カテゴリ:Music(20)( 20 )

『JAZZ SAMBA』 STAN GETZ/CHARLIE BYRD

f0119519_1305510.jpg今日は先日紹介したテナーサックス奏者スタン・ゲッツと、チャーリー・バードとの共演アルバム『ジャズサンバ』です。ブラジル音楽であるボサノヴァを採り入れ、アメリカにボサノヴァブームを巻き起こすきっかけにもなった大ヒットアルバムです。
『ゲッツ/ジルベルト』を聴いた時も感じましたが、どちらかと言うとジャズ寄りの要素が強いと思います。

このアルバムでゲッツと共演してるチャーリー・バードは、ガットギターでジャズをプレイした異色の才人で、ゲッツにボサノヴァを紹介した張本人でもあります。アメリカでボサノヴァの紹介に努め、一躍スターダムにのし上がったギタリストですが、やはりジャズギタリストですから、ボサノヴァをプレイしてもジャズの匂いがプンプンします。

f0119519_1452624.jpgでもそういうジャンルの壁を越えてプレイしたり、自分の枠からはみ出してプレイすることは勇気がいることやし、ミュージシャンとして重要なことやと俺は思うし、彼のギターを聴けばわかりますが、確かにジャジーではあるけど、ボサノヴァに対する愛情を感じ取ることが出来ると思います。

ゲッツがジョアン・ジルベルトとのレコーディングに臨んだ時、ジルベルトに馬鹿呼ばわりされたのは有名な話です。ライナーノーツに『小さな子供に投げたボールを棒っ切れで打ち返すことを教えると、喜んで飽きずに続けるが、3回空振りしたらおしまいとか、打ったら走らなあかんとかルールを持ち出すと、アッと言う間に興味を失ってしまう。ゲッツはそんな子供と同じ心境だったのではないか』と書かれてました。

まさにチャーリー・バードから「ボサノヴァ」というオモチャを与えられたゲッツは、「本来ボサノヴァは…」なんていうルールはどうでもよく、本場の人に馬鹿扱いされようが、ボサノヴァのリズムに乗せて、美しい旋律を奏でることで、この分野では異例の大ヒットを記録する作品を残せたんやと思う。

俺も自称“なんちゃってギタリスト”やから、ルールなんてどうでもええし、ボサノヴァチックでええんちゃうの~?「俺はボサノヴァギタリストです」とか、「ボサノヴァ弾かしたら俺に敵う奴はおれへんでぇ~」とか絶対言わへんし(笑)でも“なんちゃってギタリスト”を馬鹿にすると、そこそこ弾きよるから痛い目に遭うよぉ~!
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-01-20 02:19 | Music(20)

GETZ/GILBERTO

たかしの新曲『エクボ(仮)』は、ボサノヴァ調のしっとりした曲という話をしましたが、俺の引き出しの中にはボサノヴァの知識はほとんど無い。「どう?」と聞かれたところで、曲がいいとは答えられても、どうアレンジしてええんかはわからない。わからんかったら勉強するしかないんです。

f0119519_028453.jpgそんな状態の俺にピッタリのCDがありました。モダンジャズを代表するテナー・サックス奏者、スタン・ゲッツの『ゲッツ/ジルベルト』というアルバムです。
これを買った当時は「ハズレやぁ~」と思って、多分1~2回聴いただけでそのままでした。今聴いてみると、「何でこれがハズレって思ったんやろ?」と思うほどええアルバムでした。

ゲッツと言うてもダンディ坂野とは何の関係も無くて、ジャズの世界では超有名なテナーの達人です。そんな彼がブラジルでツアーを行った時に、ボサノヴァの魅力に取りつかれ、1963年にジョアン・ジルベルト、アントニオ・カルロス・ジョビンと共に『ゲッツ/ジルベルト』を発表し、グラミー賞4部門を独占し、『イパネマの娘』という曲が大ヒットしたのでした。

f0119519_0293369.jpgf0119519_03541.jpg
ジョアン・ジルベルトは、ボサノヴァというジャンルを創成した功労者であり、ヴォーカリスト・ギタリストでもありますが、このアルバムを買った頃の俺はジャズ、特にサックスに興味があり、決してゲッツのサックスがメインじゃない上に、ジャズっぽくないサウンド(そりゃ~ボサノヴァ演ってんだからね…)が気に入らなくて、きっと聴かなくなったんでしょう。それにウェス・モンゴメリーのジャズギターにドップリでしたから、「このおっさん何でガットギター弾いてんねんっ!?」と、今思えば怖ろしいこと考えてました(汗)

