カテゴリ:Band(75)( 75 )

暑過ぎ~っ!!

先週9日(sat)のサンファーレ広場での野外ライヴに来て下さった皆さん、ほんまに暑い中どうもありがとうございましたm(__)m
f0119519_465740.jpg
一体あの日、あの時、あの場所は何度くらいあったんでしょうか?
次第にノッて来て、身体が動けば動くほどポタポタと汗が滴り落ち、指にも汗かいて弦が滑って弾きにくくってしゃ~ないがなっ!!(^_^;)

14:00~と17:00~の2ステージあったんですが、17:00~やとちょっとはマシかなぁ~と思てたら一緒でした(○_o;)
今回は久々のアコースティック・ユニットで、椅子に座ってのプレイやったから良かったけど、バンドでノリノリで演ってたら、間違いなく熱中症か脱水症状で倒れてましたわ…夏の野外フェスなんか絶対出ぇ~へんぞっ!!(笑)

f0119519_4201397.jpgf0119519_4204385.jpg
「真昼間のクソ暑い時に、誰も立ち止まって聴いてくれへんでぇ~!」などと言うてたんですが、ステージ前に用意された50席ほどの椅子もほぼ埋まり、演奏が始まるとJR三宮駅からの歩道橋辺りから、遠巻きに結構たくさんの人だかりが出来たのには正直驚きました!

PAも簡単なセットで、足元のモニターも2人で1個とシンプルなもんでしたが、なかなかバランスも音も良くて、とても気持ち良くプレイ出来ました♪

新曲『真夜中のランデヴー』も好評で、真夏にクリスマスソングってどうなんやろ~?と思てましたが、決して涼しくはならへんけど、爽やかに頬を撫でる風くらいにはなったんとちゃうかなぁ~(^^ゞ

「ん~、やっぱアコースティックユニットはオモロ~ッ!!」っちゅうことで、今回だけやなく今後もちょくちょく演ろかということになりました(^皿^)v

そして、翌日はすぐにバンドヴァージョンでの練習!
練習っちゅうよりも新曲『真夜中のランデヴー』のアレンジでした。前日にライヴで演ったとこなんで、いきなりベース、ドラムが加わるとかなり曲の雰囲気が変わって、言葉では上手く表現出来へんけど、心地ええ違和感とでも申しましょうか?こっちが先でも全然おかしないなぁ~って感じ♪

次回ライヴではこの俺の新曲『真夜中のランデヴー』をバンドヴァージョンで、そして、前回の「tips LIVE」で発表したたかしの新曲『Sunny day』を、グ~ンとパワーアップしたニューアレンジでお届けしたいと思いますんで、8月最後の日は「MERSEY BEAT」でお会いしましょう(^o^)/~
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-08-11 04:56 | Band(75)

アナログ

「Profile #1」で確認出来ますように、打ち込み時代~“WILL”初期の頃は、シンセや音源、録音機材等も充実していて、ドラムからベース、ホーンセクションまでを打ち込みで作り、ギターのみ自分で弾いて、ライヴを演ってたわけですが、メンバーが揃ってからは全部売っ払ってしまいました!

確かに自分の作った曲を、イメージしたまま思い通りのアレンジに仕上げられるんですが、1曲仕上げんのに時間はかかるし、その分ギターを弾く時間は確実に減る…。また、思い通りになるという代償に、ジャムりながらみんなで曲を仕上げて行く楽しさというのがないんです。

メンバーが揃った当時はまだ機材があったんで、曲が出来るとある程度打ち込みで仕上げた音源を渡してたんですが、それでも1度音源を聴いてしまうと、先入観が生まれてしまうんですね?
f0119519_4112927.jpg
んで、その頃から現在もこれ!このハイテクでデジタルが蔓延する時代に、全く音を発することのない超アナログな紙切れ1枚です(^^ゞ

歌詞と簡単なコード進行表です。これをメンバーに渡す時点では、あまり細かいキメなどは指定されておらず、「ここはどうしてもブレイクしたい!」とか「ここは絶対このキメで!」ってとこだけ書いてあるのみ。

一応メンバー間では「構成表」と呼んでますが、ジャムってる内にどんどん構成も変わって来るし、場合によっては歌詞も変わったり、新たにCメロが加わったりとかするんで、メンバーが曲を覚えるまで、把握するまでの単なる指標に過ぎないんです。

これにすることで、各メンバーの自由度が増すんですね!作曲者がイメージしていたのとは全然違う方向に、進んで行くことも往々にしてあるんですが、そこがバンドのおもろいとこでもあるし、必ずしも思い通りに進むことが完成度が高いとは言えないんです!

