<   2007年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

シザーハンズ

f0119519_17511826.jpgジョニー・デップを最初に意識して観た映画は、人造人間の役を好演した『シザーハンズ('96)』でした。
実はそれまでにも『エルム街の悪夢('84)』や『プラトーン('86)』で無意識に彼を観てたはずなんですが、彼を見たという記憶がありません。
何やらロックスターを夢見てロスにやって来て、あのニコラス・ケイジと知り合って、いつの間にやら俳優になってしまったという彼。聴いたことはないですが、あの“ザ・ローリング・ストーンズ”や“オアシス”のアルバムにも参加してるそうです!

最近ではやはり『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズでの主演が有名でしょうか?この映画での役作りもなかなかおもしろかったし、こういう娯楽作品でアカデミー主演男優賞にノミネートされたのもうなづけます。これからも作品、年齢を重ねるごとに、人気だけじゃなくて、評価が上がって行く数少ない俳優ではないかと俺は思ってます。

f0119519_18099.jpgジョニー・デップ演じる両手がハサミの人造人間エドワードが街で巻き起こす騒動と、ウィノナ・ライダー演じる高校生キムとの恋を描いたSFファンタージー作品ですが、とにかくジョニーの演技が素晴らしいです!
特殊メイクと呼べるほど大したメイクはしてないんですが、いかにも人造人間って感じの表情をしたり、たどたどしいセリフ回しが観る側をその気にさせてくれます。
このエドワード役もそうですが、ジョニーを好きな理由は色んな役を演じ分けられる上に、存在感が凄くあるところです。何と言っても「目」がいい!

ジョニーの瞳にやられたって言う女性ファンも多いんではないでしょうか?男の俺から見てもカッコええもんなぁ~!今年46歳の彼ですが、これからどんどんシブさも増して、さらにいい俳優になって行くと思います。
5月25日、全世界同時公開の『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』も、今からメッチャ楽しみで~す♪
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-03-28 18:38 | Movies(2)

“SHIGEMORI” STONE DRIVE

もう俺はアンプ直にしてからもう6年目に突入したのだが、何ら不便も感じていないし、先日ココでも記事にしたワウに関しても、使いたいとは思っても、欲しいと思うワウは無いのである。
歪み系のオーバードライヴやブースターなどは、特にあれこれと高級なハンドメイド、モディファイ物を買って、無駄使いをしたなぁ~と言うのもあり、全く興味を示さなくなってしまった。

でも最近ちょっと気になるもんが出現した!名古屋のエフェクター工房“SHIGEMORI”の、「STONE DRIVE」というオーバードライヴである。

f0119519_231492.jpg見ての通りデザインも面白いというか個性的やし、実際に弾いたことがないんで音のことは何とも言えないが、噂ではかなりのもんらしい!
現在は一般的には無名ではあるが、既に海外のトップギタリストもライヴに、レコーディングにと使い始めているようだ!

この“SHIGEMORI”は、エフェクターのケースを作る金属加工をやる方と、内部の配線やパーツを組み上げる方とで担当が分かれており、それぞれの専門知識を活かしてエフェクター製作をしておられる。

f0119519_2131262.jpgこの「STONE DRIVE」の背面を見るとこのようになっていて、電池交換がスムーズに行えるようになっている。
何気ない配慮のようだが、電池派の俺なんかにはたまらない心配りだ♪
これやったら極端な話、ライヴ中にもし電池が切れても、MCしてる間に換えてしまえますからねぇ~(笑)

お値段は作ってる本人様が「日本一高いオーバードライヴ」と公言するだけあって、“BOSS”や“MAXON”などの価格が普通と思ってる方々には、目玉が飛び出ると思います(笑)
でもギターやアンプと同じように、エフェクター、ペダルと言えど、一生もんと考えるなら決して高くない!そこそこの値段のオーバードライヴを買って、文句を言いながら使い、結局買い替えを繰り返すことを思えば安い!

興味のある方はとりあえずHPを御覧下さい!さらに試奏してみたいって言うギタリストは、まずはコメントするか俺まで直メールを下さい!
俺と一緒に試奏しましょう(笑)
でもきっとこれは弾き手を選ぶペダルやと思いますよぉ~!
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-03-26 02:36 | Equipments(43)

カレー好きの楽しみ

f0119519_5373123.jpg俺はカレーが大好きであります!
週に6日、いや3食でなければ毎日食べても大丈夫なくらい、カレーが好きなのです!
もちろんそんだけ好きなんやから、あれこれ今まで実験も繰り返し、自分好みのカレーを寸胴を使って大量に作るのです。大量に作っても冷凍なんてすることなく、最後まで全部食べ切ってしまいます!
普通に食べるんは最初の2回とラスト1回くらいで、色々アレンジして食べることが多いです。今日はその一例を紹介しましょう!

