カテゴリ:Band(75)( 75 )

“JAM & COOL” ライヴリポート

土砂降りの雨の中、24日の「MERSEY BEAT」のライヴにお越し下さった皆さん、ほんまにどうもありがとうございましたm(__)m
そして共演したバンドさん、スタッフの皆さん、お疲れ様でしたぁ~っ!!

“JAM & COOL”は2週連続ライヴの1週目やったんですが、何故かファンの人達は2週目の31日(sat)「STAR CLUB」に集中してしまい、地元でありながら完全なアウェイ状態でのライヴになりました(^_^;)

「最強の雨男」の異名を持つ、たかしのパワーが全開に発揮され、凄ぇ~雨になってしまい客足が心配されましたが、それでもトリの我々の出番の頃には、たくさんのお客さんが残ってくれていてホッとしました。

雨宿りついでに残ってるだけなんか?という不安もありましたが、アウェイ状態の方が俄然気合いが入る我々、1曲目“Merry-Go-Round”からガンガン飛ばしつつ、MCでもしっかり笑いを取りつつ、最後はアンコールまでいただいて、ほんまに楽しいライヴが出来ました♪

“JAM & COOL”バンド化して、今回が3度目のライヴでした。過去2回の反省点はクリアしながらも、決して練習量も多くないし、まだまだ課題はあるんですが、ライヴ後PAさんに「メンバーさん個々の個性の歯車が噛み合って来た感じが凄く伝わりました」と言っていただきました(^皿^)v

それは俺個人としても最近感じ始めてたことやったんで、とても嬉しい言葉で感激したし、さらにその部分を伸ばして行きたいと思いました!
しかし、“JAM & COOL”のメンバーの個性の歯車…。これが普通の歯車とちゃいまんねん!歯の大きさはバラバラやわ、綺麗な円になってへんわで、4枚噛み合わせること自体が難しい(ーー;)

今週末のライヴはその辺に注意して観ていただけると「オモロ~ッ!!」かも知れません。ステージ衣装からして統一感ゼロですから(笑)

それでは31日(sat)「STAR CLUB」でまたお会いしましょう(^o^)/~
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-05-26 12:48 | Band(75)

トラブル発生!

先日2週連続ライヴ前最後の練習がありました。ところが、練習当日の朝に俺が左足首を捻挫してしまいました(T_T)

何とか練習には参加出来たんですが、椅子に座っての演奏になりました。しかし、アコースティックの時はそれに慣れてたのに、バンドになってからは普通に立って演奏してたんで、どうもテンションが上がらない!

男ROCKY捻挫の痛みくらいで、くじけてはならん!足はくじいたが(笑)
気合いを入れ椅子を畳んで立って演奏。でも俺はワウだのペダルだのを右足で踏む。当然左足が軸足になって、全体重が左足にかかる(^_^;)
大音量に俺の悲鳴は掻き消されながらも練習は進んだ…。

途中休憩を挟んだ時、たかしが「なかなかええ感じやと思うけど、皆さんどないです?」と聞いて来ました。確かになかなか演奏もまとまって来て、ええ仕上がりには違いないのだが、ノムティのミストーンが今日は何故か全曲で目立つしノリも悪いんで、俺はその点だけを指摘した。

休憩を終えて練習再開。やはりノムティのベースが何かおかしい。演奏を終えるとノムティが「帰らしてもうてええかなぁ~?」と言うて来た!
休憩の時も声に元気がなく、顔色が悪かったのだが、「どないしたん?」と聞くと「めまいがして、音も聴き取りにくいねん」と体調不良を訴えた。

さらにトラブル発生!呪われたバンドなんかっ!?
「とりあえずちょっと休んどき」ってことで、ノムティはスタジオの外へ。残りの3人で練習は続けたが、最後までノムティが戻って来ることはなかった。
f0119519_1329534.jpg
ライヴ当日まで残すところあと3日。果たして24日「MERSEY BEAT」では、このようなノムティの激しいアクションは観れるんだろうか?

ちゅうか人の心配より自分の心配せいよっ!!(x_x)☆\(ー。ー#)
いやいや、金本兄貴崇拝者の俺も鉄人!40度の高熱で普通にライヴをこなしたことも数回。打ち上げにも参加して人より酒を呑む男である(笑)

痛そうな顔して弾いていても、それは苦痛に顔が歪んでいるのではなく、自分の音に酔って「エクスタシ~ッ♪」の瞬間なんだと御理解下さい!
f0119519_13445718.jpg
「うぅ~っ!!痛ててててぇ~っ!!」
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-05-20 13:41 | Band(75)

メリハリ

「メリハリ」というのは「メリカリ」が転じた言葉で、「メリ」は「減り」で低い音、「カリ」は「浮り」で高い音を指す尺八などで使われる邦楽用語。

一般的にも「メリハリのある1日」とか、「仕事にメリハリをつける」とか、「俺はとってもメリハリボディが大好きですっ!!」(笑)などと、色んな場面で使われますが、バンドでも頻繁に使われる言葉の1つなのです!

