カテゴリ:Equipments(43)( 43 )

TWIN SCREAMER

先日「TONE BLUE」でオーバードライヴを何台も試奏しまくった時、家に帰っても何か妙に気になる機種がありました!
f0119519_8192060.jpg
“TBCFX”の「TWIN SCREAMER」です。“TBCFX”とは、「TONE BLUE CUSTOM FX」の略で、「TONE BLUE」が企画するオリジナルエフェクターブランドで、製作は専属エンジニアの高早真憲氏が行っています。

次々と気になってた機種を試奏してた時、店長の水井さんが「これ意外に出来がいいんで、ちょっと弾いてもらえます?」と持って来たのがこれ。

f0119519_8271148.jpgやはり“TBCFX”が製品化している「TS-808/Classic+」が単純に2個入ってるもんやと思てましたが、3way Clipping SWなるもんが左右それぞれにセットされていて、これを組み合わることで短時間でかなり幅広いサウンド、歪みを作り出すことが出来ました♪

もちろんヴィンテージのTS-808やTS-9、各社のモディファイものも含めて、チューブスクリーマーと呼ばれるもんを過去に何台も所有してましたが、当時とは使用してるギターも違えばアンプも違う。

演ってる音楽も違えば、プレイスタイルも随分変わったと思うし、当時と全く同じペダルを弾いたとしても、例えば10年前と今とじゃ印象が変わって来たりするもんかも知れない。

最近はTS系などと呼ばれて、色んなメーカーからたくさんの優秀なオーバードライヴが、次々と商品化されてますが、この「TWIN SCREAMER」は凄い懐かしい感じがする中にモダンな感じもあり、使い慣れた、聴き慣れた安心感のようなもんがあって、ストレスなく弾けたんです!

…と、錯覚してるかも知れない(^_^;)
あまりに1度にあれやこれや弾いたから、最後の方はもう歪んだ音に耳が麻痺してしまい、正確な判断力を失っていた可能性もアリ…。

ちょっとこれを参考にオリジナルなアイデアがいくつか思いついたし、ワンオフ製作もしてもらえるそうなんで、次回はまずこの「TWIN SCREAMER」から弾いてみて、正常な状態で試奏して水井さんと相談しながら、色々考えてみようかなぁ~と思ております(^皿^)v
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-08-06 09:24 | Equipments(43)

試奏三昧

いつも御世話になってるギターショップ「TONE BLUE」に行って来ました。今回は「RUBY STONE PREMIUM」の試奏が最大の目的やったんで、愛器“Saijo”エイドリアンと自分の「RUBY STONE」を抱えて行きました!

少し時間に余裕があったんで、次から次へと試奏を繰り返し、気がついたら3時間近く休む間もなく弾き倒してしまいました(^^ゞ

f0119519_2461989.jpgさてさてまずは「PREMIUM」の試奏であります。ん~、これは自前の「RUBY」と比較すると違いがハッキリわかる。より扱い易くなった印象で、ジャリッとした高域がマイルドになった感じで、歪みの質も違うけど、“SHIGEMORI”の音がしっかり出てますなぁ~♪

f0119519_2471687.jpg次に試したのは以前から気になっていた“BOB BURT”です!
ほぉ~、想像してたよりかなり歪むなぁ~っ!!ゲインを上げた時のノイズがちょっと気になるけど、歪み系としては優秀な方です!ただ、この価格から考えると「どうなんやろ?」って感じですかね(^_^;)

f0119519_252627.jpg“DURHAM ELECTRONICS”の「SEX DRIVE」です。チャーリー・セクストンやジョー・ウォルシュ、ロン・ウッドなんかが使ってるブランドですが、これ良かったなぁ~♪
でも、良い意味でも悪い意味でも癖がなくて、ええアンプ持ってる人は重宝するかも?

f0119519_2524070.jpgこちらの「MUCHO BOOSTO」も同じブランドですが、ブーストって名前の割りに「SEX DRIVE」より歪みは深い感じやなぁ~。
これも癖がなくて素直な感じやけど、設定次第で幅広く使えそうやし、これで3万円代後半やったらまぁまぁってとこかなぁ~?

f0119519_2531681.jpg“Fulltone”の「OCD」。
「Full Drive 2」で懲りてたんで、敬遠してた“Fulltone”やったんですが、これ音メチャ太いなぁ~っ!!
価格面から考えれば超優秀◎
ミニスイッチもキャラが変わっておもしろかったし、“Saijo”との相性は良かったですねぇ~♪

f0119519_2533447.jpgラストは「TONE BLUE」オリジナルの「TWIN SCREAMER」。
名前のまんまですが、好きな人はメチャハマると思います!
俺もハマってしまって、今回試した中では1番長く弾いてたかも(笑)
幅広い音作りが可能ですが、価格もやはりそれなりにします!