ゲッツのテナーの音も心地ええけど、ジョアンのギターの音色が、ポロンポロンとええ響きしとるぅ~♪なかなか寝付けない夜も、これを聴くとグッスリ眠れますわぁ~zzz…って、ボサノヴァ勉強せなあかんのに寝たらあかんやんっ!!ん~、でも、今夜は…ヤバそう…zzz
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-01-18 01:36 | Music(20)

新曲完成!!

さてさて今日こそは新曲の話をしましょう。昨日も書いたように、先にタイトルを『JAM & COOL』と決めてしまったんで、歌詞的にすごい制約があるから、時間がかかるなぁ~と思ってたんですが、意外にスイスイとメロディに誘われるように出て来ました。

f0119519_0584435.jpg基本的に俺は夜のシチュエーションの歌詞が中心で、ビーチとかプールサイドとか爽やか系の言葉は使わないし、それに加えてちょっぴりエロティックな歌詞が多いんで、よく「大人の雰囲気がする」と言われます。
オシャレな表現のエッチな歌詞って大好きなんです♪

今回も例に漏れず夜の歌で、後半ちょっぴりエッチです!俺の場合メロディが先とか歌詞が先とかってなくて、曲が出来る時はほとんど同時に出来る珍しいタイプです。曲を創るっていうよりも、頭で鳴り出した音をギターでコピーするっていう感じです。

f0119519_122241.jpg最初の内は大好きなブライアン・セッツァーをイメージして、ロカビリーな雰囲気を狙ったんですが、アレンジが進むにつれて、テンポもミドルくらいに落ち着き、ロカビリー色はほとんどなくなって、スタートがブライアン・セッツァーとは誰も思わない出来になりました。
でも彼が使うようなジャジーなコードが登場したり、テーマリフではそんな7つのコードが、忙しく入れ替わるんでとにかく難しい(汗)リフの最後では単音のフレーズを2人で合わせなあかんし、耳から煙が出そうです…。

この『JAM & COOL』を完璧に弾きこなして、2人のリズムがバッチリ合ったら相当カッコええ曲ですよぉ~!曲に取り掛かる前の、「オープニングでいきなり盛り上げる」っていうテーマはクリア出来たと思います。しかし、ギターが難しい上に、弾きながら歌ったりハモったりせなあかんので、そっちをクリアするんは至難の技です。
ライヴのオープニングで『JAM & COOL』を演奏してる時、余裕たっぷりの顔で弾いたり歌ったりしてても、2人の耳から煙が出てないかチェックしてみて下さい(笑)
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-01-13 01:59 | Music(20)

盗作疑惑?

昨年はあまり多作な年ではなかったんですが、2007年を迎えて早々に新曲が完成しました♪“JAM & COOL”を結成してから、家では圧倒的にアコギを弾く時間が増えて、エレキを弾いてる時よりもコードが美しく響くからか、創作意欲が湧いてくるんですよねぇ~!

“JAM & COOL”のライヴでのオープニングを想定して、いきなり盛り上がれるノリのええ曲で、“JAM & COOL”らしさを象徴した曲ってことで、アイデアも何もない状態から、先にタイトルを『JAM & COOL』に決めて取り掛かりました(笑)すると天から降って来たかのように、1時間ちょっとでメロディも歌詞も、曲のテーマリフも出来てしまいました!
まぁそこからは歌詞をちょっと工夫したり、適当に押さえたコードのコードネームを調べたり、ギターパートのアレンジを2人分考えたりで、結局は5~6時間かかってしまいましたが、かなり完成度の高い曲が短時間で完成しました!パチパチパチ…。

f0119519_0185711.jpgでも何かどっかで聴いたことあるような…と考えてたら、以前知り合いに借りた“BAHO”のDVDに収録されてた『BAD HOT SHOW』って曲に似てる気がする。
“BAHO”とはCHARさんと石やん(石田長生)が、1989年に結成したアコースティックデュオで、名前の由来は東京の馬鹿と大阪の阿呆を合わせて“BAHO(馬呆)”である。

