<   2008年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

新しいピック

先日“SHIGEMORI”の「CUSTOM」を試奏に行った時、店長が他のお客さんの応対をしてる間、店内を色々見て回ってました。
ココには他店には置いてないような、珍しいもんが無造作に置いてあったりするんで、ウロウロするだけでも楽しいのです♪
f0119519_17552226.jpg
俺はずっとオリジナルピックを使ってるんですが、そろそろ在庫切れやし追加注文せなあかんのですが、以前のバンドのロゴも入ってるし、また別のデザインを考えてもええかなぁ~とか、気になるピックを色々試してみるかなぁ~とか思ってたんで、普段は見ることもないピックコーナーへ。

f0119519_17571825.jpgすると、入手困難なべっ甲の質感とトーンを追求した、ULTEMという素材を使った“CLAYTON”のピックが置いていました。
前から気になってたし、1度試してみようかと思い、数種類の厚みと形が揃っていたんで、ウニウニと指で感触を確かめながら選んでいると、ふと目に飛び込んで来たピックがあったのです!

ギター周辺のアクセサリー類を扱う“PLANET WAVES”のピック…。
f0119519_188494.jpg
おぉ~っ!!ROCKYピックのパクリやないかっ!!(x_x)☆\(ー。ー#)
こんなホワイトパールのピックなんてどこにでもあるんちゃう?と言われそうやけど、トカゲのマークまで一緒やないかいっ!!(x_x)☆\(ー。ー#)
f0119519_1818254.jpg
ん~、こうやって並べてみると兄弟のようで、違和感ないなぁ~(^_^;)
たまたま手に取ったのが0.70mmのだったが、まぁ~通常のミディアムくらいの感触だろうか?僅かにROCKYモデルより柔らかい感じで、微妙にオリジナルよりキラキラして綺麗やから買ってしまった(^^ゞ

最近だんだんとピックが薄くなる傾向にある。ヘヴィメタ時代はエキストラヘヴィとか、どないしても曲がらん硬くて厚いピックを使ってたけど、その内演る音楽の傾向も変わり、ピックがそのままやと弦をガンガン切るようになって、ヘヴィ、ミディアムとちょっとずつ柔らかくなって来た。調子に乗ってそれ以上薄くしたらピックが割れたヽ(__ __ヽ)ドテッ

以前はエレキ用にはティアドロップのヘヴィ、アコギ用にはオニギリ型のミディアムを使っていて、最近はエレキでもオニギリのミディアムにしてたけど、今回は硬さはミディアムのままで、またエレキ用にはティアドロップを試してみることにしました…ん?あれ~?あぁ~っ!!

結局“CLAYTON”のピック買うて来んのん忘れた( ̄□||||!!
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-04-14 18:43 | Equipments(43)

ついに試奏

いつも御世話になってる神戸・元町のギターショップ「TONE BLUE」に行って来ました。今回の目的は何度もココで紹介している“SHIGEMORI”の「STONE DRIVE CUSTOM」の試奏であります。

現在市販されている「CUSTOM」はVer.3なんですが、俺は何度も是永兄貴に薦められながら、「TONE BLUE」に行っても入荷したら即完売!
今回は先に“SHIGEMORI”側に出荷予定を確認し、バッチリ入荷日を狙って、まだ「TONE BLUE」のHPに載る前に試奏して来ました(^皿^)v
f0119519_3555538.jpg
第1印象は「エロい色~っ!!」でありました(笑)
写真ではなかなかウマく写らん、微妙なパープル系の限定カラーが素敵♪
肝心の音の方ですが、そりゃ~“SHIGEMORI”ですから、悪いはずがありまへんわな!でも俺の知ってる「CUSTOM」とは違いました…凄ぇ~歪むなぁ~という印象。こりゃ~メタルでも充分イケる歪み!低音弦をゴリゴリと擦りながら、ピッキングハーモニクスをキメつつ、久々にメタル系のリフを思わず弾いてしまいました(^^ゞ

ここで勘違いせんとってほしいのは、よくあるグチャ~ッと潰れた歪みとちゃいまっせぇ~!結構速いフレーズを弾いても、音がちゃんとついて来てくれると言いますか、ノイズレスな上に綺麗に歪んでくれるんで、1音1音がハッキリ聴き取れると言えばわかりますでしょうか?

