<   2007年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

“JAM & COOL” デビューライヴ決定!!

さてさて、えらいことになってしまいました!早くも“JAM & COOL”の初ライヴが2月17日(sat)に決まってしまいました(汗)せっかくバンドも活動休止してるんやし、もっとじっくり煮詰めてからとも思ってたんですが…。まぁ~その場の勢いってのもあるし、まだ満足に1曲も演れる曲は正直無いけど、目標が出来れば練習にも身が入るしってことで出演を決めました。場所はライヴハウスじゃなくて、“JAM & COOL”の門出に相応しい三宮のバーで演ります。マスターは旧知の友人で、昔は一緒にバンドをやってたこともありました。

f0119519_0105269.jpgそんな彼が営む「かくれんぼ」というバーで、月1回第3土曜に開催されている『Small town talk in かくれんぼ』と名付けられた、アコースティックライヴにゲストって言うと生意気ですが、ほんの2~3曲だけオマケ的に急遽参加させていただく運びとなりました。

店内の写真を見ていただければわかるように、普通のバーですからライヴハウスほどのスペースは無く、ステージと客席の境界線がありません。普段お客さんが飲んでる場所にマイクスタンドを立て、ギターを持って歌うだけというシンプルなスタイル!

f0119519_0254637.jpg“JAM & COOL”のデビューライヴにはピッタリの、ツバが飛んで来そうなくらい臨場感バリバリのええ環境じゃないでしょうか?
ビール飲みながらライヴして、そのままその場で打ち上げに突入出来るというメリットも、俺はもちろん見逃していません(笑)

2月17日(sat)当日メインの出演者は、“From Forty's”さん、“Feel the love”さん、斉藤慶多さん、“NHK”さんの4組の方々で、20:00~22:00の間にそれぞれ持ち時間30分のライヴだそうです。俺もまだどのグループも聴いたことないんですが、マスターの話によると“アリス”のコピーデュオだったり、主にフォークやニューミュージック系のグループだとか。俺も当日観るんが楽しみです!

チャージは¥1,000で1ドリンク付きです。追加のドリンク等もリーズナブルな価格なんで、安心してゆっくり飲めますし、“JAM & COOL”がちょっと気になるって方でお暇な方は御気軽に遊びに来て下さい!「かくれんぼ」の場所は、現在工事中の「チキンジョージ」の西側のビルの地下です。
さぁ~飲むぞぉ~♪…っと、ちゃうちゃう!!練習頑張るぞぉ~!!

Bar かくれんぼ
神戸市中央区下山手通2-16-16Aビル地下  Tel:078-322-0181
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-01-31 01:02 | Live Schedule(19)

Fender Mustang

f0119519_230482.jpg
「わぁ~!!とうとうROCKYムスタング買ったんかぁ~!?」って思いました?いや~、CHARさんは好きですけど、俺はムスタングは持ったことないし、今後も使うことないでしょうねぇ~。ムスタングっていう名前の通り、慣れるまでが大変なじゃじゃ馬さんで、ストラトを弾き慣れてる俺にはちょい厳しいかなぁ~って感じです。

このじゃじゃ馬さん、実は“JAM & COOL”のたかしのメインギターでして、何やらリアピックアップの音がおかしいし、フレットやナット、ペグまで結構ヘタってるようだと聞きまして、こりゃ放っとけんてことで早速俺の行きつけのギターショップ、「TONE BLUE」に紹介がてら一緒に行って来ました。
俺もちょっと目的有りやったんですが、その話はまた別の機会にして、今回は超マニアックなショップに来て、緊張気味のたかしが見てておもしろかったんでネタにしてみました(笑)

f0119519_2302543.jpg「TONE BLUE」は置いてる楽器もハイエンドなもんばっかでいいですが、リペア(修理)もとても優秀なんでプロのお客さんも多いですし、今日渡して2~3日で出来るなんてことはほとんどなく、その内容にもよるけど2~3週間待ちなんて当たり前なくらいリペアは混んでます。
たかしのムスタングはフレット交換などもあったんで、1ヶ月待ちを言い渡されてしまい、愛器とのしばしの別れを惜しみ、自分のムスタングの写真を撮ってました(笑)