早速もう1度そのDVDを借りて聴いてみたが、テーマリフのリズムとコードが頻繁に変わるという点が似てるだけで、メロディや雰囲気も全然違うし、そりゃ1回聴いただけやからパクるにパクれんわなぁ~。
でも1回聴いただけで「何か聴いたことある」と思わせる“BAHO”は、さすが関西と関東を代表するギタリストのデュオやなぁ~と思った。

ありゃ?新曲の話をしようと思ってたのに、知らん間に“BAHO”の紹介と、自ら招いた盗作疑惑の話になってしもたがなぁ~。仕方ないんで新曲の話はまた次回ってことで…。
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-01-12 01:13 | Music(20)

Paco De Lucia

f0119519_1463117.jpg本日御紹介するのは天才フラメンコギタリスト、パコ・デ・ルシアです。彼を知ったのはジョン・マクラフリン、アル・ディ・メオラと共にライヴ録音した、『Friday Night In San Francisco』での超絶プレイを聴いた時でした。いきなり1曲目のディ・メオラの作品、『地中海の舞踏』のイントロで繰り広げられる、アコギでの高速プレイにやられてしまいました!

このアルバムは100万枚以上のセールスを記録し、フラメンコアーティストとしては異例の数字だったんです。彼は19歳でソロデビューし、1973年リリースの『二筋の川』がスペインヒットチャート1位を獲得して、フラメンコ史上初の快挙を成し遂げました。正確無比なピッキング、超絶な速弾きによる哀愁漂うメロディは一世を風靡し、ジャズ、フュージョン、そしてロックシーンのアーティストにまで影響を与えました。

f0119519_232280.gifチック・コリアやラリー・コリエルなどのアルバムに参加したり、フラメンコという枠に囚われない活動で知られ、ディ・メオラの代表作、『エレガント・ジプシー』への参加が、パコの人気を決定的なものにしたと思います。

パコの信仰者は国やジャンルを問わず、現在でも後を絶たないが、俺も間違いなくその1人。もちろん『地中海の舞踏』の速弾きもコピーしたけど、後にそれを彼が指で弾いてると知り、改めてパコの凄さを思い知った(汗)

今まではあまりフラメンコやスパニッシュ系の影響は、バンドではほとんど出さなかったけど、今後は曲やプレイにどんどん取り入れるつもりです。アコースティックユニット、“JAM & COOL”のライヴでは、俺の情熱的な超絶プレイが聴けるかも知れませんよぉ~!オ~レェイッ♪
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-01-11 02:39 | Music(20)

アウトサイダーアート

アウトサイダーアートって知ってますか?正規の美術教育を受けてない作り手が行う美術表現の総称なんですが、その一例でもある障害を持つ表現者の作品には、教育を受けてる者が逆に教えられることも多いんです。

f0119519_2542221.jpgヘンリー・ダーガーは12歳の頃に知的障害者の施設に移され、16歳で施設を脱走。その後、皿洗い兼掃除人として働きながら、19歳の時に彼の妄想の産物でもある「非現実の王国」で執筆活動を始め、1973年に81歳で亡くなるまで、誰に作品を見せるわけでもなく、部屋に引きこもって絵を描き続けたのです。
彼の絵の特徴は男性器のついた美少女で、別に両性具有者が描きたかったわけじゃなく、ただ単に女性の身体のことを知らなかっただけと言われています。

俺はデザイン学校で美術に関する教育を受けたけど、絵を描いたりデザインをすると、構図や色彩について「こうでなくてはならない」という、学んだことが邪魔する部分が必ずある。これは音楽の世界でも同じで、正規の音楽教育を受けてると、作曲やアレンジ、プレイの中で邪魔になる部分が出て来ると思う。

f0119519_3134316.jpg音楽理論を知ってれば役に立つことも多いやろうけど、コードの仕組みやスケールについて詳しい分、その枠から簡単にはみ出せないということもあるはずだ。
ジミ・ヘンドリックスなんかは、ジミヘンコードと呼ばれる「E7#9」を、歪ましてガンガンに使っていたが、当時としては考えられんかったことだ。きっと「キミ、変」と言われたに違いない(笑)
理論を知らないからこそ生まれるカッコ良さもあるやろうし、例え理論的には間違ってても、それがカッコ良ければOKなんじゃないでしょうか?