もう弾いた途端に、その辺の歪み系と同じ土俵で語るペダルやないと実感出来ます!「んじゃ~、とうとうROCKYもお買い上げ~っ!?」
いやいや、買うておりまへん…何故なら俺には今でも忘れられない歪み系ペダルがあるのです。それもやっぱり“SHIGEMORI”!

まだ誰も“SHIGEMORI”を知らん頃、初めて神戸に“SHIGEMORI”のお2人が訪れた時、一般販売される「CUSTOM」と一緒に持って来た試作機でもある「SD CLASSIC」の衝撃がまだ抜けてへんのです。

f0119519_428653.jpg俺が“SHIGEMORI”を知った時に初めて見た筐体はこれであり、実際に音を出したのもこっちが先で、この後に「CUSTOM」を弾いたけど、またこっちに戻ってもう1回弾いて「俺はこっちの方が好き~っ!!」などと言い、これから市販しようって時に、何てことを言う天邪鬼なんでしょう(^_^;)
こればっかりは好みやからしゃ~ないんですわ!

それと、俺は基本的に1つのペダルに、何個もスイッチが付いてるのが好きじゃない!その点この「SD CLASSIC」も「RUBY STONE」もスイッチ1個やし、オンかオフしか出来まへんねんっ!!って言う潔いとこがカッコええと思ってしまう、俺はドアホ~なのであります(笑)

スイッチも1個やし、「RUBY STONE」と「DELUXE」の間に「最狂の3男」として、デビューさせてくれへんやろかぁ~?それとも永遠のプロト扱いになるんやったら、神戸支店で大切に保管させていただきます(ー皿ー)
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-04-13 04:55 | Equipments(43)

入院します…。

俺の愛器は日本が世界に誇るスーパーギタービルダー、西條八兄氏が制作した“Saijo”の“ROCKY CUSTOM MODEL”です。#1、#2、#3の3本を所有し、それぞれボディ材や指板材が違ったりしますが、ピックアップその他はほぼ同仕様でオーダーしました。詳細はこちら

f0119519_17411614.jpg最初に#1をオーダーしてからは、完全に“Saijo”ギターの虜になってしまい、同じ年に立て続けに#2、#3をオーダーし、それまで愛用していた60年代のヴィンテージストラトや、2本の“Performance”も手放してしまいました。それくらい素晴らしいギターやし、まさに芸術品の域に達していると思います。

芸術品と言うとレスポール等の派手な木目や、PRSの豪華なインレイ等の装飾があるギターを指す場合が多いですが、やっぱり楽器はまず音が重要なのです!
見た目ももちろん大事ですが、ベッピンやけど性格が最悪な女のようなギターでは、芸術品とは呼べないのである…うん!なかなかええ喩えやがなぁ~(笑)

愛器と呼んでるだけに“ROCKY CUSTOM MODEL”にはちゃんと名前がついています。そりゃ~もちろんエイドリアンに決まってます♪
どれがエイドリアンかって?全部エイドリアンですがなぁ~っ!!今のところ本妻が#1エイドリアン、愛人が#2エイドリアン、彼女が#3エイドリアンって感じでしょうか?どのエイドリアンも俺に対しては従順なのですが、他人が弾いてもあまりええ音がしないことの方が多いのです。ちゃんと性感帯を知っとかなあかんちゅうことですわ!(*ーoー*)

彼女達とはかれこれ8年の付き合いになるんですが、ネックが反ったとか、音が出んようになったとか等のトラブルは一切なし!ですが、#3だけがここんとこゴキゲン斜めなのです(^_^;)
f0119519_1758455.jpg
御覧のように#3の弾き込まれたネックの裏は、まるでヴィンテージのように塗装が剥げてなかなかカッコええんですが、#1、#2は何の問題もないのに、#3だけが僅かに引っ掛かる感触があるというか、スライド等のポジション移動時に、多少のストレスを感じてしまうのです。

先日、西條氏に相談したところ、症状を見てへんからわからんけど、クリアーの塗料に問題があったのではないか?とのこと。そして、#3エイドリアンは西條病院に入院することになりました。でも“Saijo”ギターは永久保証なんで、こういう場合は無償で対処してくれるし、そう考えれば絶対安い買物なんで、皆さんもオーダーしなさいっ!!(笑)
西條先生にお色直しされて、綺麗になって帰って来いよぉ~(^o^)/~

ただ1つだけ心配事が…。西條病院には是永兄貴がちょくちょく出入りしてるらしいんで、エイドリアンが入院してる時に、兄貴がベッドに潜り込んでオイタをするんちゃうかと不安でならない…(-_-;)

