カテゴリ:Diary(33)( 34 )

またまた奴等がやって来た!

神戸と名古屋という離れた場所にいながら、とても親しくしていただいてる世界最狂のガレージペダルメーカー“SHIGEMORI”のお2人が、神戸営業のついでに会いに来てくれました!

今回は「TONE BLUE」への「STONE DRIVE CUSTOM」の緊急納品。
f0119519_15351100.jpg
HPにアップされた途端、もう既に奥側のブラックは売却済み!これを書いてる時点で手前のシルバーも残ってるかどうか(^_^;)
現物は写真で見るより何倍もキラキラしててメチャ綺麗でしたよぉ~♪

神戸営業のついでに…などと書きましたが、納品がついでで『まゆみ』行きが本来の目的なんであります…って、これは内緒でヨロシク(^^ゞ
初めて彼等が神戸を訪れた時に『まゆみ』へ案内して、それ以来大ファンになってしまい、禁断症状が出ては「神戸に営業に行く!」と頻繁にやって来るのです!だって納品なら宅急便のが安いもん(笑)

f0119519_15173371.jpgf0119519_15181266.jpg
土曜日の混んでる時間帯に行ってしまい、2時間近く待たされましたが、スタミナ豆腐にモダン焼(写真参照)、キムチ焼、地鶏のタタキ、豚テキ、オニテツ、梅しそそば、ギョウザ、ニラもやし、しいたけバター…と爆食!

“SHIGEMORI”のお2人はもちろん、今回一緒にやって来たお2人と親交のある愛知のギター/ベース工房“Brillbate(ブリルベイト)”のお2人も、その美味さとニンニクの量に感動しておりました♪
また新たに『まゆみ』中毒患者を増やしてしまったようだ(^皿^)v

もちろん最近忙しくなってなかなか神戸に来れなかった“SHIGEMORI”のお2人と、久々に会って『まゆみ』でワイワイと、裏話や苦労話などで盛り上がったのも楽しかったんですが、何と言うても今回1番嬉しかったんは、最初に会った時と何も変わっていないことでした!
f0119519_1535062.jpg
俺が「“SHIGEMORI”の…」って口にすると、誰もが「何それ?」って言うてた頃から、「俺等が世界最狂!必ず世界制覇してみせるっ!!」って熱い野望を語っていたし、もちろんそれは今でも変わらない。

でもそれが次第に現実になりつつあり、“SHIGEMORI”の名前がメジャーになって来た現在でも、お2人の姿勢や考え方などは、当時と何も変わってないし、急に横柄な態度になることもない。有名になったり売れたりすると、態度がコロッと変わる奴がよくいるが、“SHIGEMORI”のお2人は無名時代から態度がデカいのでほんまにええ奴等である(笑)

今度はこっちから“SHIGEMORI”の秘密基地に乗り込んで、隠し持ってる試作機や秘密兵器を片っ端から弾き倒してやるから、首を洗って…いや、「SD CLASSIC」を磨いて待っとれぇ~っ!!(^皿^)/~
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-04-21 15:50 | Diary(33)

新年明けましておめでとうございます

喪中ってこともあり、今年は年賀状を出せないんで、皆様には新年の御挨拶をココでさせていただきましたm(__)m

年末はあちこちの忘年会に誘っていただき、なかなか酒が抜けない日々を送っておりましたが、やはり『まゆみ』忘年会は外せないのであります♪

f0119519_11123762.jpg『まゆみ』も正月休みに入るんで、開店時間前から年の終わりはニンニクでシメようって言う50人近い長蛇の列にビビリました!
しかし、こういう事態は予想してたんで、バッチリ2番手をキープ(^皿^)v
いきなり満席&行列で、追加オーダーは出来ないというルールなんで、全部食い切れるんかってくらいの注文をしました。
写真はオニテツとコンニャクですが、最初に運ばれて来た御馴染みの豚テキは秒殺でなくなりました(笑)

f0119519_11295667.jpg続いてニラもやし、キムチポッカ、厚あげ、ギョーザ、ズリ塩、そして写真のモダン焼と余裕で完食です♪
完食する頃には、行列もええ具合になくなって、何とか店内も落ち着いたんで、じゃがバターと豚焼きを追加…って、まだ食うんかいっ!!(x_x)☆\(ー。ー#)