そんなこんなで落ち着かないたかしは、狭い店内を終始ウロウロしたり、うん十万もする高級ギターを試奏したりとそれなりに楽しんでる様子でした。肝心の愛器もフレットがJim Dunrop社製の#6100になるし、ヴォリュームやトーンポット、配線材もグレードアップするしで、オモチャ屋さんに来たお子ちゃまのようでした(決して人のことは言えませんが…)
けど、安易にピックアップを交換するんもいいですが、目に見えない地味~な改造でも、ノイズの軽減とか演奏性の向上、音自体の変化も充分感じてもらえるはずやし、俺の愛器でもないのに本人同様1ヵ月後の出来上がりが今からメッチャ楽しみです♪

楽しみと言えば、何と“JAM & COOL”のデビューライヴが決定っ!!まだちゃんと練習らしい練習したんは1回だけやのにエライこっちゃでぇ~(汗)
また、詳しいことは明日にでも報告しま~す!
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-01-30 03:01 | Equipments(43)

『胸さわぎのウィークエンド』 歌詞

“JAM & COOL”用のフラメンコ調の新曲、『胸さわぎのウィークエンド』をたかしに聴いてもらい、何とか採用になりましたんで、『Jam & Cool』に続いて歌詞を載せちゃいま~す♪

胸さわぎのウィークエンド
          Words & music by ROCKY

かかるはずのない telephone
待ち侘びて針を落とすジャズのナンバー
枯れたメロディの saxophone
ブルーな気分に拍車をかけるだけ

耐えきれず狂い出した街へと
ひとり迷い込みおまえを忘れそうで

愛を失った teenage
欲望の断片(かけら)夜に散りばめて
気ままな恋 body language
やがては覚めてく夢と知りながらも

流されて乾いた口吻(くちづけ)さえ
濡れた花弁(はなびら)に感じてしまう…だから


Da,da,da...抱きしめて oh baby
寂しさに凍えちぎれそうな心を
Da,da,da...抱きしめて oh baby
誘惑の罠にはまりそうな夜には

☆ Repeat

Too late 今さら叫んでもざわめきに掻き消されてく
胸さわぎのウィークエンド

☆ Repeat

Da,da,da...抱きしめて...

f0119519_2523277.jpgん~、またお子ちゃまにはわからん歌詞を書いてしまった…。「針を落とすジャズのナンバー」なんてオシャレな表現やけど、CD世代の人には何のこっちゃわからんやろなぁ~。LPレコードにプレーヤーの針を乗せる行為のことなんですけどね。

やはりギターがかなり難しくて、今のところ俺もたかしも雰囲気を出すのだけで必死(汗)でも聴いてると簡単そうに聴こえてしまうから、全く苦労してる甲斐が無いっ!!
恐るべしフラメンコ…。必ずやライヴまでに楽しめるようにするぞっ!!
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-01-29 03:12 | Music(20)

桜坂とメガマック

f0119519_0412648.jpg♪君よずっと幸せに~、風にそっと歌うよ~♪と言えば、2000年に大ヒットした福山雅治の『桜坂』ですが、あの「桜坂」って東京に実在する坂って知ってましたかぁ?大田区田園調布本町の閑静な住宅街にある坂道で、『桜坂』がヒットしてからデートスポットになってるそうです。
桜が咲き乱れる時期には、車で訪れるカップルも多くて、大渋滞を引き起こすこともあるらしく、地元住民の人達にとっては迷惑な話やと思います。

f0119519_0415023.jpg実は我が家から4~5分の所にも「桜坂」があるんです!山陽電鉄舞子公園駅すぐそばの踏み切りに、しっかり「桜坂」と命名されてるんですが、踏み切り南側はスーパーなどがある駅前ビルになってるし、北側には確かに坂はあるけど、マンションや居酒屋などがあるくらいで、桜の木なんて全く無い!
同じ「桜坂」というネーミングでも、デートスポットには程遠い環境の、何やら哀愁まで漂っている悲しい「桜坂」であります。

それでもやはり東京の「桜坂」のように、桜が満開って場所であったり、お洒落なカフェなんかがあったりしたら、きっとデートスポットになってたはずで、とにかく日本人はそういう話題性とか、期間限定、数量限定に弱い人種やと俺は思う。

f0119519_052758.jpg日本でのメガマックの大ヒットなんてその好例であります。俺にはたかがマクドのハンバーガーを、並んでまで食うっていう心理が全く理解出来ません。ビックマックより70円高くて、ミートが2枚多くて、期間限定、数量限定なだけやん。きっと味は一緒やろうし、食べにくいだけなんちゃうかなぁ?吉野家の牛丼の方がまだ貴重な感じするけど…。

何でもサイズのデカいアメリカでも、もちろんメガマックは発売されたけど、売れ行き不振で現在は販売中止になってるそうです。アメリカ人も最近日本食ブームとかで、健康に気をつけ出したのか、ここまでデカいのはいらんと思ったんでしょうか(笑)アメリカ人でも拒否ってしまうもんを、日本マクドナルドの販売戦略にまんまと引っ掛かり、並んでハンバーガーを食う日本人ってどうよ!?