通常は「減り張り」と書くんですが、これは緩めることと張ること。緩みっ放しでも張りっ放しでもあかんっちゅうことです。物事には適度に強弱があった方がええんです。それは音楽を演奏する場合でも一緒♪

でも最近このメリハリのないバンドの多いこと(-_-;)
イントロからラストまでずぅ~っと同じテンション、1曲だけならともかく、何曲演っても「これさっきも演ってなかった?」って感じの、テンポも曲調も同じで、音量の大小も抑揚もクソもあったもんやない!!
ヴォーカルは叫びっ放し、ギターはコードを掻き鳴らっ放し、ベースやドラムもそれに負けじと…ってバンド多いでしょ?

“JAM & COOL”はその辺のメリハリに凄いこだわるんです!元々バックの3人はそういうことを凄く意識して演って来た連中なんですが、だんだんそういうバンドにも慣れて来て、気持ち良く歌えることがわかると、たかしの要求がええ意味で欲張りになって来るんです(^_^;)

「Aメロは囁くように歌いたいからもっと抑え気味に!」とか、「サビで盛り上がり方が足らんからもっとガ~ンと来る感じで!」と言いたい放題…。
“JAM & COOL”バンド化直後は、結構トンチンカンなことを言うて、「?」な部分が多々ありましたが、最近は的を射たことを言うようになったんで、メンバーも大人しく従う場面が増えたように思います(笑)

次回のライヴでは是非その辺を他のバンドと比較して聴いてもらってもいいですし、単純に“JAM & COOL”だけを観て、歌や演奏のメリハリを楽しんでいただけたらなぁ~と思います(^皿^)v
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-04-28 15:42 | Band(75)

KAZUさん

ここでのブログは、“BeCOOL”が活動休止になった2006年12月にスタートしたんですが、その月にも同じタイトルで日記を書いてました。出会いからKAZUさんについてのことが色々書かれてます。詳しくはこちら
f0119519_13594320.jpg
その時にもKAZUさんが『陰の首領(ドン)』と呼ばれていると書いてましたが、それは“JAM & COOL”になった現在でも変わりません(笑)
打ち上げ等で酒を呑んでる時以外は寡黙な男なんですが、簡単に言うと無駄にエネルギーを使わないタイプです。一気に集中力を高めて、ここぞと言う時に実力を発揮する感じ。だから、レコーディング中でもライヴ本番前の楽屋でも寝てることが多いのです(- o -)zzz

スタジオでの練習でも普段はメンバー中1番口数も少ないのですが、あ~だこ~だとアレンジ等でメンバーがモメてる時は、黙ってその戦況を見守り、冷静に判断して最後に的確な意見をバシッと言う。まるでコンパで周りの男達が散々盛り上げた後、最後にカッコええ一言で1番カワイイ女の子を、お持ち帰りしてしまう男のようである(笑)

そして、何より曲を把握するスピードが速い!単に曲の構成を覚えるという意味ではなく、ドラマーでありながら、歌詞まで含めた曲全体のイメージを大事にしながら、曲自体が求めているドラムを叩こうとする。だから、テクニックがあるのに決して叩き過ぎないし、手数が多い方ではないが、わかる人には彼のウマさがわかるようだ。

そんなKAZUさんと一緒にプレイしてると、非常に闘争心が沸くのである!ここ十数年ずっとライバル視している。どちらかの体調が悪かったり、練習をサボったり、調子に乗って度を超えてノリノリで演奏してしまうと、微妙にリズムが合わなくなる。ほとんど誰も気づかないレベルであっても、お互いにそのズレに気づいてニヤリとするのだ(ー皿ー)
f0119519_1411319.jpg
「屋台骨」などと言うが、まさにバンドのドラムがしっかりしてると、その上で演奏する我々は楽である。演奏するんが楽な反面、常に練習や努力を怠らないようにしないと、自分の力不足を痛感してしまうのだ!

ライヴでは後に引っ込んだ位置で座ってるんで見えにくいですが、KAZUさんの多彩なスティックワークもバッチリ見逃さないで下さいねぇ~!