もう何度食っても飽きない美味さに、酒もガンガン進んでしまい、安い『まゆみ』でお1人様¥6,700超えで驚きました(^_^;)

「ちょっとしたコースディナー行けるんちゃうんっ!?」って思うでしょうけど、やはり満足度が全然違うんですなぁ~♪
結局、開店時間に入って閉店までいて、そこから6名中4名は我が家に移動して、スタンプカードが満杯になってもらった『まゆみ』特製焼酎と、我が家にあった日本酒1本を空けてしまいました(*^^)_U☆

正月はちょっと大人しくしてようか?と思てます(^^ゞ
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-01-01 11:55 | Diary(33)

出会い

今年も残すところ18日となりました。毎年この時期になると、誰もが口々に「今年もアッと言う間やったなぁ~」となどと言うわけですが、過ぎてみればそう感じるだけで、1日24時間、1年で8760時間もの時を過ごしてるはずで、アッと言う間なわけがないのです!
何となく新年を迎えてしまうんではなく、1年の終わりに振り返ってみると、決して「アッと言う間じゃなかったなぁ~」と気づくことも多いのです。

昨年末にバンド活動を休止して、2007年は“JAM & COOL”というアコースティックユニットで活動して来ました。考えてみれば呑みの席での軽いノリで結成し、軽いノリでレコーディング、軽いノリでライヴ、軽いノリでワンマンと、「もっと真剣にやれば…」という思いが心のどこかにあるんですが、この遊び感覚を失いたくなかったのです。

そんな軽いノリで“JAM & COOL”を続けてる内に、今年は色んな素敵な人達との出会いがありました!バンドやってる時は、チヤホヤされてる感があって、寄って来る人間は必ずしも信用出来るとは限りませんでした。
「“JAM & COOL”?何それ?バンド?」って言われるような駆け出しの新人コンビにはそれがない!何のメリットもないのに、声をかけて来る見知らぬ人達は、単純に“JAM & COOL”の音楽に、あるいは相方や俺に、何らかの魅力を感じてくれているんだと思う。

そういう昨年は全く知らなかった人達と出会って、その人達と膨大な時間を過ごしました!決して「アッと言う間」ではありません。人間死ぬ時にも「考えてみれば人生アッと言う間やった…」と言うことがあります。

俺は長い人生を(短いかも知れへんけど…)、たくさんの人達との出会いや共有した時間を、単に「アッと言う間」という一言で締め括りたくないと思うのです。だから1年1年、その年の終わりに振り返り、嫌なことはスパッと忘れ、楽しかった思い出は記憶の中に刻み込んで、素敵な出会いに感謝する気持ちを失いたくないのです!

あれ?俺らしくない日記を書いてしもたなぁ~(^^ゞ
いやいや、マジで今年素敵な出会いをプレゼントしてくれたそこの貴方!俺と出会ってくれてホンマにありがとうm(__)m
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-12-13 04:12 | Diary(33)

久々の再会

「どうも~、ROCKYさんお久し振りっすぅ~!」
んな感じで街中や楽器店、ライヴハウスなどで声をかけられることはよくあるんですが、「おぉ、元気~っ?」などと言いつつ、正直相手が誰なんかわかってないことも多々あります(^^ゞ

相手は俺の名前を知ってて、気軽に話して来るんやから、きっと過去に絡んだことがあるはずなんですが、名前はおろか顔すらも全く見覚えがないのです!俺はどっちかって言うと、記憶力には自信がある方…。

ただし、過去に対バンとかしてても、まるで印象に残ってないバンドの方が多いのは確かで、もし相手が「以前○○○で対バンした時に、“○○○”ってバンドでギター弾いてた○○です!」って言うて来ても、サッパリ思い出せないってことは多いのです(^_^;)