「エイドリア~~~~~ンッ!!」
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-04-11 18:14 | Equipments(43)

最狂の末っ子

男ばかりの4人兄弟の末っ子、たかしのことではありません。
先日「MERSEY BEAT」で行われた“JAM & COOL”のライヴで、ついにデビューした“SHIGEMORI”の「RUBY STONE」のことです(笑)

f0119519_1453333.jpgライヴ画像の俺の足元を拡大してみました。
手前の黒くてデカいのがアンプのチャンネル切り替えスイッチ、その向こうが“BOSS”のチューナー、1番奥の白いのが最狂の末っ子「RUBY STONE」であります!
ずっとノムティに貸していて、使い始めたのがライヴ前最後のスタジオからやったんで、今回は実験的に『早撃ちキッド』のみでの使用でしたが、今後はもっと活躍の場が増えて行きそうな勢いを感じました♪

何で末っ子かと言うと、“SHIGEMORI”の「STONE DRIVE」は3機種ありまして、「CUSTOM」、「DELUXE」という兄貴分がいるのです。

f0119519_1454750.jpgf0119519_14542255.jpg
価格的に1番お高い「CUSTOM」が長男、2番目の「DELUXE」が次男という設定ですが、兄弟喧嘩したら、長男が1番強いか?と言うとそうでもありません。1番チビの末っ子が強かったりするでしょ?

実際“SHIGEMORI”のお2人が「最強」ではなく「最狂の末っ子」と呼んでおり、価格的な設定だけの話であって、ランク的に下位機種と考えているわけじゃないと申しておりましたし、ほんまに喧嘩も強いです(^皿^)v
この辺が「RUBY STONE」を好きな理由かも知れません(笑)

f0119519_1523314.jpgさて、ライヴで使ってみた感想ですが、対バンで出演したギタリストの中でも、やはりダントツで「最狂」!
ソロになって何か歪み系のペダル踏んだ途端、やたら音はデカいくせに、音がショボいっちゅうか、バンドの音に埋もれて、何弾いてんのかわからへんって奴が多過ぎるんですわっ!!(ーー;)
ハンバッカーのくせに「俺の方が圧倒的に太いぜっ!!」(ってギターの音の話ですが…)ってくらいに細いし、ペダル自体に頼り過ぎって感じがしました(-_-;)

歪み系のペダルでグチャグチャに歪まして、さらにディレイまで踏んでワケわからんようにした方が確かにミスは誤魔化せますが、ほんなら最初からソロなんか弾くなよっ!!(x_x)☆\(ー。ー#)…ちゅう話ですわな。

次回ライヴではもっとガンガンに「最狂の末っ子」を使う予定なんで、興味のある方は是非、その耳で確認しに来て下さ~い(^o^)/~
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-04-10 16:00 | Equipments(43)

“JAM & COOL” ライヴリポート

f0119519_11413743.jpg
1曲目は『星のカケラ』でスタート!アコギユニットでも演ってたたかしの曲で、俺は今この曲がプレイしていて1番楽しくて好きな曲♪
ゆったりしたノリのメローなAOR系ですが、アレンジも固まって来たし、お客さんを惹きつけるにはピッタリかも?

続いて2曲目は『想い夜空』。なんちゃってジャズですな(笑)
お客さんが「この人達ジャズも演れるんやぁ~!」と勘違いしてしまう曲。
ライヴビデオ観てたら、やはり「なんちゃって」だけに、ギターソロが間違って聴こえてしまう、ベースラインに変更の余地アリ(^_^;)

f0119519_120149.jpg3曲目は今回の目玉商品、新曲の『wanna be』でした!ジャパネットタカタの社長の声が、さらに高くなるほどノリノリのファンキーナンバーですが、ノムティも久々に「貞子」状態になるほど、メンバーもお客さんも盛り上がりました(笑)
ドン引きされるかも?という若干の不安も抱えながら、チャレンジした「ワァ~ッ!ナァ~ッ!ビィ~ッ!」の振り付けも大成功でした!
腕を使って作る「N」の形が逆のメンバーがいましたけど(ーー;)