他にも気になる機種があったんですが、取っ替え引っ替え弾いてたら、アッと言う間に時間は過ぎて、何が何やらわからんようになってしもた(○_o;)

店長の水井さんも言うてましたが、最近の歪み系はみんな優秀で、選択肢も多いし、何がええんかわからんようになって来ると…。
確かに「これは使えん!」ってペダルは今日試した中には1個もなかったし、どれを持っててもライヴに持って行くと思います。

あとは自分がメインで使用するギターや、アンプやらとの相性。自分の好みの音が作り易いかどうかや、音と価格とのバランスやデザインやらで、消去法で選ぶしかないですなぁ~(^_^;)

今度また時間作って、他の気になる機種も試してみよう!…って、またまた選択肢が広がって迷う一方やないかいっ!!(x_x)☆\(ー。ー#)
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-08-01 04:12 | Equipments(43)

実験君

ここ6~7年はずっとアンプ直で演って来て、昨年1年間はアコースティックユニットをやってたんでペダルはもちろんなし。今年に入ってバンドでのライヴ活動を再開しましたが、ヴィンテージもんとかのペダルも売っ払ってしまってたんで、何1つ我が家にはペダルはなかったんです。

ところが、たかしの要望もあってワウをオーダーしたり、突然JCでライヴを演る計画を思いついたり(アンプを運ぶんが面倒臭いという説もあり)で、アンプ直派などと言いながら、JCには歪みは期待出来へんので、現在3個の歪み系ペダルが手元にあります。
f0119519_2319179.jpg

f0119519_23193227.jpg現在メインとして使ってるのが“SHIGEMORI”の「RUBY STONE」。
この前紹介した「PREMIUM」の存在が気にはなりますが、最狂の末っ子と呼ばれるだけあって、JCとの組み合わせでも歪みは充分やし全然問題ありません。
まぁ~好みから言うとちょっとハイのジャリジャリ感が気になる程度。
そこはアンプのセッティングや、ギターのコントロール次第でどうにでもなりますが、「PREMIUM」がかなり俺の理想に近いという噂も♪


f0119519_2323468.jpgそして、以前ココでも紹介した我が家や、その名の通り楽屋でも愛用してるミニアンプ「GAKUYA1号」の製作者でもある、「日本のダンブル」田辺氏が製作した「禅駆動」。
とにかく見た目の派手さに目を奪われますが、音の方も優秀です♪
これはオーバードライヴと言うより、ブースターって感じがします。ローゲインで使用するとメッチャええ音!
ブルースのセッションとかやったら、もうこれ1個だけ持って行ったらOKやし、ジャズっぽいソロ弾く時なんかは気持ちEです!

f0119519_23503664.jpg3つ目は某氏が只今開発中の謎のオーバードライヴの試作機をお借りしております。
この実験を終えてから感想等を添えて返却しましたが、この「TWIN DRIVE」もかなりクオリティ高い!でもやっぱり俺はスイッチ2個ってペダルはどうも扱いにくい(^_^;)
それと、歪み系ペダルにはノブは3個まででええかなぁ~って思う。
ヴォリュームとトーン、ゲインがあったらもう俺はそれだけで充分です(^皿^)v

「より細かい設定が可能!」とかいう謳い文句で、ノブやスイッチがいっぱい付いた歪み系ペダルが市販されてますが、セッティングをあれこれ試してたら、もう途中でどうでもよくなって来るんです(^_^;)

もう1個違うセッティングのペダルを置いた方が早い!微妙な違いやったら手元でどうにかなるし、優秀なペダルやったら何でもそこそこは弾けます♪
結局は自分の好きな音が出るように弾いてしまう…。

実験の結果…俺はもうペダルマニアには戻れんと実感(-.-)y-~~~
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-07-24 00:07 | Equipments(43)

引越しました!