逆に印象に残ってるバンドや、ミュージシャンは決して数は多くはないけど、何年経っても覚えているもんなんです。そんなバンドの1つに“渚のロックンロールバンド”があります。
f0119519_18343845.jpg
夕べはこのバンドのヴォーカルのまねきねこさんと、ギターのじゃいやんさんに久々に再会して、美味い酒を呑んで来ました♪

さっきの話じゃないですが、どこにでもいるようなバンドってすぐ忘れますが、個性的なバンドはよく覚えていて、“渚のロックンロールバンド”の中心人物でもあるこのお2人は、名前も顔もしっかり記憶されておりました!

f0119519_1844122.jpgギターのじゃいやんさんは対バンした当時は“Bad Cat”というメーカーのアンプを使用していて、アンプ直でかなり豪快でゴキゲンなサウンドを出していました♪
写真を御覧になってわかるように、「顔で弾く」ギタリストであり、トレードマーク(?)でもあるトサカと、定番のユニークな衣装とのミスマッチが印象的で、風貌に似合わずとてもシャイな男でもあります(笑)
2005年、“WILL”がそろそろ解散するって頃に1度対バンして以来ですから、ほぼ2年以上会ってなかったんではないでしょうか?

何やら“BeCOOL”のベースのノムさんとは交流があったようで、ノムさんから「今夜“渚のロックンロールバンド”の2人と呑みに行くねん」という情報を聞き、たまたま俺は夜の予定をキャンセルされてしまって暇やったんで、強引に呑み会に参加させていただきました(^皿^)v

久々の再会ではありましたが、ここには書けないある人の悪口大会で盛り上がり、大変楽しい時間を過ごさせてもらった上に、呑み代までおごっていただいて本当にありがとうございましたm(__)m

セッションの話、忘れんとってねぇ~(^o^)/~
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-11-18 19:24 | Diary(33)

ミーティング(?)

先週末久々に“BeCOOL”の最強のリズム隊と、“JAM & COOL”とでミーティングをしました!今度スタジオでセッションしょうかぁ~ということになったんで、どんな曲を演るのか?ただのジャムセッションなのか?そして、日程はいつにするんか?等を決める為に集まったのです。

別にわざわざ集まらんでも、メールか電話で済ましゃええやんって話ですが、たかしはほとんどドラムのKAZUさんとは打ち上げくらいでしか喋ったことがないし、まずは呑んで喋って打ち解けてからということやったけど、ミーティングの会場に選んだ場所が悪かった(^_^;)

『まゆみ』です…。
f0119519_5244717.jpg
御覧のようにアッと言う間に鉄板は一杯になり、ひたすら黙々と食い、呑み続けるメンバー達。口を開けたら「メッチャ美味~いっ!!」か、「すんませ~ん!ビールお代わり~っ!!」しかありません(-_-;)

1時間半近く待たされて、腹ペコ状態だったんもあるんですが、「そろそろミーティングでも始めよか?」ってなった時には、もう俺以外のメンバーは、ほとんどええ感じに出来上がってしまいました(笑)

結局セッションの日程も何も決まらんまま、ミーティング…いや、ただの呑み会はお開きになりました。でもこんなに美味くて楽しいミーティング(?)なら、月に1回はやりたいもんですな(^^ゞ

さて、いよいよ12月8日(sat)、“JAM & COOL”ワンマン忘年会『いちごとミントの加納町祭り』の予約受付が、明後日に迫りましたよぉ~!皆さん、準備の方はよろしいでしょうか?11月10日(sat)午前9時よりメール、コメントのみによる予約受付スタートです!
くれぐれもフライングしないよう、よろしくお願いしま~すm(__)m
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-11-08 05:43 | Diary(33)

acoustic bar KIRRA

ライヴハウス、野外ステージ、ホール、バー、体育館など、過去に色んな場所でライヴを演って来たけど、人間同士でも「馬が合う」とか言うように、ライヴ会場でも馬が合うと言うか、相性のいい所とそうでない所がある。