このメガマック1個で754キロカロリーもあって、炒飯1杯分に相当するそうでっせぇ~!ピッチャーが1試合で消費するカロリーと同じとか…。ジャンクフードと呼ばれるくらいのもんやから、期間限定とか数量限定という言葉に惑わされず、皆さん健康に気をつけて美味しいもんを食べましょう!
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-01-28 01:24 | Diary(33)

オリジナルピック在庫極少!!

俺はそれほどピックにはこだわる方ではないですが、一応オーダーしたオリジナルピックを使っています。エレキを弾く時はハードのティアドロップ型、アコギではミディアムのオニギリ型と使い分けてます。ギターを始めた頃からずっとハードのティアドロップ型を使ってたんですが、“WILL”時代中期にミディアムのオニギリ型に変えるのをきっかけに、バンドロゴと名前入りのピックを300枚オーダーしました。ミディアムは適度なしなりがあって、カッティングとかええ感じやったけど、俺はピッキングが強いから先端がすぐ削れる上に、速弾きにはちょっと不向き。それでハードのティアドロップ型も300枚追加でオーダーしました。

f0119519_054658.jpgf0119519_0545339.jpg
俺の場合通常1回3時間のスタジオで、1枚のピックがダメになります。俺は弦に対して斜めにピックをヒットさせるタイプやし、その上ピッキングが強くてピックが削れ、そこに弦が引っ掛かって、弾きにくくなるとアウトです。
左の写真のように赤いトカゲマークと、“WILL”のロゴ、名前が入っていますが、まずは赤いトカゲマークが消え、続いてロゴと名前が消える頃には、右の写真のように先端が削れて来ます。

ワンマンでは2~4枚使う場合もあるし、まだ充分使えるピックでも、ライヴ終了後にファンの人から「ピックにサインして欲しい」と言われることもあり、計600枚はあったはずのピックが、どちらも残り20枚足らずになってしまいました。アコギを弾くことは少なかったんで、オニギリ型はたくさんあったのに、“JAM & COOL”を結成してから使いまくり!このピックの直筆サイン入り(特にライヴ使用済み)を持ってる人は貴重ですよぉ~(笑)

f0119519_112542.jpgそろそろ新しいデザインのピックをオーダーしようかと思うんですが、どうせカラフルで複雑なデザインにしても、版代が高くつくばかりでどうせ消えてしまうから無駄やし、ピックは消耗品やねんから、次回は名前だけにしょっかなぁ~と考えています。
ちなみに現在のオリジナルピックのベースカラーがシェル(貝殻)の柄になってるんは、俺の愛器、“ROCKY CUSTOM MODEL”のピックガードとコーディネートしてるって知ってましたかぁ?

そうやっ!!自分のサインをそのままデザインとして印刷してしまえば、ライヴ後に小っちゃいピックにサインせんで済むなぁ~!えっ!?やっぱ直筆でないとダメ?いえいえ、それは冗談でそんな横着せんと頑張ってサインしまっせぇ~!サインしてプレゼントしたピックを、ファンの子が加工してネックレスにしたり、携帯ストラップにしてるのを見てとても感激したんで、新しいピックが完成してもガンガン削ってばら撒くぞぉ~(笑)
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-01-27 01:34 | Equipments(43)

突然フラメンコ!!

「ジャジーな新曲が出来そう」などと先日豪語してましたが、ジャズに関する素養も限られ、なかなか頭に鳴ってるイメージを音に出来ず、もうちょっとお勉強してから形にすることにしました。
“JAM & COOL”のライヴ用の曲が減ってしもたぁ~と思ってたら、神様はまだ俺を見捨ててなかった!アコギを何となく爪弾いてたら、フラメンコ調の軽快なストロークと共に、突然天からメロディが降って来たんです!!

f0119519_029529.jpg日本では「フラメンコ」というと、妖艶でセクシーなおねぇさんが、薔薇の花を口にくわえて踊るっていうイメージを持ってる人が多いようですが、実際には薔薇の花なんてくわえへんし、確かに綺麗な女性は多いですが、そんな杉本彩みたいな人ばっかりとちゃいますねん(笑)
スペイン南部のアンダルシア地方に伝わる、ギターが主体の伴奏による歌や踊りで、この地方に定住していたヒターノ(ジプシー)が始めたものだそうです。スペインに次いで日本がフラメンコ人口が多いってのもビックリでしょ?