自分の中にはない発想やアイデアが加わることで、自分1人では作れなかったであろう、そのバンドだけの個性やサウンドが生まれると思うし、最初は違和感があっても、それは自分の中にないもんやから当然で、馴染めば「気持ちええ♪」と感じれることは多々あるんです!

長年付き合った彼女と別れた後、新しい彼女を抱いた時の感覚に似てるかも…って、もっと他にええ喩えないんかいっ!!(x_x)☆\(ー。ー#)

そんなわけで、先日出来た『真夜中のランデヴー』の構成表が完成し、メンバーに渡す準備が出来たんですが、この紙切れからどんな音が飛び出すのか、今からワクワクと楽しみなんであります(^皿^)v
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-07-27 04:48 | Band(75)

採用!!

先日俺が1日で完成したと言うてた新曲『真夜中のランデヴー』。次回のライヴが近いし、練習もあと2回しかないし、たかしの新曲『Sunny day』のアレンジで手一杯やから、あえて発表はしませんでした。

もうちょっと細かいとこを煮詰めて、次のライヴが終わってから発表しょうかなぁ~と思てたら、この前の練習が終わってから、たかしがスタジオのロビーで俺にアコギを手渡し「新曲聴かせてよぉ~!」と言うて来た(ーー;)

この『真夜中のランデヴー』は今までにない甘いタイプの曲やし、歌詞もエロいし、ボツる可能性が非常に高い!たかしは人並みにエロいと思うのだが、エロい歌詞を歌うのを嫌がる傾向にある。

それでも1年半たかしと活動を共にしながら、たかしの好む歌詞の傾向を色々研究しつつ、何とかエロい歌詞を歌わせる為の対策をあれこれ練っていたのであった(ー皿ー)

これは決して嫌がらせではなく、俺はたかしの歌のファンでもあるから、彼のヴォーカルスタイルの幅を広げてほしいという想いからなのである!
元々曲によって声を巧く使い分ける、幅広い表現力が魅力のたかしだが、「色気」という部分では多少の物足りなさを感じる(-_-;)

そして、俺の弾き語りで聴かせた結果…採用っ!!(^皿^)v
緊張とはほとんど縁のない俺が、ここ最近最も緊張する瞬間である!

たかしが「ええ曲!採用~っ!!」と言い、俺が「ボツらんで良かったぁ~!」と喜んでると、横からKAZUさんが「上から目線やなぁ~」とポツリ(笑)
f0119519_23241179.jpg
まぁ~歌もんのバンドはヴォーカリストが神様みたいな存在ですから、ヴォーカリストが「こんな曲歌えん!」とか「おもろない!」と言うてしもたら、感情を込めるどころか、曲として成り立たんわけです(^_^;)
言うてみればわざわざお金払ってカラオケ行って、特に好きでもない曲、嫌いな曲を熱唱するアホはおらへんのと一緒です。

まずは公園で練習して、久々のアコースティックユニットのライヴで発表出来たらええなぁ~と思っております…が、予想以上に早ぉ~完成&採用が決まったんで、真夏にクリスマスソングという事態に(○_o;)
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-07-21 23:51 | Band(75)

新曲ラッシュ!

次回8月2日(sat)東加古川「STAR DANCE」での「tips Live vol.31」では、たかしの新曲『Sunny day』を披露致します!

何やらやっとこさ自分のアコギを手に入れてからは、次々と曲が出来ているという噂です。曲を作るペースは俺の方が早いんで、その気になってしまうと、ライヴで演るんが俺の曲ばっかりになってしまう…。

たかしが「もうすぐ出来そう」って言うてても、「こんなん出来てんけど」って俺が曲持って行くと、自分の曲はそっちのけで、俺の曲を演りたがってしまうという悪い癖がたかしにはあるんです(^_^;)

それで、しばらく俺は新曲を作りませんでした。まぁ~引越しもあったし、のんびり後片付けをしながら、「こんな曲がほしいなぁ~」とか「あんなギターが弾きたいなぁ~」とか思いつつ、ギターを爪弾くだけに留めました。

俺がなかなか「曲が出来た」と言うて来ないと、たかしが新曲を作らな全くレパートリーが増えない!気分的にも焦るわけですな(笑)
ほなら5月に発表した『wanna be』も出来たし、今回『Sunny day』も出来たし、割りとシンプルな曲で、アレンジも1回でかなりまとまり、たかしの曲が2曲増えたんで、そろそろ俺も作ろうかなぁ~と…。