皆さんがよくするのは「カレーうどん」とかじゃないでしょうか?俺もうどん好きなんでこれは必ずします。麺類ではパスタにかけても美味しいですし、意外なところでは焼そばにも合うんですよぉ~!

f0119519_5423347.jpgf0119519_542455.jpg

写真左はその定番のカレーうどんですねぇ~!カレーが美味しく出来ると、和風出汁を加えてうどんにしても美味いっ♪うどんを食べたら出汁に白御飯を入れて、何も残さず綺麗に食べてしまいます!

写真右はダブルカレーです!普通のピラフを使ってカレーピラフも作りますが、これはドライカレーにかけて、ダブルでカレーってわけです(笑)
どこをとっても辛いんで、辛いもん好きにはたまりませんよぉ~♪

「何日も煮込んでんのに、ジャガイモやニンジンの形が何で残ってんの?」って良く聞かれるんですが、もちろん玉ネギやジャガイモなんか特に、どんどん煮崩れて無くなってしまいます。俺は高級店のカレーなんかに多い、ほとんどルーだけのカレーより、具の食感も楽しめるカレーが好きなんで、3日目とか途中でまた野菜を加えるんです。

これでまた具のあるカレーアレンジ料理を楽しめるし、さらに野菜の旨味が溶け込んで濃厚で美味しくなって来るんです♪
ラストに食べる普通のカレーは、なかなか他では味わえないほどの絶品!!
作り手だけの楽しみですなぁ~(笑)また食べたくなって来た…。
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-03-23 06:06 | Foods(27)

相方のライヴ

先日“JAM & COOL”の相方、たかしのソロライヴに行って来ました!昨年暮れに解散バンド“JAMGROOBEE”のライヴはよく観たんですが、弾き語りでのライヴは初体験で、期待やら不安やらで複雑な気分でした。

f0119519_18494075.jpgいきなり結論から先に言いますと、これがなかなかええライヴやったんですよぉ~♪
たかし以外の出演者はバンドやったんですが、人数で勝るバンドの方がショボいと思えるほど、熱い歌を聴かせてくれました!
やはり音楽というのは、音量だけでは迫力って伝わらんもんなんですなぁ~。アコースティック1本でも強く心に響く瞬間があるし、歌というのは歌詞が伝わってこそ、ソウルが伝わってこそなんやと改めて実感しました!

最近俺が良く聴いてるフラメンコのギター、特にパコ・デ・ルシアなんかは、アコースティック1本でメッチャ情熱が伝わるし、言葉以上に訴えかけてくる時があります。そんなギターを俺が弾いて、たかしのソウルフルな歌が加われば、ほんま無敵やなぁ~と思いました(笑)

そういう意味ではまず相方が弾き語りでライヴを重ね、次に俺が1人加わってシンプルなアコギユニット、その内にバンドへと発展させる流れは正解なのかも…。先にバンドアレンジがどうのこうのより、演りたいことや伝えたいことがハッキリしているってのが重要やと思いました!

結局ええ曲っていうんはアカペラとか、ピアノやアコギでの弾き語りでも、やっぱええ曲ですからねぇ~?今回のソロライヴを観たことで、“JAM & COOL”のアレンジでもアイデアが色々浮かんだし、ただ「良かった」っていうだけじゃなくて、何かと得るもんが多かった貴重なライヴでした♪

何か俺も弾き語り演ってた頃を、帰り道にしみじみ想い出したなぁ…。
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-03-20 19:15 | Music(20)

えらいこっちゃ!!

先日4月28日(sat)に「BACK BEAT」で、“JAM & COOL”のライヴが決まったとお伝えしましたが、ただでさえ練習の回数が少ないユニットやのに、またまたその中から1日減ってしまいました。

相方のたかしは現在超多忙で、自らのソロライヴ、そしてギタリストとして参加してる“James”のライヴが週1~2回のペースであり、その間にもちろんそれぞれの練習が入って、その隙間に“JAM & COOL”の練習を組み込んでいるんですが、なかなかそう上手くは予定通りには進まない。

本来なら今日練習のはずやったんですが、明後日がたかしのソロライヴ。前日やのにまだ充分に準備が出来てないとかでキャンセル!
もちろん本人は申し訳なさそうにしてたけど、せっかく今日の練習に間に合うように、慌てて新曲『TOMORROW』を完成させたのにぃ~!!