ヒターノは社会から忌み嫌われる存在で、長年迫害され虐げられた中での嘆きや叫びが、フラメンコという形で表現され、あの情熱的なリズムや踊りが生まれたんじゃないでしょうか?

f0119519_051550.jpg以前ココでも紹介した、フラメンコ界の天才ギタリスト、パコ・デ・ルシアを聴いていた影響でしょうか、それっぽく弾いてみたらええ雰囲気が出てる。パコのような腕があるはずないんで、もちろん「なんちゃってフラメンコ奏法」ですが…。
そんな時、10年以上も前にフラメンコ調の曲を書こうとして、やはり今回の新曲のようにフラメンコの素養が無く、アレンジが上手く出来ずにボツになった曲のことをふと思い出して、メロディも何となく似てるし、当てはめてみるとこれがばっちりハマったんです!

歌詞はメチャ気に入ってた曲やったんで、全く問題無くそのまま使えてしまったから、一瞬で新曲『胸さわぎのウィークエンド』が完成しちゃいました!まだフラメンコ調のこの曲をたかしが歌うんが、全くイメージ出来へんのですが、こんな曲演ってるバンドとか聴いたことないし、パコほどの超高速ソロは無理やとしても、頑張ってアコギでのスパニッシュ系速弾きに挑戦してみよっかなぁ~♪
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-01-26 01:24 | Music(20)

ビーチバレー界の妖精

f0119519_23544132.jpg最近俺がイチオシの“ビーチバレー界の妖精”、浅尾美和ちゃんです♪フジテレビの「ジャンクSPORTS」に出演してるのを観て、いきなりファンになってしまいました!
プロビーチバレー選手とは思えんほどカワイイっしょ~?身長172cm、体重53kg、B 83、W 62、H 86とスタイル抜群で、とにかく笑顔が最高にカワイイんです。スポーツ選手にしとくんはもったいないなぁ~と思ったら、しっかりモデルとかタレント活動もやってましたわ。

川合俊一なんかと同じ「K-bros」所属で、今月26日には『asao miwa』というファーストフォトブック(写真集)、2月23日にはDVDまで出るそうです。彼女が登場したことで、随分ビーチバレー界が盛り上がって来たみたいですよぉ~!納得、納得…。

f0119519_0183396.jpg1986年2月2日生まれの三重県鈴鹿市出身。県立津商業高等学校時代に2度の春高出場、全国高校総体ベスト16と、バレーの実力もなかなかのもんです。高校卒業後にビーチバレーに転向し、現在はオリンピック出場に向けて頑張ってるようです。
TV出演や試合、サイン会等の詳しいスケジュール、プロフィール、画像などは、浅尾美和オフィシャルサイトを是非御覧下さい。
ビーチバレーの選手ですから、試合の写真とかでもセクシーなショットとかありますよぉ~(笑)

いやいや、俺は別にやらしい目で美和ちゃんを見てるんちゃうよぉ~!彼女の凄い健康的な感じと爽やかな笑顔が好きなんです。まぁスポーツ選手やから健康的やなかったら困りますけど、最近のグラビアアイドルとかモデルの、ヒョロ~っとした細い貧弱な足はダメなんです!その点浅尾美和ちゃんの、小麦色に焼けた健康的な長い美脚は最高!!
女性でも汗を流してスポーツしてる姿は美しいですよねぇ~?美和ちゃんも砂まみれになっててもキラキラしてます。さすがに写真集までは買いませんが、“ビーチバレー界の妖精”がもっと活躍してくれるよう、今後も応援したいと思いま~す♪
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-01-25 00:50 | Sports(4)

ホームセンター拉致未遂事件

実家のカーテンレールが古くて壊れたとかで、先日付け替えを頼まれてホームセンターへ買物に行って来ました。

f0119519_0105210.jpgまずは実家に立ち寄り、キッチンのカーテンレールのサイズを測ってからホームセンターへ。カーテンレールが置いてある売場に行くと、以前自分の家のを買いに来た時より、カラフルやしデザインもええもんがかなり豊富に揃ってました。
実家のキッチンは壁が白いんで、コーディネートってほどでもないけど、白いダブルのレールを選びました。