…思たら今日出来てしもた(^^ゞ
『真夜中のランデヴー』って曲なんですが、「rendez-vous」ってフランス語で、デートって意味もあるけど、宇宙船同士が宇宙空間でドッキングする為に出会うことを言うんですな!おや、まぁ~(*ーoー*)

maj7thコードに乗せて、爽やかに真夜中のドッキングの話なんか歌ってええんでしょうか?ええんです!エロいと言うより甘~い♪
もう今からクリスマス向けのヒットソングを狙った感じです(笑)
f0119519_2344934.jpg
前回「アコースティックユニットもええなぁ~」なんて言うてたら、待ってましたと言わんばかりにオファーがあって、8月9日(sat)にアコースティックユニットでのライヴが決定!出来ればこの日にまずはアコギ2本でエロく…いやいや、甘~くプレイしてみたいなぁ~と思てます(^皿^)v

でも俺の新曲の場合、たかしのとてもとても厳しい検閲が入るんで、ボツにされなかったら…の話ですが(-.-)y-~~~
久々のアコギヴァージョンをお楽しみに~♪(^o^)/~
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-07-15 23:54 | Band(75)

アコースティック

“JAM & COOL”をアコースティックユニットとしてスタートして、2007年の暮れまで1年間活動し、2008年はリズム隊を加えてバンド化して半年活動したわけですが、いや~どちらも捨て難い魅力がありますなぁ~!

アコースティックユニットで活動してる頃は、アコギだけのライヴに慣れてないんもあるし、爆音が恋しくなって「早ぉ~バンドしたいなぁ~っ!!」などとずっと考えてましたが、先日たかしのソロライヴでアコギの弾き語りを観て、「やっぱアコースティックはええなぁ~♪」と思ったのでした。
まさにないモノねだりっちゅうわけですわ(^^ゞ
f0119519_15545785.jpg
いや、実はバンド化とか言うてますが、別にアコースティックヴァージョンを解散したわけやないんです。“JAM & COOL”は煮ようが焼こうがやっぱり“JAM & COOL”なわけで(食えませんが…)、アコギ2本にリズム隊って場合もあるし、結成当初のアコギ2本のみってパターンもアリ!

f0119519_1631458.jpgどっちがええとかって問題じゃなく、それぞれの良さが実際演ってみてわかったというか、音数が多けりゃええってもんでもないし、少ないから物足りないってもんでもない!
アコギ1本やから迫力がないってこともないし、バンドやから迫力があるとも限らないってのは、とっくの昔から経験としてわかってるはずなんやけど、改めて気づかされた部分も多々あったのは確かです!
だからどっちを演ってても「楽しい」と感じることが出来るし、また演りたいと思えるんやろなぁ~?

この前俺が高熱で練習を欠席した時、アコギ1本とリズム隊で練習したわけですが、翌日たかしに話を聞くと「メッチャええ感じでしたよぉ~!」だったそうで…。俺抜きってパターンもアリかぁ~?(^_^;)

「この曲はエレキいらんなぁ~!」とメンバーに言われた時の為に、再びコソコソとアコギの練習も始めたROCKYであった(笑)
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-07-11 16:27 | Band(75)

バンド活動再開

f0119519_22135119.jpg
5月31日「STAR CLUB」でのライヴを終えてから、ノムティの体調も悪かったり、たかしのソロライヴがあったりで、“JAM & COOL”の活動はしばらく休止しておりましたが、8月2日(sat)に東加古川「STAR DANCE」でのライヴを控えて、練習を再開しました!

…と書きたいところですが、俺は練習当日に40度近い高熱を出し、珍しく練習を欠席してしまいました(-_-;)
引越しした後、毎日後片付けにも追われてたし、ゆっくりと休みらしい休みも取れず、寝不足も続いていた上に、前日は朝までたかしと呑んでたんで、ついに身体が悲鳴を上げたんでしょうなぁ~(^^ゞ

練習を休ませてもらって、1日ゆっくりしたら、アッと言う間に快復♪
普段滅多に風邪をひいたりせえへんし、ひいたとしてもすぐ治るし、スタミナにも自信があるんですが、やはり無理は禁物です!
ボロボロになって長期化する前に、休養することも大切なのです(^皿^)v

しかし、今回の練習ではたかしの新曲に取り組んだはずなんで、メンバーには1日分の遅れを取ってるわけやし、次回の練習ではその遅れを取り戻すべく、気合いを入れて臨まなくてはなりません!

