<   2007年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

食・食・食

昨日は今週末17日(sat)に迫った、“JAM & COOL”のデビューライヴ前最後の練習やった。そして“JAM & COOL”としてはもちろん、たかしとも初めてのスタジオ入りだった。
これまで練習らしい練習をまともにしてないまま、とうとう目前にライヴが迫ってしまったんで、スタジオに入るなり「今日は真面目にしょうなぁ~!!」と、2人で固く誓ったのだった。

しかし、習慣というのは怖ろしいもんで、気がついたらブルースセッションが始まってるし、いつの間にやらたかしがフロントでスティックを借りて来て、ドラムを叩き始めたではないかっ!
「何を考えとんねんっ!?」と注意する…のが普通だが、こんなこともあろうかと、しっかりエレキまで持参していた俺(笑)
気持ち良~くセッションが終わって、やっと練習開始かと思たら選手交代。次は俺がドラムを叩いてセッション再開。またまたたっぷり遊んでしまって、残り時間が少なくなってから慌てたが時すでに遅し…。

まぁスタジオにたまたま空きがあったんで、1時間延長して何とか練習は無事終了。こういうアコギユニットは初めてやし、ついつい手軽に遊べてしまうんで、今後は注意せなあかんなぁ~とちょっと反省(ちょっとかよっ!!)。

f0119519_133071.jpgf0119519_1333683.jpg
さて、最近のたかしの楽しみは、練習後の腹ごしらえの時間です。俺と行動すると美味いもんが食えるとか、「ROCKYと行くグルメツアー」などと言って、毎回腹を空かせて練習に来るんです。
前回は「おがた家」で美味しい手打ち讃岐うどんに舌鼓を打ち、もちろん昨日も「喃風(なんぷう)」でどろ焼をたらふく食いました。
このたかしの満足そうな笑顔を御覧下さい!決してこの笑顔は練習をええ気分で終えた満足感ではなく、間違いなく満腹感やと思います(笑)

いや~でも何やかんや言いながら、確実にギターの腕はメキメキと上達し、先日ココで紹介した「“BugsGear”のギター買っちゃおかなぁ~!!」などと意気込んでおりました。
ん~、やっぱ先生がええと上達も早いわぁ~!カッカッカッ…。
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-02-12 01:53 | Band(75)

TOWER OF POWER/OAKLAND ZONE

f0119519_357315.jpg最近ジャズやボサノヴァなど、タラ~ッと癒される感じのばっかり聴いてたんで、久々にファンキーでガツンと来るやつ聴きたくなって、CDラック見てたら目に止まったんがこれ!
“TOWER OF POWER”はず~っと大好きで、まだ俺がギターソロをガンガンに弾きまくってた頃から聴いてました。(今でも弾きまくってるやんって言うてんの誰ぇ~!?)

これは2003年発表の作品なんですが、何と6年振りのスタジオ録音で、「伝説のドラマー」デヴィッド・ガリバルディが復帰後初のアルバム。もちろん復帰してから来日した時は、KAZUさんと生で観ましたが、ロッコとのコンビネーションに鳥肌が立ちました(汗)

f0119519_4124572.jpg「ロッコって誰?」って方の為に紹介しますと、“TOWER OF POWER”の看板ベーシスト、フランシス・ロッコ・プレスティアのことです。
「ファンキー」って言うと普通スラップ(チョッパー:親指等で弦を叩いて音を出す奏法)と考える人が多いですが、彼の場合は全くスラップを使いません!でもめっちゃタイトでファンキー♪

でも肝臓を患い、何度も昏睡状態に陥るなど、一時はこのアルバムが遺作になるかとも思われましたが、無事肝臓のドナーが現れてロッコは一命を取り留めたのです。これでガリバルディとの最強リズムセクションがまた聴けるわぁ~と、今は安心してこれを聴けるわけです。

肝心のこの『OAKLAND ZONE』のサウンドですが、そりゃ~悪いはずがありません!相変わらず最高にファンキーな気持ちええサウンド♪
“TOWER OF POWER”は非常にメンバーチェンジが多いバンドなんですが、主要メンバーが不動な限り、“TOWER OF POWER”サウンドが大きく変化することはありません。

ギタリストにとっては退屈なバンド、アルバムかも知れんけど、今回新加入のジェフ・タメリアってギタリストも結構頑張ってます。こんなリズムセクションでカッティングしたら、どんなに気持ちええやろなぁ~って思う羨ましい感じのプレイで、ついついギターを片手に、身体を動かしながらノリノリで聴いて(弾いて?)しまいます(笑)