俺の曲でもきっとコード進行のおかしいのがあるし、弾いてるコードもコードブックに載ってないのが多いし、ソロのフレーズもスケールから外れた音いっぱい弾いてるはず。でも感覚的に「何か変?」って思う音が別に無ければ、カッコええと思えたらええんちゃう?感じたままに、本能の赴くままにプレイする。これこそアウトサイダーアートだっ!!
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-01-05 03:32 | Music(20)

Donny Hathaway/LIVE

f0119519_2212250.jpg今日はダニー・ハサウェイのライヴ・アルバム、名盤として有名な『LIVE』を紹介したいと思います。
ダニーはイリノイ州シカゴ出身の天才ソウルシンガーで、祖母がゴスペルシンガーだったことから、幼少の頃にはゴスペルに親しみ、従来の黒人アーティストとしては珍しく、ハワード大学でクラシックなどの正式な音楽教育も受けています。

バックグラウンドだけじゃなく、白人アーティストの曲をカヴァーするというスタイルも、当時としては珍しかったと思います。本作でもキャロル・キングの『YOU'VE GOT A FRIEND』、ジョン・レノンの『JEALOUS GUY』をカヴァーしています。
ライヴ音源の為、決して音質はいいとは言えませんが、そんなんどうでもよくなるほど、観客との一体感が感じられ、1曲目のマーヴィン・ゲイのカヴァー、『WHAT'S GOIN' ON』でいきなりやられてしまいます♪

f0119519_2422236.jpg彼自身がプレイするエレピのサウンドも気持ちええんですが、バックを支えるメンバーがこれまた凄いっ!!
あのウィリー・ウィークス(Ba)と、後に“EARTH,WIND&FIRE”に加入するフレッド・ホワイト(Dr)とリズムセクションは超強力やし、ギターは何と“STAFF”“THE GADD GANG”で有名なコーネル・デュプリーですがなっ!!こんなメンバーが織り成す絶妙なグルーヴ感と、ダニーの歌、エレピの絡みはホンマ最高です!

ダニー自身は裕福な家庭に育ちながらも、ストリートで過酷に暮す人々の立場で、自由や愛について歌うという矛盾、ジレンマがやがて彼を鬱病へと追い込みます。そして1979年、残念ながらNYのホテルの15階から飛び降り、33年という短い人生に自ら幕を下ろしました(涙)
しかし、多くのアーティストに与えた彼の影響は計り知れないし、彼が残した数少ない音源から感じ取れるパワーは、現在でも衰えることなく、間違いなく生き続けています!
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-01-04 03:15 | Music(20)

ファンクの父、JB死去

f0119519_219384.jpg
「ショービジネス界一の働き者」「ミスター・ダイナマイト」「セックス・マシーン」「ゴッド・ファーザー・オブ・ソウル」、そして「ファンクの父」と呼ばれたソウルの帝王、JB(ジェームス・ブラウン)が昨日、ジョージア州アトランタの病院で、肺炎の為にこの世を去りました。享年73歳。

日本ではファンク、ソウルに興味が無くても「ゲロッパ!!」で有名やし、映画「ロッキー4」にも『Living in America』を歌って本人が出演してたんで、JBを知ってる人も多いかと思います。味噌ラーメンのCMに出て、「味噌ッパ!!」って叫んでんのを観た時は大爆笑しました。

f0119519_231828.jpg現在ではライヴアルバムというのは珍しくありませんが、彼の出世作となった『ライヴ・アット・ジ・アポロ』が発売された1963年には、「ライヴ」と名がついていても、スタジオ録音に観客の声をかぶせた程度の物しかなく、JBが発表した本物のライヴは常識を覆す作品やったんです。
当然レコード会社から猛反対され、JBは借金をして自費で録音します。作品を聴いたレコード会社は発売は許可するものの、シングルとして発表することを提案したのです。

当時ヒットを狙う為には、ラジオで流してもらいやすいように、シングルで作品を発表するんが当たり前だったからです。でもアルバムとして売りたいと考えていたJBはこれを実行しませんでした。ところがこのアルバムはシングルを出さないまま売れ続け、片面全部をかけてくれるラジオ局まで現れました。こうしてヒットチャートに何と1年以上(66週間)も居座り続けることになったんです!
シングル重視だった当時の音楽業界に、LP(アルバム)単位を重視する流れを作ったのは、JBの功績が大きかったのは言うまでもありません。