えっ?たかしが正面に立ってるからKAZUさんが見えないって?
そういう時は「邪魔、邪魔っ!!これが噂の“邪魔 & COOL”かぁ~っ!!」とたかしに言うてあげて下さい(笑)
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-04-19 14:19 | Band(75)

アコースティックユニット復活

“JAM & COOL”がバンド化されてから、2回のライヴを消化したわけですが、5月24日(sat)は三宮「MERSEY BEAT」、続いて1週間後の5月31日(sat)には三宮「STAR CLUB」で、たかしがサポートギタリストとして参加していた“James”が企画するイベントに参加予定です!

詳細は未定ですので後日アップしますが、今年は精力的にガンガンライヴを演って行きたいし、バンドでのCDも発表したいですねぇ~(^皿^)v

さらに6月には何と“JAM & COOL”のアコースティックヴァージョンも、昨年のワンマン忘年会以来久々に復活します!今んとこバンドでは演る予定のない『TOMORROW』や『マイナス色』を聴けるチャンスです♪
f0119519_85939.jpg
「バンド化」という言葉を使っていますが、別にアコースティックユニットとしての“JAM & COOL”を封印してしまったわけではないんです。

バンドにはバンドの良さがあるし、アコースティックユニットにももちろんバンドにはない良さがある。同じ曲をプレイしていても、一概にはどっちがええとか言えない、甲乙つけ難い魅力がそれぞれにあるんです!

バンドでの“JAM & COOL”しか知らん人には、「“JAM & COOL”って元々こんな感じやったんやぁ~」と、原点を知るええ機会かも知れませんし、また演るからには当然パワーアップもしてるはずなんで、元々を知ってる方々にも楽しめるライヴを演ります!

最近はずっと“Saijo”ばっか触ってるんで、ボチボチ“Ovation”も引っ張り出して来て、アコギの練習もしとかんとあかんなぁ~(^_^;)
そろそろ暖かくなって来たし、いつもの舞子公園で野外練習も再開かな?
f0119519_8345285.jpg
でも、今ここ工事中で使われへんのよねぇ~(-_-;)
空気はええし静かやし、デカい声で歌ったり、ジャカジャカ弾いても苦情は来えへんし、何ちゅうても何時間おってもタダってのが最高っ!!

ROCKY専用野外スタジオは一体いつになったら完成するんやろか?
勝手に専用にすんなよっ!!(x_x)☆\(ー。ー#) By 神戸市職員
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-04-16 08:45 | Band(75)

“JAM & COOL” ライヴリポート

f0119519_11413743.jpg
1曲目は『星のカケラ』でスタート!アコギユニットでも演ってたたかしの曲で、俺は今この曲がプレイしていて1番楽しくて好きな曲♪
ゆったりしたノリのメローなAOR系ですが、アレンジも固まって来たし、お客さんを惹きつけるにはピッタリかも?

続いて2曲目は『想い夜空』。なんちゃってジャズですな(笑)
お客さんが「この人達ジャズも演れるんやぁ~!」と勘違いしてしまう曲。
ライヴビデオ観てたら、やはり「なんちゃって」だけに、ギターソロが間違って聴こえてしまう、ベースラインに変更の余地アリ(^_^;)

f0119519_120149.jpg3曲目は今回の目玉商品、新曲の『wanna be』でした!ジャパネットタカタの社長の声が、さらに高くなるほどノリノリのファンキーナンバーですが、ノムティも久々に「貞子」状態になるほど、メンバーもお客さんも盛り上がりました(笑)
ドン引きされるかも?という若干の不安も抱えながら、チャレンジした「ワァ~ッ!ナァ~ッ!ビィ~ッ!」の振り付けも大成功でした!
腕を使って作る「N」の形が逆のメンバーがいましたけど(ーー;)

4曲目はバラードの『奇跡』。今回はアコギユニットの時に俺が弾いてたアルペジオにたかしが初挑戦!結果は…次回に御期待下さい(笑)

f0119519_12144182.jpgそしてラストは『早撃ちキッド』。
この曲は前回のライヴでアレンジがちゃんと固まってなかったんで、バンドとしてはリベンジでした!
練習の甲斐あって今回は気持ち良くプレイ出来たし、“SHIGEMORI”の「RUBY STONE」も大活躍♪
ソロではダックウォークも飛び出し、「ロッケンロ~ルだぜベイベ~ッ!!」状態であります…って、どんな状態やねんっ!!(x_x)☆\(ー。ー#)
ついついMCも長くなってしまい、この時点で既に予定時間を10分オーバーしておりました(^^ゞ

