カテゴリ:Music(20)( 20 )

Jeff Healey

f0119519_261144.jpg俺の大好きなギタリストの1人である、ジェフ・ヒーリーが今月の2日夜、カナダ・トロント市内の病院でがんで亡くなった。享年41歳。若過ぎる死である(T_T)

ギターを膝の上に乗せて演奏する独特なスタイルで知られるジェフ・ヒーリーは、1歳の時に目の悪性腫瘍で視力を失った。その後3歳の頃から、病院のベッドの上で独学でギターを弾くようになり、あの膝の上に乗せて演奏するスタイルを確立したのだ!

f0119519_262913.jpg1988に発表したアルバム『See the Light』はプラチナディスクとなり、このアルバムに収録されているシングル『Angel Eyes』は、全米ヒットチャートのトップテンに入った。
ここ数年、肺や足にできた腫瘍を取り除く手術を何度も受け、闘病生活を送っていたそうですが、久々のニューアルバムを発表目前に控えていたんで残念でなりません(-_-;)

ギターを寝かせて、指板の上から左手を乗せ、親指も含めた5本の指で、巧みにコードもソロプレイも演奏する。通常は椅子に腰掛けて演奏するのだが、ノッて来ると立って弾いたり、歯で弾いたりもする(^_^;)

指板の上を縦横無尽に動き回る彼の指を見てると、「ほんまは見えてるんとちゃうかぁ~っ!?」と言いたくなるほどで、普通に指を見てプレイ出来る我々は、もっと精進せなあかんなぁ~と思うのです…。

弾き方こそ独特ですが、プレイスタイルや曲はオーソドックスで、彼のストラトの音色や、泣き叫ぶような熱いチョーキングヴィブラートは大好き♪

尊敬するスティーヴィー・レイ・ヴォーンと、ジェフ・ヒーリーが一緒にプレイしている貴重な映像を発見したんで、是非御覧下さい!
『Look at little sister』

最後に彼の御冥福を心よりお祈り致しますm(__)m
きっと天国でまたスティーヴィーとジャムってるんやろなぁ…。
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-03-29 02:24 | Music(20)

絶好調!!

“JAM & COOL”の相方たかしは、曲も歌詞もなかなか出来ないと先日ボヤいていたが、俺はこのところ絶好調である!
昨日は晩御飯を食べた後についうっかり早寝してしまい、夜中に目が覚めてこんな時間に更新してるんですが、こういう時にギターを持つと突然曲が天から降って来たりするんですなぁ~♪

“BeCOOL”の活動を休止してから、なかなか曲のアイデアとか出て来んかったんやけど、“JAM & COOL”を始めてからは、おもろいほど次々と曲のアイデアが湧いてくる!やっぱひたすら頑張るばっかりやなくて、たまには環境の変化とか休息って必要なんでしょうね?

それにバンド活動を休止して、ゆっくり色んな音楽を聴く時間が増えて、かなり自分の引き出しの中身も増えたように感じます。たかしの曲をアレンジしてても、自分の曲や歌詞を書いてても、いい意味で俺らしくないことが出来たりします。幅が広がったと言うか、今までの「俺っぽさ」が出たら、逆にそうじゃないやり方を試してみる余裕もあったり。

ある程度、自分の個性とかスタイルみたいなもんが完成されると、その枠からはみ出すことが出来ず、こじんまりまとまってしまう人が案外多いけど、やはりアーティストという人種は、常により高いレベルを目指して行かなあかんと思うんです!

そう考え始めたら「俺らしさを出さなあかん!」という気負いもなくなり、急に曲書く時もギター弾く時も何か気が楽になって、スイスイと絶好調~っ!!って感じになったわけです♪
何にも縛られたくない!…ってことはやっぱ俺はMじゃないなぁ~(笑)
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-04-11 05:32 | Music(20)

相方のライヴ

先日“JAM & COOL”の相方、たかしのソロライヴに行って来ました!昨年暮れに解散バンド“JAMGROOBEE”のライヴはよく観たんですが、弾き語りでのライヴは初体験で、期待やら不安やらで複雑な気分でした。

f0119519_18494075.jpgいきなり結論から先に言いますと、これがなかなかええライヴやったんですよぉ~♪
たかし以外の出演者はバンドやったんですが、人数で勝るバンドの方がショボいと思えるほど、熱い歌を聴かせてくれました!
やはり音楽というのは、音量だけでは迫力って伝わらんもんなんですなぁ~。アコースティック1本でも強く心に響く瞬間があるし、歌というのは歌詞が伝わってこそ、ソウルが伝わってこそなんやと改めて実感しました!