俺がカーテンレールを持って立ち去ろうとすると、俺の横でやはりカーテンレールを物色していたオバチャンが、「ちょっと~、お兄ちゃ~ん!」と言いました。周りには店員も客もいないし、どうやら俺を呼んでるようだ。「はい、何ですか?」と店員でもないのに、親切心を出したのが間違いやった。

オバチャン 「オバチャンもなぁ~、お兄ちゃんが買うたみたいな白いのんほしいねんけど、種類が多~てどれ買うてええかわからんのよ~!」
デザインは好みやとしても、カーテンレールにはサイズがある。最近のは伸縮自在タイプがあるんで便利だが、それでも1.1m~2.0mとか1.5m~2.3m、もっと長いサイズの物とか何種類もある。ただ、売場ではコンパクトにする為に、1番縮めた状態で陳列されている。

オバチャン 「どれも短いからこれしかないと思うんやけどなぁ~」とオバチャンが指差したんは、この店で1番長い3mを超えるカーテンレール!!
俺 「大きな窓なんすねぇ~?」
オバチャン 「そんな大きないよ。普通普通。」
俺 「…。(普通ってどんなサイズやねんっ!?)あの~、レールのサイズとか測って来ました?」
オバチャン 「あんな長いものさし家にあるかいなぁ~!!お兄ちゃんおもろいこと言うなぁ~!?」
俺 「…。(誰もボケで言うとんちゃうねんけど)大体の長さわかります?」
オバチャン 「そやなぁ~、これっくらい!?」と言って、オバチャンは短い両腕を精一杯左右に広げて表現しようとしたが、明らかにそんな短いカーテンレールは存在しない…。

仕方なく俺は1番無難な、俺が買ったのと同じ1.1m~2.0mのを薦めた。でもコンパクトに縮めてあるんで、1mちょっとしかないように見える。
オバチャン 「あんた失礼やな~!うちの窓はそんな小っちゃないでぇ!!」
俺 「…。(あんた呼ばわりかよっ!!それに縮めた状態でも、さっきのオバチャンの両手より長いわっ!!)これ2mまで伸びますから大丈夫ですよ。」
オバチャン 「そうなん?あんた賢いなぁ~。でも合うかどうか心配やから、ちょっとオバチャンのうち見に来てくれへん?」
俺 「はぁ~!?それはちょっと…」と言いかけたところで店員が通りかかり、「何かお探しですか?」と声をかけてくれた。

オバチャンは今まで対応した他人の俺を放ったらかして、ここぞとばかりに店員に質問責めを始めた。もし店員が現れなかったら、見ず知らずのオバチャンに拉致されるとこやった。ホッとしながら支払いを済ませ店を出ようとした時、ホームセンター中に大声が響いた!

「お兄ちゃ~ん!!おおきになぁ~っ!!」
オバチャンがレジの所で飛び跳ねながら、短い両腕を振っていた…(汗)
軽く会釈をして足早にその場を立ち去ったのは言うまでもない。
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-01-24 01:29 | Diary(33)

相方のライヴ告知

俺は現在バンド・ライヴ活動休止中で、色んな音楽を聴いて作曲やアレンジの勉強をしたり、もちろんギタープレイの腕も磨いてるわけですが、その一環として“JAM & COOL”でアコースティックでのプレイ、アレンジなんかも勉強しています。
“JAM & COOL”の相方のたかしは俺とは別のやり方で、ライヴをジャンジャン演っております。他のバンドとセッションしたり、1人で弾き語りでライヴを演ったりと、自分の可能性を探るというか、考えたり悩んだりするより、行動に移すことで何かを得ようとする姿勢には共感します。俺も震災の影響でバンドが崩壊した時、1人になっても弾き語りや打ち込みでライヴを続けたことで、自分1人でも演れるという自信がついたし、メンバーの大切さにも気づいたし、自分がどんだけ音楽が好きかってこともわかりました。

ちょうどたかしは今、“JAMGROOBEE”を解散してから、新たなスタートラインに立って、色々模索を始めたばかりやと思いますが、ウジウジして何もしないより、男はやっぱ行動力!!さて、そんな相方たかしのライヴがあるんで、興味と時間のある方は是非行ったって下さい!

f0119519_0235155.jpgもう今夜23日(tue)になりますが、“James”というバンドのギタリストとして、セッション参加してのライヴが三宮「STAR CLUB」で、続いて明日24日(wed)も同じく「STAR CLUB」で、今度は弾き語りのライヴがあります。
2月9日(fri)は三宮「BACK BEAT」で、『ひとり☆ロッキン~ニクの日SP~』というイベントに出演。入場者は肉まん1個もらえるっちゅうおもろい企画です(笑)それぞれのライヴに関する詳細は、各ライヴハウスのHP、スケジュール等を参照して下さい!