ん~、寝起きに聴いたけど完璧目ぇ覚めたわぁ~!やっぱ“TOWER OF POWER”は最高っすぅ~♪逆に「そろそろ寝よ~」って時に聴くと、ギンギンに目が冴えて眠れんようになるんで要注意です!!
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-02-10 06:10 | Music(20)

BugsGear OQC-40E

俺は最近になってやっと「mixi」を始めたんですが、やはり全国には色々情報を持ってる方々が多くて、何かとギターやリペア等のことで勉強になるんですが、先日“BugsGear(バグズギア)”というギターブランドを教えてもらいました。

f0119519_23285255.jpg今まで耳にしたことのない名前だったんですが、何やら「音が良くて価格が安い」という夢のような話。だいたいそんなおいしい話にはロクなことがないというのが世の常ですよねぇ?
ですが…HPで調べてみると、トップ、バック、サイドにキルテッドメイプルを贅沢に使い、ネックはマホガニー1ピースで、“Fishman”「Class 4」というPUを搭載した左のギター、いくらやと思います?

f0119519_23435598.jpg何と税込¥63,000ですと~っ!!ヘッドのインレイも豪華やし、指板はローズウッドやし、ペグはグローバーと申し分無い仕様でしょ~!?
何で安いかって言うと韓国製なんです。「何や~、韓国製かぁ~」って思いますよねぇ?実は俺も同じこと思っちゃいました(笑)

でも色々と調べてみると(まだ調査途中ですが…)、オールドマーチンを何本も持ってた人が、それらを全部手放して、今は“BugsGear”を使ってるとか、プロもボチボチ使い始めているようです。

今回写真を載せたんは、ハイポジションでのソロも多い俺とかが、ライヴでの使用を目的とした「OQC-40E」という、シングルカッタウェイのエレアコモデルですが、スーパージャンボタイプのシングルカッタウェイモデルもあるし、もちろん普通のドレッドノートタイプなんかもあるし、材の種類とかでも選択肢は結構あります。

「ええアコギが欲しいけど、予算的にちょっとなぁ~」って思ってる人は、是非チェックしてみて下さい!!HPで試奏PV観たけど、なかなかええ音してましたよぉ~♪最近のマーチンやギブソン、ヤマハの高級機種よりひょっとしたらええ音してんちゃうやろかぁ~?
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-02-08 00:19 | Equipments(43)

節分

2月3日は節分でしたが、お子さんのいる家からは「鬼は~外っ、福は~内っ!!」っていう豆撒きをしてる声と、逃げ回る鬼の面をかぶったお父さんの悲鳴が聞こえてましたね(笑)
翌日は玄関先や道路のあちこちに豆が落ちてて、散歩中の犬がポリポリやってる光景をよく見かけました。

f0119519_2392241.jpg俺は豆撒きなんぞしても仕方ないんで、毎年太巻きを作って食べます。
この節分に太巻きを食べるという風習は、元々大阪、関西から始まり、コンビニなどの戦略によって、今や全国的に広まったようです。太巻きロールという商品を売り出してるケーキ屋もあるらしく、日本人の商売根性には頭が下がります(汗)
太巻きは節分の夜に、恵方に向かって無言で1本丸かぶりするんですが、昨年はこれといってええことも無かったんで今年は止めました。

何で太巻きかって言うと「福を巻き込む」という意味があって、1本を丸かぶりすんのは、包丁を入れると「縁が切れる」とされ、縁起が悪いからだそうです。でも大阪でこの風習が始まったんは、当時売れ行きが下降線やった、太巻きに使う海苔の販売促進が目的やったんで、後から尾ひれがついてそんな話になったんちゃうかと思います。

もうすぐヴァレンタインもありますが、全く日本人という人種はイベントを利用して、色々と物を売る戦略をよう考えるもんですなぁ~!またそれにすっかり乗せられてしまう人種でもありますが…。

かく言う俺も、太巻きを作ることって滅多に無いんで、節分になるとついつい作ってしまうわけですが、今年からは恵方に向かって食べるんを止め、バッサリ包丁で切って食べたんが、現代社会に対する唯一の抵抗だったんじゃないでしょうか(笑)大袈裟かっ!?
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-02-06 03:12 | Foods(27)