最近俺が良く聴いてるフラメンコのギター、特にパコ・デ・ルシアなんかは、アコースティック1本でメッチャ情熱が伝わるし、言葉以上に訴えかけてくる時があります。そんなギターを俺が弾いて、たかしのソウルフルな歌が加われば、ほんま無敵やなぁ~と思いました(笑)

そういう意味ではまず相方が弾き語りでライヴを重ね、次に俺が1人加わってシンプルなアコギユニット、その内にバンドへと発展させる流れは正解なのかも…。先にバンドアレンジがどうのこうのより、演りたいことや伝えたいことがハッキリしているってのが重要やと思いました!

結局ええ曲っていうんはアカペラとか、ピアノやアコギでの弾き語りでも、やっぱええ曲ですからねぇ~?今回のソロライヴを観たことで、“JAM & COOL”のアレンジでもアイデアが色々浮かんだし、ただ「良かった」っていうだけじゃなくて、何かと得るもんが多かった貴重なライヴでした♪

何か俺も弾き語り演ってた頃を、帰り道にしみじみ想い出したなぁ…。
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-03-20 19:15 | Music(20)

『Teasin'』/CORNELL DUPREE

f0119519_164827.jpg1974年に発表された、コーネル・デュプリーの初リーダーアルバム。
「ギターでソウルを歌う男」と呼ばれた彼のこの作品は、歌は入っていないインストアルバムですが、歌の必要性など全く感じないし、ソウルフルでファンキーで、ほんまに大好きなアルバムです♪
まるでギターが呼吸をしてるような感じで、美味しいプレイが満載!!

決してテクニック的に難しいことをしてるわけちゃうんですが、このグルーヴには魅せられてしまうんですわぁ~!リチャード・ティー(Kb)、チャック・レイニー(Ba)など、素晴らしいミュージシャンも参加してるし、曲もバラエティーに富んでいて、最初から最後まで一気に聴けてしまいます。

f0119519_1762345.jpgコーネル・デュプリーはテキサス州出身で、1962年初頭からキング・カーティスのバンドに参加し、アレサ・フランクリン、スライ&ザ・ファミリーストーン、以前ココでも紹介した、ダニー・ハサウェイとのセッション等でも有名な売れっ子です。
1971年にキング・カーティスがこの世を去り、その後このアルバムが発表されました。
ソロリーダー作だけでなく、スタジオセッションギタリストとして、数々の名盤に彼の名前が刻まれ、素晴らしいプレイを残しています。

スティーヴ・ガッド(Dr)、リチャード・ティー(Kb)らと結成した“Stuff(スタッフ)”、“Gadd Gang(ガッド・ギャング)”での活躍も有名なんで、また機会があれば紹介したいと思います。
こういうシブいプレイが出来るようにならなあかんなぁ…。
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-03-09 17:24 | Music(20)

Stevie Ray Vaughan

f0119519_8221361.jpg決してギターを食べるビックリ人間の写真ではありません(笑)俺が最も尊敬するギタリスト、Stevie Ray Vaughan(スティーヴィー・レイ・ヴォーン、以下SRV)です!
SRVが好きだとか、尊敬していると言うギタリストは、プロ・アマを問わず非常に多いですが、そのほとんどの人がSRVをコピーしています。
俺は彼の作品は聴くけど、全くコピーをしていないんです。好きなのに何でコピーしないのか?って話ですが、彼の演ってることはもうわかってるからなんです。

SRVは特にこれと言って新しいことを演ってるわけじゃありません。彼は一般的にはブルースギタリストとして知られていて、アルバート・キングやジミ・ヘンドリックス、ジャズギタリストのケニー・バレルなどから影響を受けていて、同じものを聴いていた俺にとっては、コピーしなくても知ってるフレーズがほとんどだったんです。