一応7曲用意する予定なんですが、何とその曲数より少ない5日間しか練習日が無い!大丈夫なんかぁ~!?
練習日を1日、また1日とどんどん減らしつつも、「キーを変えたい」とか「アレンジを変えたい」とか要望はどんどん増やす、ワガママ言い放題の楽しい相方でございます(汗)

まぁ~これも相方に、「ROCKYなら期待に応えてくれるやろう」と見込まれた上でのことやと思うし、しゃ~ないなぁ~とついつい俺も熱いソウルに火がついてしまうわけですが…。
「俺が弾けても君が弾けるんか?」とちょっと不安になってしまう今日この頃でございます。
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-03-18 04:23 | Band(75)

イタリアンスパゲッティ

f0119519_16565993.jpgイタリアンって呼ぶのは実は関西だけらしくて、一般的にはナポリタンと呼ばれています!
喫茶店やレストランの定番料理ではありますが、実際にはイタリアに行っても「イタリアン」とか「ナポリタン」と名のついたパスタはありません。
トマトケチャップ自体がアメリカの調味料やし、アメリカでもケチャップを加熱するような料理はまずない。
イタスパは間違いなく日本で生まれた和食(?)なんです!

玉ネギ、ピーマン、ソーセージかベーコンを炒め、アルデンテに茹でたパスタ麺を入れて、塩コショウして喫茶店ではケチャップ、レストラン等ではトマトピューレを加えることが多いです。

俺の場合はニンニクを最初にたっぷり入れて、玉ネギ、ピーマン、ベーコンに加え、必ず茄子も入れてます。それとケチャップではなくホールトマトを使い、最後にタバスコと隠し味に薄口醤油を少量加えます!
予め熱しておいた鉄板に移し、バジルを振ってからジュ~ジュ~言わせながら食べるともう最高でございます~♪
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-03-14 17:18 | Foods(27)

“JAM & COOL” 練習

4月28日(sat)にライヴが決まって、ちょっと焦らなくてはならなくなった。何しろ我々にはレパートリーが無いのである。それぞれバンドをやっていたし、お互い曲を書いてた立場やから、持ち曲というのはもちろんたくさんあるけど、バンドアレンジでやってた曲なんで、“JAM & COOL”でそのまま演れるかっていうと「?」である。

そんな中“JAM & COOL”の練習はスタートしたが、今回は以前と違ってちょっと真面目!もちろんライヴが決まったのに、演る曲さえ決まってないからってのが最大の原因か?
とりあえずは1曲1曲、確実に仕上げて行こうってことになり、たかしの“JAMGROOBEE”時代の曲をピックアップ。曲の構成はシンプルやし、俺も好きな曲やったんですが、俺ならもっとファンキーに弾くなぁ~と思ってたんで、前々から考えていたギターリフを、早速たかしのパートと2本分に分けてアレンジ。これがなかなか大正解でグルーヴィー♪

歌詞もチョコチョコ変えてみたり、カッチョええキメを入れてみたりと、次々お互いのアイデアを出しながら、どんどん曲の完成度が上がって行く!
ヘッドアレンジ(頭でアレンジを考えること)じゃなくて、実際に2人でギターを弾きながらアレンジして行くから、知らず知らずの内にたかしのギターも巧くなって来ている。そりゃ~ギターに厳しい先生が傍でずっと見てるわけやから、歯切れが悪かったり、ミュートがしっかり出来てなかったり、いらん音が鳴ってたり…ってことがあると、すぐにチェックが入ってしまう(笑)

でも最近は俺がまぁOKかなぁ~と思っても、「もう1回最初からっ!!」と、満足なプレイが出来なかった時は、たかし自らが要求するようになったんは、とてもいい傾向やと思う。これはレベルが上がってる証拠でもあります!