相性のいい会場というのは、ただ単にそれがPAの機材の良し悪しだったり、腕の差であったり、会場の音響とかも大きく関係すると思ってたんやけど、何か最近は「でもそんなの関係ねぇ~♪」と感じ始めた(笑)

何かその会場に漂う雰囲気とか、そのハコ自体が持ってる空気、オーナーやスタッフの性格や対応、人柄であったり、あらゆる意味での匂いとか、目や耳で感じるもんだけじゃなく、肌で感じるようなことが、その日の演奏に大きく関係するように思えて来た。

f0119519_2254194.jpg先月、9月15日(sat)に初めて「acoustic bar KIRRA」というバーに“JAM & COOL”でゲスト出演した。
お世辞にも音響設備が優れているとは言われへんし、照明が整っているわけでもないし、演る側としては決して心地良いと言える環境ではない。
でも、俺は“JAM & COOL”としては初めて、最初から最後まで気持ち良くプレイ出来た♪
そりゃ~音はベストじゃなかったかも知れへんが、久々に「馬が合う」と感じたハコだ!

俺にしては珍しく「またココで演りたい!」と思ったのである。いくら設備が整っていても、馬が合わないと、何度足を運んでもいい音でプレイ出来なかったり、気持ち良く演れない場合も少なくないが、「ココは好き!」って場所では、どんどん音も良くなって行くし、毎回気持ち良くプレイ出来る!

「acoustic bar KIRRA」は、オープンして半年だそうだが、“JAM & COOL”を結成してからもほぼ同じ。しかもマスターは相方たかしの兄貴である!兄貴がマスターだからと言って褒めているわけじゃない。逆に気に入らなければ、俺ならボロカスに言うだろう(^^ゞ

今月13日(sat)は再び『KIRRA LIVE Vol.4』のゲストとして出演しますが、間違いなく前回よりグ~ンと良くなった“JAM & COOL”が観られることと思います(^皿^)v
そして、今回はライヴハウスでは絶対に観ることが出来ない、“JAM & COOL”のバースタイルでのライヴを計画しています!えっ?バースタイルってどんな感じって?ん~、我々も演ってみんとわからん(^_^;)
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-10-06 03:04 | Diary(33)

ハプニング

先週の土曜日に行われた『KIRRA LIVE Vol.3』に、お忙しい中観に来て下さった皆さん、そしてマスター、出演者の皆さん、どうもありがとうございました!そしてお疲れ様でしたm(__)m

急遽決まったライヴでしたが、新曲『早撃ちキッド』、『Merry-Go-Round』も目立ったミスもなく楽しくプレイ出来たし、なかなか好評やったし、CDもほとんどのお客さんに買っていただいて良かったです(^皿^)v

ライヴ後の朝までコースの打ち上げも、大セッション大会になって楽しかったんですが、楽しかったのはここまで!たかしが車で家まで送ってくれるってとこまでは良かったんですが、家の近所まで来たところで、ボンネットから煙をモウモウと上げて突然エンスト(^_^;)

まだ家までもうちょっとってとこやからマシでしたが、ウチの駐車場まで俺が車を押して行く破目になってしまいました!でもたかしは電車で帰ることが出来たし、あのままたかしが帰ってたら、六甲山の途中で1人ぼっちで停まってたことを考えると、不幸中の幸いやったかも知れません。

翌日にはソロライヴも控えてるしってことで、その日の晩にツレと一緒に車を取りに来ました。そしてツレの車でたかしの愛車を牽引するわけです。
f0119519_6234796.jpg

御覧のようにロープを引っ掛けて準備完了!さぁ~出発…ブオォ~ッ!!ズズズズズ…駐車場を出ようとしたら、なかなか進まず引きずられる「たかし号」。サイドブレーキ引いたままでしたヽ(__ __ヽ)ドテッ

今度は無事に駐車場を出たところで停めて、軽く挨拶をして出発!
「ほならお疲れさんでしたぁ~!」
「気ぃ~つけて帰りよぉ~!」
ブオォ~~~ッ!!
「わぁ~~~!!」
「たかし号」をその場に残し、ロープだけを引っ張って行くツレの車(笑)

駐車場を出たとこで停めて、ロープが弛み過ぎたのと、しっかりフックが掛かってなかったのか、前の車だけ行ってしまった!慌てて大声出して追いかけて、もう1度やり直して出発。21時過ぎに出発したんですが、「只今無事に搬送終わりました」とのメールが入ったのはもう0時前!