大掃除の報酬

部屋やキッチンの大掃除は、もちろん昨年末までに終わらせたけど、押入れや袋戸棚、クローゼットの中にある、謎のダンボールやら中身不明の収納ケースの整理がはかどらない。
先日は片付け始めたら、失くしたと思い込んでたZippoを2個も発見!嬉しくて綺麗に磨いたり、オイルを入れたりしてたらアッと言う間に時間が経ち、結局延期になってしまった。
翌週に「今日こそは終わらすぞぉ~!!」と意気込んで開始したが、雑誌の隙間から1万円札がポロリ。「ラッキー!!これで飲みに行けるやん!」とそのまま飲みに行ってしまって中断。

f0119519_3405483.jpgそんなこんなで何度も荒ゴミの日を見送ってしまい、気がつけば2月になってしまった(汗)このままでは今年の暮れになっても、押入れの整理が終わってないという事態も考えられたんで、お宝系が多そうな謎のダンボールは後回しにして、半透明の収納ケースから取り掛かる作戦に変更した。
フタを開けると出るわ出るわ、ヘヴィメタ時代のステージ衣装!豹柄のジャケットとか尖った鋲やチェーンがジャラジャラ付いた革ジャンやリストバンドなどなど…。

もうこりゃ~さすがに着れんわぁ~って感じのもんばっかで、次々とゴミ袋の中へポイッ!メチャクチャ派手なストラップ(もちろん鋲やらチェーン付き)や、何に使ったんか記憶にない危険そうな道具(アクセサリー?)とか、メイクセット一式まで出て来た(笑)

f0119519_3595093.jpg「おっ!これ使えるやん!」と見つけたんが右の写真の物。何かわかります?アロハシャツかバンダナのようにも見えるでしょ?
これは多分ステージ衣装やなくて、当時の普段着として買ったシャツやと思います。でもまだタグが付いてるんで新品の様子。そんなシャツが2着も出て来ました。
これなら今でもステージ衣装で着れるやん!収納ケースが丸々1箱空いたし、2着ステージ衣装もゲット出来たし、良かった良かった♪

でもステージ衣装って困んのよぉ~!お気に入りのを何度も着てると「それ前も来てましたねぇ~」って言われるし、普段着にするにはちょっと派手過ぎたり、何度も着てないのに捨てるんはもったいないし…。
その点“KISS”とか“聖飢魔Ⅱ”とかええよなぁ~!たま~にマイナーチェンジしたらええんやから。何か衣装のええリサイクル法ないやろかぁ~?
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-02-05 04:24 | Diary(33)

Elixir/Phosphor Bronze(Nanoweb)

f0119519_2339781.jpg“JAM & COOL”のデビューライヴが決まったんで、これを機会に何か試そうと思い、エレキではいつも使ってるエリクサーのアコギ弦を手に入れました。
以前1度エリクサーのブロンズを試したことはあったんですが、俺のオベーションとの相性がイマイチで、今までアコギはアダマスの#1717(.010~.047)を使ってました。今回入手したのは新製品のフォスファーブロンズです。

ゲージはEXTRA LIGHT(.010~.047)でナノウェブです。アコギに張るには細めの弦ですが、俺はアコギでもチョーキングヴィブラートをガンガン使うんで、指を傷めないようにこれくらいがちょうどええんです。

f0119519_23524368.jpgエリクサーの弦はコーティングされてることは有名ですけど、今回俺が購入したフォスファーブロンズと、通常のブロンズの違いって知ってますか?サウンドはもちろん違いますが、それは弦の金属成分の違いによって起ります。

ブロンズは銅とスズの合金で、フォスファーブロンズはさらにりんが加わります。一般的にブロンズはストレートで落ち着いた、どちらかと言うと大人しめのトーンで、フォスファーブロンズはゴージャスでリッチ、クリアなトーンで艶やかなサスティーンが得られると言われます。
でもこれは張るギターとの相性もあるし、ギタリストそれぞれ音の好みも違いますから、必ずしもフォスファーブロンズの方が、ブロンズよりええ音がするとか、優れているとは言えません。

エレキ弦はそれこそ色んなメーカーを試しましたが、アコギ弦に関しては5社程度しか試してないんで、思い切って今回初のフォスファーブロンズにチャレンジしてみます!…って実はまだ張り換えてないんですわぁ~(笑)
まだ最後の#1717に張り換えてから、それほど日が経ってないもんで…。試奏リポートはまた後日、“JAM & COOL”の練習報告と一緒にお届け出来たらと思ってます(汗)
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-02-03 00:20 | Equipments(43)