ほぉ~今回は随分ほんまに真面目に練習したんやなぁ~と思うでしょ?いやいや、やっぱコーヒーブレイクで、コーネル・デュプリーを聴かせたら、たかしも予想通り気に入って、早速2人共ギターを持ってセッション大会♪

人間の集中力なんて、そう何時間も持続出来るもんじゃないんです。「教えられてる」とか「勉強してる」という意識があると、だんだん嫌になって来るけど、遊んでると思えば結構長い時間続けられるもんです。傍から見ると遊んでるように見えるけど、実はこれもちゃんとしたギターの練習!
次のライヴではたかしの歌だけじゃなくて、ギターもしっかりチェックして下さいねぇ~♪…とまたプレッシャーもしっかり与えておく(笑)
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-03-12 18:35 | Band(75)

『Teasin'』/CORNELL DUPREE

f0119519_164827.jpg1974年に発表された、コーネル・デュプリーの初リーダーアルバム。
「ギターでソウルを歌う男」と呼ばれた彼のこの作品は、歌は入っていないインストアルバムですが、歌の必要性など全く感じないし、ソウルフルでファンキーで、ほんまに大好きなアルバムです♪
まるでギターが呼吸をしてるような感じで、美味しいプレイが満載!!

決してテクニック的に難しいことをしてるわけちゃうんですが、このグルーヴには魅せられてしまうんですわぁ~!リチャード・ティー(Kb)、チャック・レイニー(Ba)など、素晴らしいミュージシャンも参加してるし、曲もバラエティーに富んでいて、最初から最後まで一気に聴けてしまいます。

f0119519_1762345.jpgコーネル・デュプリーはテキサス州出身で、1962年初頭からキング・カーティスのバンドに参加し、アレサ・フランクリン、スライ&ザ・ファミリーストーン、以前ココでも紹介した、ダニー・ハサウェイとのセッション等でも有名な売れっ子です。
1971年にキング・カーティスがこの世を去り、その後このアルバムが発表されました。
ソロリーダー作だけでなく、スタジオセッションギタリストとして、数々の名盤に彼の名前が刻まれ、素晴らしいプレイを残しています。

スティーヴ・ガッド(Dr)、リチャード・ティー(Kb)らと結成した“Stuff(スタッフ)”、“Gadd Gang(ガッド・ギャング)”での活躍も有名なんで、また機会があれば紹介したいと思います。
こういうシブいプレイが出来るようにならなあかんなぁ…。
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-03-09 17:24 | Music(20)

“JAM & COOL” ライヴ決定!!

f0119519_17545198.jpgf0119519_1755615.jpg

2月17日(sat)はゲスト出演という形で、“JAM & COOL”として初めてライヴを演りましたが、アンコールを含めて3曲だけじゃ、「短か過ぎぃ~!」という意見もありましたし、我々ももちろん演り足りなかったんで、今度はバーじゃなくてライヴハウスで演ることにしました♪

4月28日(sat)、ホームグラウンドでもある「BACK BEAT」で演ります!まだ出演バンド、開場・開演時間、チャージ等詳細は決まってないんですが、今度はたっぷり“JAM & COOL”を楽しんでいただけるかと思います。

詳細がわかりましたら、またココで発表しますんで、お楽しみに~♪
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-03-07 18:10 | Live Schedule(19)

シェイプアップ

f0119519_20182647.jpg
ライヴに来たことのある人は、俺の足元のこれを見たことある人もいるんじゃないでしょうか?対バンのギタリストでも、マルチエフェクターと間違える人が多いんですが、これは「FBV Short Board」と言って、愛用のアンプ“Line 6”の「Duoverb」のチャンネルを切り替える為のボードなんです。

俺はエフェクターを全く使用しないんで、こんなに大きなボードがあるんはほんまは邪魔なんです!特に右端にあるペダルはヴォリュームペダルか、ワウとして切り替えて使えるんですが、俺はヴォリュームはギター側でコントロールするし、ワウも現在気に入ったもんが無いんで使ってへんし、もちろんこんなオマケで付いてるようなワウなんて使うはずもない。

でも先日ココでも書いたように、ワウを久々に使ってみようかなぁ~と考えてるんですが、そうなると益々このペダル部分が邪魔になってくるんです。

f0119519_20373214.jpg出来ればこの写真のようにズバッとペダル部分をぶった切って、スッキリとシェイプアップして、その部分にワウペダルを置きたいなぁ~と考えてるんですが、何しろ電気的な知識も無いし、ぶった切る為の道具も無いのです!

例えぶった切る為の道具を買って来たとしても、1度裏ブタを外して内部を見たことがあるんですが、もちろんこのペダル部分にも配線されており、ただ単にぶった切ればええってもんじゃないんです(汗)

どなたか電気的な知識があって、金属加工も出来るって方はおられませんでしょうか?また、そんな人を知ってるって方は、是非コメントをいただければと思います!よろしくお願いしま~すm(__)m
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-03-05 20:58 | Equipments(43)