ですが、予想外のアンコール!客電が点かないんでPAさんに確認したらOKの合図。急遽ショートヴァージョンの『558』をプレイ♪
いや~、今回はほんま楽しんでプレイ出来ました!ライヴを熱く盛り上げてくれた会場の皆さん、ほんまにありがとうございましたm(__)m

次回3回目のライヴ、5月24日(sat)の「BACK BEAT」では、さらに進化した“JAM & COOL”をお見せしまっせぇ~っ!!(^皿^)v
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-04-08 12:47 | Band(75)

バンド化2回目のライヴ

夕べ三ノ宮「MERSEY BEAT」で行われた、『MAGIC POP CIRCUS』にお越し下さった皆様、どうもありがとうございましたm(__)m

リハで対バンの演奏を聴いてたら、どんどんテンションが下がって行き、『今日のライヴはどうなってしまうんやろ~?』と、ちょっと不安になってしもたんですが、ライヴ前に適度にガソリン(一般的にはビールとも呼ぶ)を補給し、ええ感じでステージに上がれました(^^ゞ

詳しい内容は後日写真付きで紹介しますが、新曲『wanna be』も好評やったし、全くの予定外やったアンコールも演れたし、満員のお客さんも反応が良くて、例の気持ちええ瞬間も何度もありました♪

噛み合わせの悪い歯車が、急速に噛み合って来た感じで、前回のライヴのステージ上で見たメンバーの顔と、今回のメンバーの顔は明らかに違っていたし、お客さんも笑顔で楽しそうでした!

対バンでこの4月に高校生になったばかりのレディースバンドがいたんですが、そのバンドを観に来たであろう女子高生が2人、最前列でノリノリで踊ってたんですが、“JAM & COOL”のアンコールが終わった後、「このバンド、メッチャおもろいなぁ~!!」「ほんまやなぁ~!!」って聞こえて来た…。

「おもろい」って…、俺等は芸人バンドとちゃうぞっ!!(*・・*)☆\(ー。ー#)
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-04-07 09:38 | Band(75)

気持ちええ瞬間

f0119519_7522944.jpgf0119519_7525557.jpg
f0119519_7543145.jpgf0119519_7544553.jpg
前回“JAM & COOL”のことについてあれこれ書いたんは何でかって言うと、この前の練習でちょっと気持ちええ瞬間が何度かあったんです♪

アコースティックユニットにリズム隊が加わって約2ヶ月、初ライヴを演ってから1ヶ月が経って、やっとバンドとしてまとまりつつあると言うか、ただ単にライヴでお客さんに聴いてもらう為に上手く演奏すると言うんじゃなく、演ってる側が気持ち良くプレイ出来るような状態。

楽しくプレイするって言うのと、気持ちええと言うんは俺の中では微妙に別もんで、楽しくギターは弾けてたり、ライヴを演れてたりしても、自分のギタープレイや音に納得いかなかったり、バンドとしての完成度はイマイチだったりってことはあるんです。

プレイしてる最中に聴こえて来る自分の音や、ドラムやベース、歌に気になるところがあったりすると、それに気を取られてギターを弾くことに集中出来ずにミスったり、アレンジとか曲の構成がちゃんと頭に入ってないと、間違えないように必死に弾いてるだけになってしまう。

やっとメンバー全員が曲に馴染んで来た感じで、他のメンバーの音がより自然に耳に入って来るようにもなり、その音に触発されて自分のプレイが変わったり、その逆もあったりして、そんな瞬間には何も考えずにプレイしてるんですが、その瞬間がメッチャ気持ちええ~っ!!(^皿^)v

前回の「STAR DANCE」でのデビューライヴでは、何とかかんとか間に合わせましたって感じもあったけど、6日(sun)の「MERSEY BEAT」のライヴでは、この「気持ちええ瞬間」を何度も味わいたいと思ってます♪
是非その瞬間をお見逃しなくぅ~っ!!(^o^)/~
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-04-02 07:59 | Band(75)

ピッカピカ

ドラムのKAZUさんとは阪神大震災があった、1995年のセッションバンドからの付き合いやからもう13年目になります。初めて音を出した瞬間から、お互いに運命的な出会いのようなものを感じました。

“WILL”ではメンバーが変わっても、KAZUさんだけはずっと一緒にプレイしていました。”BeCOOL”ではやっとKAZUさんが納得するベーシスト、ノムティが加入するわけですが、バンドとしては“WILL”の延長線上…っちゅうか、“WILL”で演っていた曲を多少アレンジしてプレイしてました。

“JAM & COOL”ではバックの3人は“BeCOOL”のまま、ヴォーカルがたかしに変わっただけですが、現時点で“WILL”や“BeCOOL”のレパートリーは一切演ってないのです。俺の曲はアコースティックユニットとしてやった1年間に作った曲ばかり。