その練習の前日に「ROCKY's BAR」開催っちゅうのもどうかと思うけど…。
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-07-07 22:48 | Band(75)

バンドのあり方

バンドってのは大きく分けると2種類あると思います。1つはワンマンバンドで、もう1つはメンバー全員が一丸となってるバンド。ワンマンバンドにはバンドの中心人物がいて初めて成り立つバンドで、その人物が抜けてしまうとバンドとして機能しなくなってしまう。例えばそれがヴォーカリストなら、バックを務めるメンバーは誰でもええわけだ。サザンなんて桑田圭佑が辞めてしもたらきっと終わりやもんね(^_^;)

メンバーが一丸となってるバンドは、誰が抜けてもバンドとして機能しなくなる。仮にメンバーの誰かが辞めたり死んだりしたら解散に追い込まれてしまう。“LED ZEPPELIN”なんかがその代表やと思います!
f0119519_523488.jpg
バンドをやろうってなったら、初めはみんなこっちを目指すんやろうけど、なかなかそう上手くは行きません。楽器を始めた時点では同じでも、次第に技術的なレベルの差が出て来たり、音楽的な方向性や趣味が変わって来たり、性格的・人間的に合わない人が出て来たりと、様々な理由で脱退したり、メンバーチェンジしたり、解散したりを繰り返す場合がほとんど。

何もかも自分の思い通りに演りたいって人は、絶対ワンマンバンドがお薦め!何でも自分の意見やアイデアを「うん、うん♪」と聞いてくれるメンバーを集めるのが得策。俺の場合はバンドをやる上でそれがおもろないと考える人で、メンバーとあ~だこ~だとアイデアを交換しながら、バンドのカラーを作り上げて行くんが好き♪

自分自身から出て来るアイデアなんて、所詮高が知れてるし、「俺がいればこのバンドは…」などと思ってる奴ほど大したことない奴が多い!
人生思い通りに行かん方がおもろいんと一緒で、バンドも全てが思い通りにならんからおもろいと思う。バンドのメンバーに、思いもよらぬ自分の知られざる力を引き出されてることもあるんです!

それを自分の力やと勘違いしてしまう奴もいるし、メンバーに感謝、そして信頼する人もいて、その人間性や性格の違いが、バンドの行く末を大きく左右してしまうんですなぁ~(-_-;)

俺はもちろん“LED ZEPPELIN”のようなバンドを目指してる(演ってる音楽は違うけど…)んですが、“JAM & COOL”ってどうなんでしょ?
f0119519_5284027.jpg
世代も違えばキャリアも違う、性格も違う4人の行く末は…?
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-06-07 05:25 | Band(75)

お休み

活動休止ではなく「お休み」なのである。そこがサザンとは違うのだ!
f0119519_1123312.jpg
2週連続ライヴを演って、別に疲れたってわけではない。梅雨に入ってライヴとなると、「最強の雨男」たかしの力も手伝って、全てのライヴが雨になるから休むわけでもない…その可能性はかなり高いが(笑)

まず、ノムティの体調が優れない上に、忙しくて練習に参加出来ないってのが大きな理由の1つ。体調だけじゃなく、ベースもアンプも調子が悪いようで、彼にはちょっと心身共に休養が必要かと思われます(-_-;)

そして、俺は引越しであります。やっと新居も決まって今月中旬には引越しして、普通に生活出来るように、とっとと部屋を片付けたり整理したりせなあかんのです!現在は荷造りで大忙しです(○_o;)

f0119519_13053.jpgほなら今は全くギター弾いてへんのか?っちゅうとしっかり弾いておりますし、あれこれ陰でコソコソと秘密のカスタマイズなんぞをやっておるんであります(^皿^)v
←気持ち良さそうに陶酔した表情で弾いておりますが、先日も書いたようにこれは嘘の顔です(笑)
高圧線のノイズに悩まされながらも、何とか自分の世界に入ろうと、必死になってる姿であります!
しかし、今後こういうことがないとは言えない。それならば…。

“ROCKY CUSTOM MODEL”大改造しかありませんっ!!
このお休みを利用して、現在ネックの再塗装の為に、西條氏のもとに旅立っている#3が…。お~っとっと、秘密のカスタマイズとか言いながら、うっかり書いてしまうとこやったがなぁ~っ!!(^^ゞ

休み明けの8月2日(sat)東加古川「STAR DANCE」でのライヴで、その全貌が明らかになります!ワウの音も何だかちょっと違うかもぉ~♪
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-06-05 01:55 | Band(75)

“JAM & COOL” ライヴリポート

5月31日の「STAR CLUB」のライヴにお越し下さった皆さん、ほんまにどうもありがとうございましたm(__)m
そして共演したバンドさん、スタッフの皆さん、お疲れ様でしたぁ~っ!!

