると、横からKAZUさんが「上から目線やなぁ~」とポツリ(笑)
f0119519_23241179.jpg
まぁ~歌もんのバンドはヴォーカリストが神様みたいな存在ですから、ヴォーカリストが「こんな曲歌えん!」とか「おもろない!」と言うてしもたら、感情を込めるどころか、曲として成り立たんわけです(^_^;)
言うてみればわざわざお金払ってカラオケ行って、特に好きでもない曲、嫌いな曲を熱唱するアホはおらへんのと一緒です。

まずは公園で練習して、久々のアコースティックユニットのライヴで発表出来たらええなぁ~と思っております…が、予想以上に早ぉ~完成&採用が決まったんで、真夏にクリスマスソングという事態に(○_o;)
[PR]
# by ROCKY-sama | 2008-07-21 23:51 | Band(75)