じゃあ何で彼を尊敬してるのか?単に同じフレーズを弾くのは簡単ですが、その表現方法というのは人それぞれです。
例えば皆さんもカラオケに行って、好きな歌手の曲を歌いますよね?モノマネで歌う人もいれば、自分なりの歌い方をする上手な人も、耳を塞ぎたくなるような人もいる(笑)同じメロディを歌っても十人十色なんです。

f0119519_8450100.jpgSRVの奏でるギターは、同じフレーズを弾いても、彼なりの表現力が加えられていて、サウンドも含めて非常に個性的♪
『No.1』と呼ばれるボロボロの彼の愛器から放たれるフレーズには、魂が乗り移ったかのような熱ささえ感じます!
豪快なピッキングやカッティングも魅力的です!

SRVを真似たギタリストは多く存在しますが、サウンドやフレーズが似てるってだけで、彼の存在感には遠く及びません…。
彼から学ぶべきなのは、例え斬新なフレーズじゃなくても、個性的に表現出来るってことで、決して同じようなギター、アンプ、エフェクター、そして太い弦を張って、そっくりにプレイするってことじゃないんですよねぇ~。

もちろんSRVのそっくりさんを目指してるって人は別ですけど…(笑)
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-02-25 09:16 | Music(20)

TOWER OF POWER/OAKLAND ZONE

f0119519_357315.jpg最近ジャズやボサノヴァなど、タラ~ッと癒される感じのばっかり聴いてたんで、久々にファンキーでガツンと来るやつ聴きたくなって、CDラック見てたら目に止まったんがこれ!
“TOWER OF POWER”はず~っと大好きで、まだ俺がギターソロをガンガンに弾きまくってた頃から聴いてました。(今でも弾きまくってるやんって言うてんの誰ぇ~!?)

これは2003年発表の作品なんですが、何と6年振りのスタジオ録音で、「伝説のドラマー」デヴィッド・ガリバルディが復帰後初のアルバム。もちろん復帰してから来日した時は、KAZUさんと生で観ましたが、ロッコとのコンビネーションに鳥肌が立ちました(汗)

f0119519_4124572.jpg「ロッコって誰?」って方の為に紹介しますと、“TOWER OF POWER”の看板ベーシスト、フランシス・ロッコ・プレスティアのことです。
「ファンキー」って言うと普通スラップ(チョッパー:親指等で弦を叩いて音を出す奏法)と考える人が多いですが、彼の場合は全くスラップを使いません!でもめっちゃタイトでファンキー♪

でも肝臓を患い、何度も昏睡状態に陥るなど、一時はこのアルバムが遺作になるかとも思われましたが、無事肝臓のドナーが現れてロッコは一命を取り留めたのです。これでガリバルディとの最強リズムセクションがまた聴けるわぁ~と、今は安心してこれを聴けるわけです。

肝心のこの『OAKLAND ZONE』のサウンドですが、そりゃ~悪いはずがありません!相変わらず最高にファンキーな気持ちええサウンド♪
“TOWER OF POWER”は非常にメンバーチェンジが多いバンドなんですが、主要メンバーが不動な限り、“TOWER OF POWER”サウンドが大きく変化することはありません。

ギタリストにとっては退屈なバンド、アルバムかも知れんけど、今回新加入のジェフ・タメリアってギタリストも結構頑張ってます。こんなリズムセクションでカッティングしたら、どんなに気持ちええやろなぁ~って思う羨ましい感じのプレイで、ついついギターを片手に、身体を動かしながらノリノリで聴いて(弾いて?)しまいます(笑)

ん~、寝起きに聴いたけど完璧目ぇ覚めたわぁ~!やっぱ“TOWER OF POWER”は最高っすぅ~♪逆に「そろそろ寝よ~」って時に聴くと、ギンギンに目が冴えて眠れんようになるんで要注意です!!
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-02-10 06:10 | Music(20)

Led Zeppelin Ⅳ

f0119519_2346192.jpg1971年に発表された“Led Zeppelin”の4作目です。「Ⅳ」と仮にタイトルを付けましたが、実際にはジャケットには何のタイトルも書かれておらず、ファンの間では単に4作目やから「Ⅳ」とか、中ジャケにメンバーの家紋(のようなもの?)が印刷されているんで、「フォー・シンボルズ」とも呼ばれているアルバムです。名曲『天国への階段』が収録されてることでも有名。