もちろん我々ファンクやソウルを愛するミュージシャンに与えた影響は計り知れないし、妥協を許さないプロフェッショナルな仕事っぷりは、後々まで語り継がれることでしょう。
クリスマスに亡くなるってとこもJBらしいのかも(涙)
「ファンクの父」ジェームス・ブラウン、御冥福をお祈りします…。
[PR]
by ROCKY-sama | 2006-12-26 03:09 | Music(20)

最近のバンドマン事情

昔はエレキ持ってバンドやってるだけで「不良」と呼ばれた時代があった。でも最近は「オタク」呼ばわりされることも多いそうだ。「何で!?」と思ったが答えは簡単だった。

f0119519_2251944.jpg近頃では宅録マニアが増え、スタジオにメンバーが集まって、ジャムりながら曲を創るってことが減り、パソコンやMTRを駆使して曲を創り、メンバーとデータでやりとりするというんが増えている。
部屋にギターやアンプ、エフェクターが転がってるというイメージとは逆に、妙にキチンと整理整頓されていて、写真のようにちょっとしたレコーディングスタジオ並に、パソコンや録音機材が整然と並んでいるバンドマンの部屋も珍しくない。

そう言う俺も一時期は「楽器屋かっ!!」とツッコまれるほど、アンプが7台、15Uのラックが2台、シンセにMTR、シーケンサーにギターが9~10本、コンパクトエフェクターも何十個と山積みされてた頃がありましたが、それはその頃打ち込みでライヴを演ってたからで、現在はもうMTRさえ残っていません。

f0119519_2412345.jpg現代的と言えばそうなんかも知れんし、俺の考え方が古いんかも知れんけど、部屋にこもってヘッドホンしながら曲創るより、メンバーが楽器持って集まって、デッカい音出しながら「あ~でもない、こ~でもない」とか言い合って、ジャムりながら曲をまとめてく方が、バンドマンっぽくてカッコええと思うんやけどなぁ~。
俺なんか実際のレコーディングでも、写真のようにノリノリでございます(笑)全く「オタク」の欠片も無いでしょ?メジャーも含めて妙にキッチリまとまり過ぎてるバンドが多いと思うんは俺だけでしょうか?

告白や別れを、バンドでも解散や脱退をメールで済ませてしまう、コミュニケーションが苦手な今風の世代には、そういうメンバー間のやりとりさえ面倒臭いんやろうか?俺はいくつになっても不良と呼ばれてええから、デッカい音ガンガン出してバンドしたいわぁ~♪

決してパソコン相手に音楽創るような「オタク」にだけはなりたくない、呼ばれたくないと思う、古いタイプのバンドマンの独り言でした…。
Merry Christmas~☆
[PR]
by ROCKY-sama | 2006-12-25 03:09 | Music(20)

Music

俺が普段聴いてる好きな音楽やアルバム、バンドやアーティストを紹介したり、音楽関連の話をするコーナーです。プロ、アマ、国内外を問わず、俺がええと思うもんは、問答無用で紹介したいと思います!

f0119519_12461057.jpg「ハマる」という言葉がありますが、結構俺は何にでもハマりやすいタイプで、音楽でもそれは一緒。
スティーヴィー・レイヴォーン(Stevie Ray Vaughan)を初めて聴いた時、ツェッペリンを聴いた時以来の衝撃を受け、全身を稲妻が駆け抜けるのが早いか、レコードショップへ駆け込むのが早いかって感じで、CDを大人買いしてしまいました。
まさにレイボーンにハマってしまった瞬間でした!

ハマってしまったからってずっと聴いてるかって言うと、そん時の気分や精神状態で聴く音楽は様々。テンションがめっちゃハイになってる時に、まったりとジャズでも聴こかぁ~なんて思えへんし、逆に癒されたいと思う時に、ギンギンのヘヴィメタルを聴こうとも思わない。

音楽ってそん時の気分に合わせて、自分でセレクト出来るってのがいいですよねぇ~?でも、CDが20~30枚程度ならええけど、俺みたいに何百枚もあると、選ぶだけで結構時間かかってしまうんですわ…。
[PR]
by ROCKY-sama | 2006-12-16 12:46 | Music(20)