チーズの豚肉巻き

今日は久々の食べ物ネタでございます。正月辺りからあまり胃腸の調子が良くなくて(酒の飲み過ぎ?)、あんまりこってりしたもんが食えなくて、家では特にあっさりしたもんばっか食べてたんですが、昨日は久々に「揚げ物が食いたい!」と思い、ビールにも御飯のおかずにもなる「チーズの豚肉巻き」を作りました。

f0119519_15889.jpgf0119519_203117.jpg
まずは薄切り豚肉を広げ、塩コショウしてロースハム、大葉、チーズの順に乗せていきます。チーズはスライスチーズじゃなくて、プロセスチーズの方が好きな大きさにカット出来るし、揚げた時にとろけ過ぎなくていいです。
次に豚肉を巻いてくわけですが、揚げる時にチーズがはみ出てこないように、豚肉の縁を内側に折り込むように巻くのがポイント!ただクルクルと巻いただけじゃ、チーズが溶けて出て来るんで要注意!!
後は溶き玉子、パン粉を付けて、油で揚げれば完成です!

f0119519_294747.jpgどうです、美味しそうでしょ~?いや~マジ美味かったっすぅ~♪
盛り付ける時はそのまま出さず、斜めにカットして中からトロ~ッと出て来るチーズを見せましょう。大葉とチーズの香りが食欲をそそります。決して横向けに盛り付けないで下さいねぇ~!余熱でチーズがドンドン流れ出てしまいます。
これは三宮でお店やってた時も出してましたけど、「思ったよりあっさりしてる」と女性を中心に人気のメニューでしたよぉ~!

ロースハムっていらんのちゃう…って思うでしょ?これには試行錯誤の末、色んな役割がありまして、まずはボリュームアップなんです。じゃあ豚肉をもっと巻けばいいやんと思うでしょうが、豚はしっかり火を通さないといけないんで、揚げる時間の短縮にもなってます。溶けたチーズの漏れ防止にもなってるし、後は食べてみると「なるほどっ!!」って味がします。

是非皆さんもチャレンジを…えっ?作ってくれってぇ~!?
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-02-02 02:32 | Foods(27)

Led Zeppelin Ⅳ

f0119519_2346192.jpg1971年に発表された“Led Zeppelin”の4作目です。「Ⅳ」と仮にタイトルを付けましたが、実際にはジャケットには何のタイトルも書かれておらず、ファンの間では単に4作目やから「Ⅳ」とか、中ジャケにメンバーの家紋(のようなもの?)が印刷されているんで、「フォー・シンボルズ」とも呼ばれているアルバムです。名曲『天国への階段』が収録されてることでも有名。

最近ボサノヴァやフラメンコ、ジャズばっか聴いて、耳に優しい癒される音楽に浸ってたせいでしょうか、ガツ~ンと来るんを聴きたくなって、久々に手にしたんが“Led Zeppelin”でした。他にも好きなアルバムはたくさんありますが、本格的にツェッペリンにハマったんはこのアルバムやし、生まれて初めて完コピした『天国への階段』を、久し振りに聴きたくなったのです。

f0119519_041429.jpg今では当時のカッコ良さが嘘のように太ってしまいましたが、ジミー・ペイジにはほんま憧れました!
あんましペイジってギター巧くないなぁ~と思ったけど、彼の真似してレスポールを膝の上くらいまで下げて弾いてみたら、弾きにくさを実感して「こりゃ巧く弾けって方が無理やわぁ~!」と思いました。実際ライヴでアコギを座って弾いてる映像とか観るとメッチャ巧い!それに彼自身プロデューサー、コンポーザー指向が強く、それほど一生懸命ギターを練習するタイプじゃなさそう。

でもハードロック、ヘヴィメタルの基盤を作ったというか、ギターリフでグイグイ曲を引っ張ってくスタイルはペイジの貢献度は高いと思うし、リフメイカーとしては彼の右に出る人はいないでしょう。それにやっぱり今聴いてもツェッペリンは、世界で最高のロックバンドやなぁ~と思います。

f0119519_0241291.jpgペイジはもちろん、ロバート・プラント、ジョン・ポール・ジョーンズも凄いですが、ツェッペリンが世界で最高のバンドになったのは、ドラマーのジョン・ボーナム(通称ボンゾ)の存在が大きいと思います。
1980年にボンゾが死去したことを機に解散してしまったのも、彼無しではツェッペリンの存続を考えられなかったんやと思います。

ペイジやボンゾを含め、ツェッペリンを語り始めるとキリが無いんでこの辺で止めときますが、メンバーの誰が欠けても、バンドの存続が考えられないっていうバンドがやっぱ理想です。活動休止後はそんなバンドで復帰したいと願う今日この頃…。
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-02-01 01:08 | Music(20)