安過ぎる中古車は気をつけましょう!御苦労さんでしたm(__)m
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-09-17 06:56 | Diary(33)

バンドやりたいっ!!

バンド活動を休止して、もう7ヶ月以上が過ぎた。
確かに当初の予定であった、新たに活動を始める時、もっと音楽性の幅を持たせる為に、色んな音楽を聴くこともやってるし、エレキももちろん弾いてるし、“JAM & COOL”をやって刺激も受けつつ、アコースティックの良さを再認識したり、勉強や努力はやってるつもりだが…。

“JUNGAPOP”の素晴らしいライヴを観て、是さんのカッコええギタープレイを聴いて、凄ぇ~バンドがやりたいと思った!やっぱ俺の身体にはバンドマンの血が流れてるんやなぁ~と実感した。

“JAM & COOL”用に曲を書いてても、やっぱり頭の中ではKAZUさんやNOMさんのベースが鳴っていて、聴こえて来る俺のギターの音はやっぱりエレキの音がしている。まずは、それらをアコースティック2本に置き換える作業から始めているのが現状だ。

“JAM & COOL”というアコースティック・ユニットは楽しいし、そういう作業もまたアレンジの勉強になるし、ギター2人でやることで、今まで知らなかったコードもたくさん覚えたし、実際に使えるようにもなった。
でも、今それがやれてるというのは、メインとして考えているバンドがあるからこそで、バンドがなかったらアコースティック・ユニットをやろうとは考えなかっただろうし、また次のバンドやメンバーを探していたはずだ。

先日、たかしと久々に練習したけど、新曲の『Merry-Go-Round』もええ感じに仕上がって来たし、2人の息も合わせるたびにピッタリ来てるし、ギターのコンビネーションもレコーディングの時以上に良くなっている♪

やっていて楽しいし、刺激ももちろんあるんやけど、どっかに物足りなさを感じている自分がいるのは確かだ!それが何なのかがずっとわからんかったけど、“JUNGAPOP”のライヴで、楽しそうにギターを弾いてる是さんを観て気づいた。やっぱ俺はこっち側の人間なんやなぁ~と…。

“JAM & COOL”のCDのタイトルが『Killing time』。「暇つぶし」っていう意味やけど、正しくその通りで、バンド活動を休止して暇やし、暇つぶしでやってるからっていう意味を込めたタイトルだった。

アコースティックの楽しさや、難しさを改めて知ったのは間違いないけど、同時にエレキやバンドの楽しさ、素晴らしいリズム隊の重要性も改めて感じた!半年以上もバンドをやってないと、ウズウズしている自分にも気づいた。俺の本領を発揮出来るんはやっぱエレキやし、バンドなんやろなぁ~と思っている今日この頃のお話でした(笑)
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-07-31 03:43 | Diary(33)

“JUNGAPOP” LIVE

最近仲良くさせていただいてる、元レベッカのスーパーギタリスト、是永巧一さんが現在正式メンバーとして参加している“JUNGAPOP”(ジャンガポッポ)のライヴに、先日三宮「MERSEY BEAT」まで行って来ました!

“米米クラブ”のドラマーのRYOUJIさんや、元“ハウンドドッグ”のキーボードの蓑輪さん、ウルフルズのサポートなどでもベースを弾いてたことでも知られる高橋“Jr”知治さん、ヴォーカルに尾上一平さんと、凄腕のミュージシャン揃いのバンドで、リハーサルからお邪魔させてもらい、是さんが1人1人紹介もしてくれました♪

ライヴはじっくり観させてもらおうと思ってましたが、もう1曲目からメッチャええ感じで、俺好みのファンキーなサウンドで自然に身体が動き始め、是さんのギターもさすがプロ中のプロっちゅう余裕のプレイで、色々勉強になることの多かったライヴを見せていただきました!