最近ボサノヴァやフラメンコ、ジャズばっか聴いて、耳に優しい癒される音楽に浸ってたせいでしょうか、ガツ~ンと来るんを聴きたくなって、久々に手にしたんが“Led Zeppelin”でした。他にも好きなアルバムはたくさんありますが、本格的にツェッペリンにハマったんはこのアルバムやし、生まれて初めて完コピした『天国への階段』を、久し振りに聴きたくなったのです。

f0119519_041429.jpg今では当時のカッコ良さが嘘のように太ってしまいましたが、ジミー・ペイジにはほんま憧れました!
あんましペイジってギター巧くないなぁ~と思ったけど、彼の真似してレスポールを膝の上くらいまで下げて弾いてみたら、弾きにくさを実感して「こりゃ巧く弾けって方が無理やわぁ~!」と思いました。実際ライヴでアコギを座って弾いてる映像とか観るとメッチャ巧い!それに彼自身プロデューサー、コンポーザー指向が強く、それほど一生懸命ギターを練習するタイプじゃなさそう。

でもハードロック、ヘヴィメタルの基盤を作ったというか、ギターリフでグイグイ曲を引っ張ってくスタイルはペイジの貢献度は高いと思うし、リフメイカーとしては彼の右に出る人はいないでしょう。それにやっぱり今聴いてもツェッペリンは、世界で最高のロックバンドやなぁ~と思います。

f0119519_0241291.jpgペイジはもちろん、ロバート・プラント、ジョン・ポール・ジョーンズも凄いですが、ツェッペリンが世界で最高のバンドになったのは、ドラマーのジョン・ボーナム(通称ボンゾ)の存在が大きいと思います。
1980年にボンゾが死去したことを機に解散してしまったのも、彼無しではツェッペリンの存続を考えられなかったんやと思います。

ペイジやボンゾを含め、ツェッペリンを語り始めるとキリが無いんでこの辺で止めときますが、メンバーの誰が欠けても、バンドの存続が考えられないっていうバンドがやっぱ理想です。活動休止後はそんなバンドで復帰したいと願う今日この頃…。
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-02-01 01:08 | Music(20)

『胸さわぎのウィークエンド』 歌詞

“JAM & COOL”用のフラメンコ調の新曲、『胸さわぎのウィークエンド』をたかしに聴いてもらい、何とか採用になりましたんで、『Jam & Cool』に続いて歌詞を載せちゃいま~す♪

胸さわぎのウィークエンド
          Words & music by ROCKY

かかるはずのない telephone
待ち侘びて針を落とすジャズのナンバー
枯れたメロディの saxophone
ブルーな気分に拍車をかけるだけ

耐えきれず狂い出した街へと
ひとり迷い込みおまえを忘れそうで

愛を失った teenage
欲望の断片(かけら)夜に散りばめて
気ままな恋 body language
やがては覚めてく夢と知りながらも

流されて乾いた口吻(くちづけ)さえ
濡れた花弁(はなびら)に感じてしまう…だから


Da,da,da...抱きしめて oh baby
寂しさに凍えちぎれそうな心を
Da,da,da...抱きしめて oh baby
誘惑の罠にはまりそうな夜には

☆ Repeat

Too late 今さら叫んでもざわめきに掻き消されてく
胸さわぎのウィークエンド

☆ Repeat

Da,da,da...抱きしめて...

f0119519_2523277.jpgん~、またお子ちゃまにはわからん歌詞を書いてしまった…。「針を落とすジャズのナンバー」なんてオシャレな表現やけど、CD世代の人には何のこっちゃわからんやろなぁ~。LPレコードにプレーヤーの針を乗せる行為のことなんですけどね。

やはりギターがかなり難しくて、今のところ俺もたかしも雰囲気を出すのだけで必死(汗)でも聴いてると簡単そうに聴こえてしまうから、全く苦労してる甲斐が無いっ!!
恐るべしフラメンコ…。必ずやライヴまでに楽しめるようにするぞっ!!
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-01-29 03:12 | Music(20)

突然フラメンコ!!