6月13日(fri)~15日(sun)の3日間、山野楽器銀座本店7Fイベントスペースで行われた『Custom Guitar Fair』に、人に行けと言っときながら俺はモロに引越しとカブってしまい行けませんでした(^_^;)

「RUBY STONE」愛用者でもある俺は「RUBY STONE PREMIUM」に興味津々だったわけですが、その姿を拝むことも出来ませんでした(T_T)
f0119519_8241763.jpg
引越し後の片付けも落ち着いて、やっと夕べPCも繋いでブログ更新せなあかんなぁ~と思てたら、ちょうど是永兄貴から電話がありまして、しっかり「RUBY STONE PREMIUM」の試奏リポートを聞くことが出来ました♪

話を聞いてるだけでもこれはかなり良さそうで、連結したら相当おもろいことになりそうやなぁ~と…いや、音はもちろんなんやけど、何ちゅうてもこの「PREMIUM」の色がええんですわ!俺のと綺麗に逆色でしょ?

f0119519_844165.jpg“SHIGEMORI”のお2人が「2台並べて使えっ!!」って俺に言うてるようなもんですがなぁ~っ!!(ーー;)
『Custom Guitar Fair』だけの限定販売とかって話もあるし、評判良かったから定番化するかもって話もあったり、ほんまのとこどうなんでしょうか?
「RUBY STONE」2個も使ってて、ルビー色のを1個も持ってないってのもええなぁ~と思うけど、もちろん我らが阪神タイガースが優勝したら、特注で黄色と黒の縞々やね(^皿^)v

ドラゴンズファンやから「そんなん絶対作れへん!」とか言われそうやけど、「CUSTOM」も「RUBY」も脅して…いやいや、宣伝して結構な数を神戸支店長経由で売ってるんやから、許可してくれへんやろかぁ~?(笑)

現在「RUBY STONE」所有してる方も、この「PREMIUM」はお薦めですよぉ~絶対!定番化されたら試奏せんでも予約して買いです!
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-06-27 09:30 | Equipments(43)

13日~15日は銀座に行け!!

6月13日(fri)~15日(sun)の3日間、山野楽器銀座本店7Fイベントスペースで行われる『Custom Guitar Fair』で、何と“SHIGEMORI”のブースが開設され、14日(sat)には是永兄貴のデモライヴもある♪
f0119519_14482477.jpg
“SHIGEMORI”のお2人と知り合った当時、俺はエフェクターというものに興味も可能性も感じなくなって、もう既にアンプ直でライヴをしながら数年過ぎてた頃でしたが、実際に「CUSTOM」を弾いて、過去のペダルにはないその素晴らしさに驚き、是さんに試奏をお願いしに行ったのが最初でした。

今では是永兄貴もライヴやレコーディングで使用し、“SHIGEMORI”もメジャーな存在になって、他人事とは思えず嬉しい限りであります(^皿^)v

f0119519_14484123.jpgそして、今回の目玉は何と言うても待望の「PRETONE」の発表!
“SHIGEMORI”の秘密基地に遊びに行ったギタリストの友人達が口を揃えて、「あれはいいっ!!」と噂は聞いてたし、“SHIGEMORI”のお2人からも直接「あれはええよぉ~!」と聞いてたもんの、実質どういう役割を果たすペダルなんか、言葉だけではイマイチ把握出来てない(-_-;)
これは実際東京に乗り込んで、是さんのライヴも観れるし、行くしかないなぁ~と思ってましたが…。

俺の引越しとまともにカブっとるやんけっ!!(x_x)☆\(ー。ー#)
「RUBY STONE」愛好家連盟会長としては(笑)、「PRETONE」と同時に発表される「RUBY STONE PREMIUM」も楽しみにしてたんですが、残念ながら今回は我慢するしかなさそうです(T_T)

お近くの方、遠くても興味津々の方は絶対行きなさい!特に14日の是永兄貴のライヴは必見ですぞぉ~!高いから、デカいから、重いからっていう理由で“SHIGEMORI”のペダルを敬遠している方、買うかどうか迷うてる人は、実際にJC-120から出て来る凄ぇ~サウンドを体感しなさい♪

ん~。。。。。悔しいでっす!!(ザブングル風で…)
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-06-11 15:24 | Equipments(43)

退院しました♪

無事彼女が退院しました!彼女と言うても4月中旬に西條病院に入院した、愛器エイドリアンこと“ROCKY CUSTOM MODEL”#3でございます。詳しくは『入院します…。』を御覧下さい。
f0119519_14393514.jpg
見た目はほとんど変わりませんが、頭と首(ヘッドとネック)がかなり色白のべっぴんさんになって帰って来ました(* ・・ *)

f0119519_144089.jpgf0119519_14402061.jpg
左がガングロ時代で、右が退院後のお肌スベスベ、ツヤツヤの現在(笑)
オイルフィニッシュは弾いてみた感触も凄くええし、弦落ちの問題で外されていたローラーナットも、改良版のローラーナットに再び付け替えました!