リハから本番までの間は一緒に三宮、元町辺りをブラブラし、「TONE BLUE」に立ち寄って、以前ココでも紹介した噂の“SHIGEMORI”の新製品、MID STONE(仮)の試奏をしました。この素晴らしいオーバードライヴについては、また近々ココで詳細を紹介したいと思います!

ライヴ終了後は、偶然「BACK BEAT」でソロライヴを演ってた、たかしも“JUNGAPOP”のライヴから合流して、前回残念ながら行けなかった『まゆみ』へ打ち上げに行くことになりました!
f0119519_19543670.jpg
是さんも楽しみにしていた『まゆみ』の豚テキ、オニテツなど、次々と出て来るメニューを大絶賛♪あちこちのツアー先で美味いもん食ってるやろうからちょい不安でしたが、喜んでくれたんで安心しました♪

神戸に営業に来ていた“SHIGEMORI”のお2人も同行してたんで、音楽やらペダルの話で盛り上がり、色んな意味でお腹一杯(^皿^)v
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-07-23 20:05 | Diary(33)

R☆J LIVE LIVE 2007

先日神戸オリエンタル劇場で行われた「R☆J LIVE LIVE」というロックミュージカルに、元レベッカ、スタジオミュージシャン、プロデューサーとして有名な超絶ギタリスト、是永巧一さんに御招待されて行って来ました!

ミュージカルと言うても、生演奏がたっぷり堪能出来たし、ギタリストとしても凄い楽しめましたが、ライヴ後のステージに呼んでいただき、まだ1度も実物を見たことなかった“FUCHS”のアンプやら、“Saijo”の是さんモデルも弾かせてもらったのが何より感動ですがなぁ~♪
f0119519_19181133.jpg
ハンバッカー搭載の是さんモデルも、もちろん最高にええ音してましたが、写真の白のインスパイアもこれまた抜群でした!もっと色々弾きまくりたいという気持ちもあったんですが、現役のスタジオミュージシャンが現場で使用するギターの、音のバリエーションの秘密をチェックするのに、オモチャを与えられた子供みたいに夢中になってしまいました(笑)

以前このブログでも紹介したこともある、名古屋のペダルガレージメーカー“SHIGEMORI”の「STONE DRIVE」を持って行ってたんで、是さんに渡して試奏していただきました!

f0119519_19264349.jpg「これメッチャいい音するねぇ~!今まで使ったオーバードライブで1番いい音してるかも~!」と、“FUCHS”アンプと“Saijo”ギターの組み合わせで、やはり素晴らしい音を出しておられました♪
是さんにも大変気に入っていただけた様子で、この3日間のミュージカルが終わったら、またスタジオの仕事で「STONE DRIVE」を使ってレコーディングするそうで、これからどんどん“SHIGEMORI”もメジャーな存在になって行くんじゃないでしょうか?

試奏後は神戸オリエンタル劇場近くの喫茶店で、たかしと共にモカオーレを御馳走になりながら、ライヴ後でお疲れのところを、楽しい一時を過ごさせていただきました♪
最後には“JAM & COOL”の出来立てホヤホヤのCDも受け取ってくれたし、7月の再会も約束出来たし、「また遊ぼうねぇ~!」ってガッチリ握手して、とっても気さくで優しいお兄ちゃんって感じのええ人でした(笑)

たかしが「ほんまに色んなフレーズ弾けますよねぇ?」って言うたら、「そりゃ~スタジオミュージシャンだもん!」って是さんが答えたのは笑えた!
そんなビックリするような質問を、うっかりたかしがしてしまうほど、気取ったところが全くなくて、ギター持ってないと超一流のスタジオミュージシャンってのを忘れるくらい、とってもいいお兄ちゃんでした♪
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-06-25 20:05 | Diary(33)