「“WILL”や“BeCOOL”の時と全然違う」と、この前バンド化初のライヴを観に来てくれたお客さん達から言われました。実際、ハードなリフとかはないし、よりファンキー&ブルージーになったし、さらにジャジーなプレイなんかは“WILL”や“BeCOOL”では聴けなかったもの。

“BeCOOL”を始めた当時、ノムティは“WILL”と比較されることを嫌がりました。たかしは現在“WILL”や“BeCOOL”と比較されることを嫌がる。でも、俺とKAZUさんはそういうことを全然気にしてない。メンバーチェンジではなく、“JAM & COOL”は“JAM & COOL”という別のバンドという考え方。過去にやったバンドを引き摺ろうという思いは全くないのです。

「過去にやったバンドの方が良かった」と、離れる人がいたら悲しいことですが、「“JAM & COOL”の方が好き♪」と言ってくれる人、さらに新しいファンも必ずいてくれるのである。そして、今まさに“JAM & COOL”はバンドとしてスタートしたばかりで、“JAM & COOL”らしいサウンドってのはこれから確立されて行くと思う。

メンバーそれぞれが自分を抑えることなく個性を発揮出来て、そこに化学反応が起った時に、最高の“JAM & COOL”サウンドが生まれると考えているのです!そういう意味ではまだまだ若手の新人バンド…ん?誰やっ!?「若手とちゃうやろぉ~!」言うてんのわっ!!(x_x)☆\(ー。ー#)

誰が何と言おうとピッカピカの1年生であります☆(^皿^)v
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-04-01 01:18 | Band(75)

邪魔 & COOL

『目は口ほどにものを言う』などと言いますが、目を見りゃ言いたいことがわかる、顔を見りゃ何を考えてるかわかるってのはええことです。でも、赤の他人がそうなるには、かなりの時間を要する場合が多いです。

バンドというのはほとんどの場合、赤の他人が集まってやってるわけですから、楽しくプレイする為には、黙ってても言いたいことが伝わるか、或いは意思の疎通が円滑に行われるかが必要になって来るのです。

ただ、頭の中で鳴っている音やイメージを、言葉で伝えるというのはほんまに難しい!ちょっと言葉の選択を誤ると、相手には全然違うイメージが伝わってしまうっていうのはよくあること。

現在の“JAM & COOL”がぶつかっている壁はまさにそれ!俺はたかしと1年間一緒にやって来たんで、大体の言いたいことはわかるんですが、リズム隊の2人は2ヶ月ちょっとの付き合いなんで、たかしがイメージしてることを、2人に伝えるのに時間がかかってしまい悪戦苦闘中(^_^;)

たかしには「たかし語」とでも言えそうな独特な言い回しがいくつかあって、「ダークな感じ」とか「タイトな感じ」、「ゆるい感じ」などというのが頻繁に登場するんですが…。一般的に考える「ダーク」とか「タイト」と、たかしがイメージしてるもんとでは少し開きがあるのです。

今回の練習で使われたのは「タイトな感じ」。一般的に「タイト」とはリズムがピッタリ合っていて、引き締まった感じを差すリズム用語で、「ルーズ」はその対義語になります。ウチのリズム隊は充分過ぎるくらいタイトな演奏をしていたのですが、その演奏に対してたかしに「もっとタイトな感じで」と要求され、リズム隊の2人は「?????」である(○_o;)

この時にたかしが言った「タイト」とは、音数の少ない間を活かした感じに近い意味で、実際に使われる「タイト」とは全く関係がないのです。だから、音数を減らせばルーズであってもOKであったりするわけだ(^^ゞ

そんなこんなで前回の練習で、たかしがいない間に好き放題にアレンジした新曲『wanna be』は、イントロ以外はダメ出し&却下されてしまい、ほとんど全てをやり直す結果になりました(T_T)

「先週やったアレンジは無駄になってもたなぁ~」と言うメンバーの言葉に、たかしが「俺がおったら邪魔なんかぁ~っ!?」と言うんで、俺が「これがほんまの“邪魔 & COOL”やわっ!!」と言い返してやりました(笑)

まぁ~こんなことはバンド結成直後はよくある話で、リズム隊の2人が早く「たかし語」に慣れてしまえばええだけのこと…ん~?たかしに一般的なバンド用語、音楽用語を教えた方が早いんとちゃうかぁ~っ!?
最近譜面の読み書きも出来るようになったしね(^皿^)v
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-03-26 05:52 | Band(75)