えっ?“JAM & COOL”のライヴっすかぁ~?ん~、相方が忙しいもんでまだ1回しか練習してへんし…。でも相方も他のバンドでギターの腕磨いてるし、自信もつけてるやろうから、量より質の練習で何とか早くライヴ出来るんちゃうかなぁ~と楽観視しております。でも多分“JAM & COOL”のハードルが1番高いと思うんですよぉ!たかしも「ROCKYと演るってどんだけ出来る奴なんや?」っていう観方を最初からされるし、もちろん俺も「活動休止してまでどんだけ変われてるん?」という観方をされる。さらに、アコギでライヴ全編通して演るわけですから…。

しか~し、プレッシャーを感じるってよりゾクゾクしまんなぁ~!!もう永らくこんなシゲキックスなライヴは演ってないし、新しいメンバーと新曲やカヴァー曲をアコギでプレイするなんて、久々にええ緊張感持ってライヴ出来そう♪いや…、でもきっとスポットライトを浴びた途端、今日ココに書いたこと全部忘れて、メチャクチャ楽しんでギター弾いてる気がする(笑)
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-01-23 00:51 | Live Schedule(19)

あるあるとペコちゃん

最近世の中どうなってんでしょうねぇ~?皆さんも既に御存知やと思いますが、関西テレビの『発掘!あるある大辞典Ⅱ』で、納豆ダイエットを紹介した際、内容にねつ造があったっちゅう事件。何か最近のTV番組ってヤラセが多いし、真剣に観よって感じしませんわぁ!

「~ダイエット」って企画があるたびに、店頭からある商品が姿を消す。最近では寒天とかヨーグルト、ココアなんかも一時期全く無くなりましたよねぇ?今回も納豆が品薄、品切れの状態が続き、全納連(全国納豆協同組合連合会)が、番組に対して「遺憾の意を表する」などと言うてたようですが、もしこの不祥事が無ければ、儲かって良かったで済んだ話かも。

まぁ~納豆がこの世から無くなればええと思っている俺は、店頭から全く納豆が無くなったんで、スーパーとか行っても快適に買いもんが出来るんで、ある意味『発掘!あるある大辞典Ⅱ』には感謝しております(笑)

f0119519_0132545.jpg許されへんのは不二家やっ!!子供に夢を売る商売しとって、おまえらは一体何をやっとんねんっ!?ガッカリしたんは子供だけとちゃうどぉ~!俺が小学生の時、初めてヴァレンタインにチョコレートもろたんは、不二家のハートチョコレートやったんやぁ!期間限定販売されるはずやったのに…。

ヴァレンタイン時期になると、コンビニやスーパー、お菓子屋さんで不二家のハートチョコレートを見かけると、小学生の頃の淡い想い出が甦って来るんですよ。放課後校庭で遊んでたら、クラスのマドンナのYちゃんがやって来て、「ロキオ君、これ…」と赤い包みを俺に渡して、顔を真っ赤にして走り去って行きました。

嬉しくてすぐに食べることも出来ず、家の机の引き出しに初めてのラヴレターと一緒に大事にしまってました。久し振りに引き出しを開けて見ると、机の位置が陽当りのええ場所やったんと、家の暖房のせいで、何の形やわからんくらい溶けてグチャグチャに変形してました(涙)
そして、俺がしばらくして転校してしまったんで、Yちゃんとの淡い初恋は終わってしまいましたが、不二家のハートチョコレートを見ると、あの頃のままのYちゃんが…。

まぁそれはええとして、俺も永遠のハタチとか言うてるから偉そうに言えんけど、ペコちゃんは永遠の6歳児らしいやんかぁ~!ペコちゃんが生まれたんは1950(昭和25)年、今年で推定年齢57歳やぞぉ~!年齢詐称疑惑も絡んで来るんとちゃうかぁ?しかし、いくら若作りしてるとはいえ、ちょっと57歳でペロッと舌出されたら引くなぁ~(汗)
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-01-22 00:46 | Diary(33)