そして、ピックアップも試験的に“Saijo”オリジナルのノイズレスピックアップ“The BLAZE”が載ってます!ハンバッカーよりノイズがなくて、かなり優秀なピックアップでサウンドも文句ないですが、優等生的とでも言いましょうか?俺は旧タイプの方が色っぽくて個人的には好みかなぁ~って感じで、これはしばらく試してみる必要がありそうです(^_^;)
f0119519_14582870.jpg
さらに今回はこんなことにもなっております!御覧のように真ん中のトーンがパッと見ではわからんスイッチポット付きになって、ピックアップセレクターも3wayから5wayに変更され、より多彩なサウンドを求められても、それに対応出来る“JAM & COOL”仕様になりました(^皿^)v

本妻の#1、愛人の#2のジェラシーがちょっと心配です…。
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-06-09 15:39 | Equipments(43)

試奏大会

SHIIBA氏に完成した“SHIGEMORI”の「STONE DRIVE CUSTOM」を届けに行った。SHIIBA氏はエフェクターを自分で制作・モディファイもしてしまう、じゃいやんを通じて知り合ったギタリストである。

f0119519_11414142.jpg最初は「ROCKYさんの前で試奏するなんて恐れ多いですっ!!」などと言うてたちょっぴりシャイなSHIIBA氏だったが、やっぱ自分で買ったんやから、まずは自分で弾かんとってことで、愛用のムスタングとスタジオのJCでチェック。
「おぉ~~~っ!!」ともう既に「RUBY STONE」を所有してるSHIIBA氏には、「CUSTOM」の凄さはすぐに理解出来たようである。
けど5分ほど試奏したら「使い方を伝授して下さい!」と手渡された…。

「いや~伝授と言われても俺は持ってへんねんけど…」と言いつつ、自分の“Saijo”に持ち替えて、「CUSTOM」踏みっ放しでギターのヴォリュームやトーン、ピックアップセレクターを切り替えながら、クリーンのカッティングから激歪みのソロまでコントロール出来ることを説明。

「デカいし高いし重いけど、ええ買いもんをした♪」と納得のSHIIBA氏が、次に取り出したのは大量のお宝オペアンプコレクション!電気系統のことはサッパリの俺が見ても、何が凄くて何が貴重なんかまるでわからんが、マニアが見たらきっと凄いんやろう(^_^;)

何やらこのオペアンプっちゅう部品は、簡単に言うとペダルの歪みの質を決定づけるもんらしい。んで、俺の所有する「禅駆動」を使って、オペアンプを色々取っ替え引っ替えつつ、俺に弾いてもらいながら、SHIIBA氏自身もそれぞれの特徴を、今後の自作の為にも把握したいらしい。

f0119519_11402934.jpgf0119519_11404471.jpg
俺の「禅駆動」は御覧のように是さん(是永巧一氏)が所有してたもんだが、通常「禅駆動」の基本仕様であるオペアンプ「4558艶あり」の「D」ではなく、現在は「DA」が搭載されているが、「D」仕様を弾いたことないから違いわからんし、替えても大して変わらんやろうと高をくくっていたが…。

その「4558艶あり」の「D」はもちろん、缶タイプの貴重なもんとか、次々と試して行ったら「おぉ~~~っ!!全然音変わるやんっ!!」(╬☉д⊙)

f0119519_11474178.jpg小指の爪の先ほどしかない、こんな小っちゃい部品でこうも音が変わるとはほんま驚いた!
しかし、色々付け替えてる内に気づいたのだが、ある程度はピッキングやタッチで、自分の好きなサウンドに近づけてしまうのである。

最終的には1番ストレスを感じずに弾けた、「4558艶あり」の「D」に決定して落ち着きました♪ん~、オペアンプ恐るべし…でも、知らん間に取り替えられてても、俺は平気で弾いちゃいそうです(^^ゞ

SHIIBA君、長い時間お疲れ様でしたm(__)m
また機会があれば色々試して遊びましょうねぇ~(^o^)/~
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-05-28 12:05 | Equipments(43)

仲間が増えた!