「ジャジーな新曲が出来そう」などと先日豪語してましたが、ジャズに関する素養も限られ、なかなか頭に鳴ってるイメージを音に出来ず、もうちょっとお勉強してから形にすることにしました。
“JAM & COOL”のライヴ用の曲が減ってしもたぁ~と思ってたら、神様はまだ俺を見捨ててなかった!アコギを何となく爪弾いてたら、フラメンコ調の軽快なストロークと共に、突然天からメロディが降って来たんです!!

f0119519_029529.jpg日本では「フラメンコ」というと、妖艶でセクシーなおねぇさんが、薔薇の花を口にくわえて踊るっていうイメージを持ってる人が多いようですが、実際には薔薇の花なんてくわえへんし、確かに綺麗な女性は多いですが、そんな杉本彩みたいな人ばっかりとちゃいますねん(笑)
スペイン南部のアンダルシア地方に伝わる、ギターが主体の伴奏による歌や踊りで、この地方に定住していたヒターノ(ジプシー)が始めたものだそうです。スペインに次いで日本がフラメンコ人口が多いってのもビックリでしょ?

ヒターノは社会から忌み嫌われる存在で、長年迫害され虐げられた中での嘆きや叫びが、フラメンコという形で表現され、あの情熱的なリズムや踊りが生まれたんじゃないでしょうか?

f0119519_051550.jpg以前ココでも紹介した、フラメンコ界の天才ギタリスト、パコ・デ・ルシアを聴いていた影響でしょうか、それっぽく弾いてみたらええ雰囲気が出てる。パコのような腕があるはずないんで、もちろん「なんちゃってフラメンコ奏法」ですが…。
そんな時、10年以上も前にフラメンコ調の曲を書こうとして、やはり今回の新曲のようにフラメンコの素養が無く、アレンジが上手く出来ずにボツになった曲のことをふと思い出して、メロディも何となく似てるし、当てはめてみるとこれがばっちりハマったんです!

歌詞はメチャ気に入ってた曲やったんで、全く問題無くそのまま使えてしまったから、一瞬で新曲『胸さわぎのウィークエンド』が完成しちゃいました!まだフラメンコ調のこの曲をたかしが歌うんが、全くイメージ出来へんのですが、こんな曲演ってるバンドとか聴いたことないし、パコほどの超高速ソロは無理やとしても、頑張ってアコギでのスパニッシュ系速弾きに挑戦してみよっかなぁ~♪
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-01-26 01:24 | Music(20)

『Jam & Cool』 歌詞

今日はリクエストもありましたんで、“JAM & COOL”の為に書き下ろした新曲、『Jam & Cool』の歌詞を紹介したいと思います。

Jam & Cool
          Words & music by ROCKY


Jam & Cool 火傷したっていいんじゃない?
Jam & Cool 今宵あなたと funky night
Jam & Cool

阿漕な奴等とアコギな夜を
アコースティックにロマンティックに
楽しく過ごせばマジで so very nice

☆ Repeat

ちょっぴり甘いジャムのようなメロディ
すっきりクールでタイトなリズム
感じてくれたらココはもう paradice

☆ Repeat

Jam & Cool 熱いソウルが in the night
Jam & Cool 伝わらなけりゃ忍びない
Jam & Cool 触れ合えるまで帰さない
Jam & Cool 勃って湿って groovy night
Jam & Cool

Jam & Cool ...

…ってな感じですがいかがでしょうか?メロディが無いと雰囲気掴みにくいと思いますが…。

f0119519_2142239.jpgギター的には今まで俺がほとんど使わなかったコードなんかも、バンバン登場してますねぇ~!写真の「E69」なんかもその1つ。
5弦7フレットを中指、4、3弦を人差指、2弦7フレットを薬指、1弦7フレットを小指、親指で6弦をミュートするという、左手の指総動員の大変なコードですが、とっても美しい響き♪こりゃ~ええコード見つけたと思ったら、当たり前にコードブックに載ってました(涙)人差指でしっかり2本の弦を押さえることと、親指での6弦のミュートに注意しましょう!

そんな話をしてる間に、また新曲が出来そうです。今年はなかなか滑り出し絶好調!!これもまた今までの俺の作品に無かったタイプで、まだギターで音は取ってないけど、難しそうなコードトーンが頭で響いてます(汗)ディミニッシュとか出て来そうやし、何かとってもジャジーだ…。
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-01-21 02:41 | Music(20)