4曲目はバラードの『奇跡』。今回はアコギユニットの時に俺が弾いてたアルペジオにたかしが初挑戦!結果は…次回に御期待下さい(笑)

f0119519_12144182.jpgそしてラストは『早撃ちキッド』。
この曲は前回のライヴでアレンジがちゃんと固まってなかったんで、バンドとしてはリベンジでした!
練習の甲斐あって今回は気持ち良くプレイ出来たし、“SHIGEMORI”の「RUBY STONE」も大活躍♪
ソロではダックウォークも飛び出し、「ロッケンロ~ルだぜベイベ~ッ!!」状態であります…って、どんな状態やねんっ!!(x_x)☆\(ー。ー#)
ついついMCも長くなってしまい、この時点で既に予定時間を10分オーバーしておりました(^^ゞ

ですが、予想外のアンコール!客電が点かないんでPAさんに確認したらOKの合図。急遽ショートヴァージョンの『558』をプレイ♪
いや~、今回はほんま楽しんでプレイ出来ました!ライヴを熱く盛り上げてくれた会場の皆さん、ほんまにありがとうございましたm(__)m

次回3回目のライヴ、5月24日(sat)の「BACK BEAT」では、さらに進化した“JAM & COOL”をお見せしまっせぇ~っ!!(^皿^)v
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-04-08 12:47 | Band(75)

バンド化2回目のライヴ

夕べ三ノ宮「MERSEY BEAT」で行われた、『MAGIC POP CIRCUS』にお越し下さった皆様、どうもありがとうございましたm(__)m

リハで対バンの演奏を聴いてたら、どんどんテンションが下がって行き、『今日のライヴはどうなってしまうんやろ~?』と、ちょっと不安になってしもたんですが、ライヴ前に適度にガソリン(一般的にはビールとも呼ぶ)を補給し、ええ感じでステージに上がれました(^^ゞ

詳しい内容は後日写真付きで紹介しますが、新曲『wanna be』も好評やったし、全くの予定外やったアンコールも演れたし、満員のお客さんも反応が良くて、例の気持ちええ瞬間も何度もありました♪

噛み合わせの悪い歯車が、急速に噛み合って来た感じで、前回のライヴのステージ上で見たメンバーの顔と、今回のメンバーの顔は明らかに違っていたし、お客さんも笑顔で楽しそうでした!

対バンでこの4月に高校生になったばかりのレディースバンドがいたんですが、そのバンドを観に来たであろう女子高生が2人、最前列でノリノリで踊ってたんですが、“JAM & COOL”のアンコールが終わった後、「このバンド、メッチャおもろいなぁ~!!」「ほんまやなぁ~!!」って聞こえて来た…。

「おもろい」って…、俺等は芸人バンドとちゃうぞっ!!(*・・*)☆\(ー。ー#)
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-04-07 09:38 | Band(75)

カレー雑炊

先日、寸胴鍋に大量にカレーを作ってるって記事を『カレー好き』で書きましたが、昼過ぎに来ると言っていたノムティからの連絡が全くない。
今回特別にええ肉も仕入れたし、ええ味に仕上がってるのにと思い、電話したら何とノムティは寝ていたヽ(__ __ヽ)ドテッ

いつもスタジオには早めに来るし、時間厳守の人やから寝坊という感じではない!声の調子もおかしいし「どないしたん?」と聞いてみると、どうやら風邪をひいたようで熱っぽいとのこと。

ライヴ前最後の練習の日やのに、それはマズいではないかっ!!結局カレーを諦めて、練習を最優先にして、時間ギリギリまで寝ておくことになった。
残されたのは、寸胴鍋の大量のカレーである(^_^;)

でもカレー好きやから全然困らない!カレー三昧週間のスタートである♪
来る日も来る日もカレーメニューで御満悦である(^皿^)v
そして今回のラストは最近ハマっている「カレー雑炊」だぁ~っ!!

f0119519_4251060.jpgf0119519_4255070.jpg
もう1週間は煮込まれているカレーなんで不味いはずがない!
和風の出汁で味付けされた鍋に、白菜やしめじなど野菜や豆腐などをたっぷり入れ、最後にカレーと玉子を投入!最初はカレーの色が左のように濃いけど、しばらく煮込むと右のように馴染んで来る。

最後に無塩バターと薄口醤油少々を香り付けに入れ出来上がり!
うぉ~っ!これはマジでヤバいっ!!ほんま美味過ぎるでぇ~っ!!
彦麻呂に食わせたら絶対今以上に太ってまうに違いない(笑)

最後の一粒までペロリと平らげて、寸胴鍋のカレーは見事、綺麗になくなってしまいました!ノムティ残念でした(^^ゞ
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-04-04 04:43 | Foods(27)