昨年11月にココで紹介した“渚のロックンロールバンド”、そして、そのバンドのギタリストのじゃいやん。詳しくは『久々の再開』を御覧下さい!

何故か「ジャイアン」ではなく「じゃいやん」なのである。どうやらあの懐かしい8フィンガー奏法なども操れるようである(笑)
f0119519_16324758.jpg
じゃいやんは今ではすっかり少なくなってしまった、直でアンプを鳴らせるギタリスト、ピッキングがしっかりしてる貴重なギタリストである!

俺が初めて彼のライヴを観た時、“Bad Cat”に直で豪快に弾いていて、久々におもろいギタリストを発見したと思ったのだが、現在は小っちゃいアンプでB社のBDを使ってると聞き、「君がそんなもん使てどないすんのんじゃ~っ!!じゃいやんは“SHIGEMORI”使わなあかんやろっ!!」と脅して…いやいや、「試しに“SHIGEMORI”を1度試してみてはいかがですか?」と薦めて、無理矢理…いやいや、喜んで「RUBY STONE」を御購入♪

f0119519_16513020.jpgf0119519_16515694.jpg
“SHIGEMORI”さえも脅して…いやいや、“SHIGEMORI”さんの御厚意で、特別に「じゃいやん」のネーム入り特別仕様であります!
脅されただけなんで彼はまだ「RUBY STONE」を試奏したこともないし、前回俺がライヴで使った時は来れなくて音を聴いたことは1度もない(^^ゞ

だから失礼があってはいかんと「事前にしっかりチェック!」ってことで、先に俺が動作チェックをしたんですが、やっぱりええ音しております♪
塗装が変わったからなのか、パーツが変わってるのか、微妙に俺の初期もんと音が違う!文章ではウマく書かれへんけど、ほんの僅かではありますが「じゃいやん」仕様の方が元気がある感じかなぁ~?

しかし、チェックの時にこの「最狂の末っ子」の連結を久々にやったんですが、これをやっちゃうと絶対もう1個欲しくなってしまうんです!2個買っても「DELUXE」よりちょい高いくらいやし、「CUSTOM」より遥かに安い!
俺みたいに「1個のペダルにはスイッチ1個が好き派」にはピッタリの組み合わせでございます(^皿^)v

随分俺の周りでも「RUBY」仲間が増えましたが、またこうして1人犠牲者が加わり、現在も脅され中のギタリストが数名(笑)
じゃいや~ん、来週「最狂の末っ子」お届けに行くからねぇ~(^o^)/~
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-05-10 17:33 | Equipments(43)

またまた踏み踏み

f0119519_2433646.jpg昨年暮辺りから“JAM & COOL”バンド化に向けて、「TONE BLUE」でワウを踏み倒していたわけですが、先日是さんにも貸した“Dunlop”GCB-95ベースの“ROCKY CUSTOM MODEL”を、現在愛用中!
“JAM & COOL”のバンド化初ライヴから使うてますが、一応仮の完成ということで、バンドの中で使ってみて問題があれば、さらにカスタマイズしてもらえるんで、何か文句言うてやろ~と只今粗探しの真最中でございます(笑)

ちょっと前のことですが、「TONE BLUE」に“SHIGEMORI”の「STONE DRIVE CUSTOM」が入荷したと聞き、早速試奏に行って来た時の話。その時ふと目に止まったのが“RMC”のワウ。状態は凄くええけど中古。実はワウコレクター時代に持ってて、結構気に入っていたワウだ!
f0119519_2534284.jpg
「これちょっと弾かせてぇ~♪」
“ROCKY CUSTOM MODEL”が完成したとこやのに、またワウコレクション魂に火がついてしまった(^^ゞ
「あらっ?“RMC”ってこんな音やったっけ?もういい…」
個体差があるのか、中をイジってあるのか、俺が持ってた“RMC”とは全然印象が違って、使えそうにない(-_-;)

f0119519_2593840.jpg「おっ!!これは初めて見るぞ!これもヨロシク♪」
次に手を伸ばしたのは、最近話題の“MOOLLON”のヴィンテージワウ。
「ん~、これはなかなか丈夫そうでよろしいですなぁ~!ん、うぅ~ん…」
金属製のボディは安定感があって、銀色にキラキラ光って綺麗で音もそこそこええんですが、踏み幅が狭い上に、ガキガキ、ガキガキと踏み心地の悪いこと(ーー;)
踏み心地が悪いと使いたくなくなって、使う場面も減ってしまいそうや…。