この日は予想してた通り朝から雨…。「最強の雨男」たかしのパワーが今回も?と思われましたが、我々のリハが始まる頃には雨も止み、本番では超満員のお客さんの前で演奏出来て良かったです(^皿^)v

「楽しかった」…と書くと嘘になるんで今回は書きません。まぁ~いつものように盛り上がったし、お客さんも楽しんでたし、今回で“JAM & COOL”バンド化後、4回目のライヴになりますが、演奏自体は前回よりもさらにまとまってたし、上出来やったと思います。
ただ、個人的にはリハから最後までテンションは上がらんまま(-_-;)

「STAR CLUB」は高架下にあります。ライヴハウスの上をJRや阪急電車が絶えず走ってるわけです。10年以上前にはたまに出演してたライヴハウスですが、バラードのええ部分で突然「ガタゴトン、ガタゴトン…!!」と電車が走る音が鳴り響くんです!正直興醒めします…。

爆音バンドなんかは関係ないでしょうが、我々のようにしっとりした曲も演るバンドにはツラい!んで、今回はバラードはあえて演りませんでしたが、サウンドチェック時に問題が発覚。ほとんどの曲でメインで使ってるフロントピックアップとリアピックアップのミックスが使えない!

細かい解説は省きますが、通常でもこのポジションの時が1番ノイズが乗るんですが、今回はこのノイズが半端やない!「ブゥブゥ~~~ンッ!!」と激しいノイズの嵐で、アルペジオなんか弾けたもんやない(T_T)

最初はペダルかシールドの不良かと思い、抜き差ししてチェックしてると、PAさんから「真上に高圧線が走っててそのノイズは仕方ないです。立ち位置や角度によって多少マシにはなりますけど…」と言われ、あちこち動いてみたけど、マイクスタンドやモニターからも離れ、客席にお尻を向けた状態でやっと改善された。これじゃ~ライヴどころやあらへん(^_^;)

仕方なくフロント&リアのポジションを今回は封印し、「RUBY STONE」のゲインもグンと絞る結果になってしまった。自分が「気持ちええ~っ♪」と思う音で弾けてないと、当然テンションは上がらない。

これはもうハンバッカーよりノイズが少ないと言われる、“Saijo”のノイズレスピックアップ“The BLAZE”を“ROCKY CUSTOM MODEL”に搭載するか?もうここには出演しないか?のどっちかの選択しかない!

“The BLAZE”を搭載する可能性は極めて高いけど、ノイズの問題が解決しても「ガタゴトン、ガタゴトン…!!」が消えることはないんで、後者を選択をするんではないかと思われます…。
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-06-02 04:33 | Band(75)

時間の感覚

人間好きなことをしてる時、楽しいと思える時間は短いと感じ、逆に嫌なことをしてる時、不快な思いをしてる時間は長いと感じます。
皆さんはライヴでも同じことを感じた経験はありませんか?

最近はライヴハウスも3~5バンド、多い時には7バンドも出演するイベントがあります。17時半頃にライヴが始まって、全てのバンドの演奏が終わるのは23時前ってことも珍しくありません(^_^;)

5時間以上もライヴを観続けるのは至難の業です!巧いバンドばかりならともかく、初心者に毛が生えた程度のバンドも混在するわけですから、お目当てのバンドを観に来たお客さんはたまったもんじゃない!

それでも各バンドに30分とか45分とか、均等に演奏時間が与えられるのです。しかし、その同じ演奏時間を長いと感じるんも、短いと感じるんもお客さんの自由。短いと感じれば楽しいライヴだったと言えます。

先日“JAM & COOL”を結成して初めて、ライヴ会場でアンケートを実施しました。「おもしろかった」「楽しかった」「また観たいです」という感想をたくさんいただき嬉しい限りですが、「何で“JAM & COOL”だけ時間が短いんですか?」と直接聞いて来たお客さんがいました。

その日は予期せぬアンコールもいただいたし、MCもついつい喋り過ぎたんで、実際には他のバンドの演奏時間より10分以上オーバー(^^ゞ
ほんまはあかんことなんですが、1バンド当日キャンセルで出演してなかったこともあり、オーナーから許可をもらっていたのです♪

それでも“JAM & COOL”の演奏時間を「短い」と感じていただけるのは嬉しいことです!それもその日初めて“JAM & COOL”を観て、全く知らない曲を演奏してるわけですから尚更です(^皿^)v

今後も「アッと言う間にライヴが終わってしまった」とお客さんに思われるよう、熱くて楽しいライヴを演れるよう、“JAM & COOL”の暖簾(のれん)にあぐらをかくことがないよう、日々精進したいと思っておりますm(__)m

『船場吉兆』の女将かっ!!(x_x)☆\(ー。ー#)
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-05-29 14:37 | Band(75)