気持ちええ瞬間

f0119519_7522944.jpgf0119519_7525557.jpg
f0119519_7543145.jpgf0119519_7544553.jpg
前回“JAM & COOL”のことについてあれこれ書いたんは何でかって言うと、この前の練習でちょっと気持ちええ瞬間が何度かあったんです♪

アコースティックユニットにリズム隊が加わって約2ヶ月、初ライヴを演ってから1ヶ月が経って、やっとバンドとしてまとまりつつあると言うか、ただ単にライヴでお客さんに聴いてもらう為に上手く演奏すると言うんじゃなく、演ってる側が気持ち良くプレイ出来るような状態。

楽しくプレイするって言うのと、気持ちええと言うんは俺の中では微妙に別もんで、楽しくギターは弾けてたり、ライヴを演れてたりしても、自分のギタープレイや音に納得いかなかったり、バンドとしての完成度はイマイチだったりってことはあるんです。

プレイしてる最中に聴こえて来る自分の音や、ドラムやベース、歌に気になるところがあったりすると、それに気を取られてギターを弾くことに集中出来ずにミスったり、アレンジとか曲の構成がちゃんと頭に入ってないと、間違えないように必死に弾いてるだけになってしまう。

やっとメンバー全員が曲に馴染んで来た感じで、他のメンバーの音がより自然に耳に入って来るようにもなり、その音に触発されて自分のプレイが変わったり、その逆もあったりして、そんな瞬間には何も考えずにプレイしてるんですが、その瞬間がメッチャ気持ちええ~っ!!(^皿^)v

前回の「STAR DANCE」でのデビューライヴでは、何とかかんとか間に合わせましたって感じもあったけど、6日(sun)の「MERSEY BEAT」のライヴでは、この「気持ちええ瞬間」を何度も味わいたいと思ってます♪
是非その瞬間をお見逃しなくぅ~っ!!(^o^)/~
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-04-02 07:59 | Band(75)

ピッカピカ

ドラムのKAZUさんとは阪神大震災があった、1995年のセッションバンドからの付き合いやからもう13年目になります。初めて音を出した瞬間から、お互いに運命的な出会いのようなものを感じました。

“WILL”ではメンバーが変わっても、KAZUさんだけはずっと一緒にプレイしていました。”BeCOOL”ではやっとKAZUさんが納得するベーシスト、ノムティが加入するわけですが、バンドとしては“WILL”の延長線上…っちゅうか、“WILL”で演っていた曲を多少アレンジしてプレイしてました。

“JAM & COOL”ではバックの3人は“BeCOOL”のまま、ヴォーカルがたかしに変わっただけですが、現時点で“WILL”や“BeCOOL”のレパートリーは一切演ってないのです。俺の曲はアコースティックユニットとしてやった1年間に作った曲ばかり。

「“WILL”や“BeCOOL”の時と全然違う」と、この前バンド化初のライヴを観に来てくれたお客さん達から言われました。実際、ハードなリフとかはないし、よりファンキー&ブルージーになったし、さらにジャジーなプレイなんかは“WILL”や“BeCOOL”では聴けなかったもの。

“BeCOOL”を始めた当時、ノムティは“WILL”と比較されることを嫌がりました。たかしは現在“WILL”や“BeCOOL”と比較されることを嫌がる。でも、俺とKAZUさんはそういうことを全然気にしてない。メンバーチェンジではなく、“JAM & COOL”は“JAM & COOL”という別のバンドという考え方。過去にやったバンドを引き摺ろうという思いは全くないのです。

「過去にやったバンドの方が良かった」と、離れる人がいたら悲しいことですが、「“JAM & COOL”の方が好き♪」と言ってくれる人、さらに新しいファンも必ずいてくれるのである。そして、今まさに“JAM & COOL”はバンドとしてスタートしたばかりで、“JAM & COOL”らしいサウンドってのはこれから確立されて行くと思う。

メンバーそれぞれが自分を抑えることなく個性を発揮出来て、そこに化学反応が起った時に、最高の“JAM & COOL”サウンドが生まれると考えているのです!そういう意味ではまだまだ若手の新人バンド…ん?誰やっ!?「若手とちゃうやろぉ~!」言うてんのわっ!!(x_x)☆\(ー。ー#)

誰が何と言おうとピッカピカの1年生であります☆(^皿^)v
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-04-01 01:18 | Band(75)