「どうです?ROCKYさん、もう1台!」
「いや、もうよろしいわ…“ROCKY CUSTOM MODEL”の圧勝っ!!」
「どうもありがとうございます!」
「いやいや、まだまだややこしい注文言いに来るからねぇ~!」
「・・・・・・・」

実際この前是さんに弾いてもらって、感想を聞いたら俺が気になっている部分と、同じところを指摘されたんで、やはりもうちょいカスタマイズが必要かな?…と。クリーンでのカッティングは全然問題ないんですが、歪ませてソロ弾いた時が、微妙に好みの音とちゃう感じ(^_^;)

とりあえず今月のライヴはこのまま演りますが、6月中にはさらにカスタマイズを加え、“ROCKY CUSTOM MODEL”は生まれ変わりますよ♪
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-05-07 03:20 | Equipments(43)

やっぱええわぁ~♪

最近巷でも話題の、そしていよいよ俺も前回のライヴからボチボチ使い始めた「RUBY STONE」でありますが、やっぱこれはええわぁ~♪
f0119519_1495870.jpg
今のモデルは初期物と違ってピカピカですが、中身は一緒(…のはず)。
手に入れた瞬間からええとは思ってましたが、使えば使うほどその良さがわかって来るペダルってそうないんですな!今までの経験から言うと、ちょっとずつ粗が見えて来たり、欲が出て来るもんなんです(^^ゞ

結局どこかに物足りなさを感じて、それを満たす別のもんに買い換えたり、モディファイしたりってのを繰り返してしまうわけです…。
それを楽しんでるオタク系の人達にはええんですが、プレイヤーは気に入ったペダルが1個ありゃ~それに越したことはないんです!

前回のスタジオで「RUBY STONE」に関するおもろい事件がありました。
KAZUさんが遅れていたんで、残りの3人で『星のカケラ』を演奏していました。この曲はイントロに短いギターソロがあり、中盤に再びソロがありますが、歪んでるのはここだけで、残りは全部完全なクリーンサウンド。

ところがカッティングやアルペジオからソロに移行しても、再びクリーンなカッティングに戻っても、一向にペダルを踏んでる素振りを見せない俺。
するとノムティが俺の足元を確認にやって来るんです(笑)

「ほぉ~、“SHIGEMORI”はやっぱ凄いなぁ~っ!!全部ギター側のヴォリューム操作だけでやとったんやぁ~!」とノムティも感動♪
「何ちゅうても使いこなしてる俺が1番凄いんやけどね!」
「やかましわっ!!(x_x)☆\(ー。ー#)」

f0119519_14401752.jpgなどと何やかんや言うとりますが、決して難しいペダルではございません!
ただ「RUBY STONE」の魅力、性能を最大限に生かすなら、ギター側のヴォリュームやトーンも触っていただきたいのです!

ヴォリューム操作だけじゃなく、ピッキングの強弱に対する追従性にも非常に優れてるんで、例えば指で弾いたりすると、ちゃんと指で弾いた音がしてくれるんですわぁ~(^皿^)v

表現力を売りにしたいギタリストにとって、こんな嬉しいペダルはない♪
友人知人にもう十数人“SHIGEMORI”を薦めましたが、やはり皆さん満足して使ってくれております。ケチな関西人は財布の紐が固く、最初はその値段に渋い表情をするんは困ったもんですが(^_^;)

最近は「CUSTOM」持ってるのに、後から追加で「RUBY」も買ってしまったと言う、普通で考えると逆の現象も起こっております!
この辺が「最狂の末っ子」と呼ばれる所以なんですなぁ~♪

ちなみにたかしは「RUBY」持ってるのに、現在“JAM & COOL”ではアコギ担当なんで、「RUBY使われへんや~ん!」とボヤいております(笑)
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-04-22 15:12 | Equipments(43)