2008年 04月 28日 ( 1 )

メリハリ

「メリハリ」というのは「メリカリ」が転じた言葉で、「メリ」は「減り」で低い音、「カリ」は「浮り」で高い音を指す尺八などで使われる邦楽用語。

一般的にも「メリハリのある1日」とか、「仕事にメリハリをつける」とか、「俺はとってもメリハリボディが大好きですっ!!」(笑)などと、色んな場面で使われますが、バンドでも頻繁に使われる言葉の1つなのです!

通常は「減り張り」と書くんですが、これは緩めることと張ること。緩みっ放しでも張りっ放しでもあかんっちゅうことです。物事には適度に強弱があった方がええんです。それは音楽を演奏する場合でも一緒♪

でも最近このメリハリのないバンドの多いこと(-_-;)
イントロからラストまでずぅ~っと同じテンション、1曲だけならともかく、何曲演っても「これさっきも演ってなかった?」って感じの、テンポも曲調も同じで、音量の大小も抑揚もクソもあったもんやない!!
ヴォーカルは叫びっ放し、ギターはコードを掻き鳴らっ放し、ベースやドラムもそれに負けじと…ってバンド多いでしょ?

“JAM & COOL”はその辺のメリハリに凄いこだわるんです!元々バックの3人はそういうことを凄く意識して演って来た連中なんですが、だんだんそういうバンドにも慣れて来て、気持ち良く歌えることがわかると、たかしの要求がええ意味で欲張りになって来るんです(^_^;)

「Aメロは囁くように歌いたいからもっと抑え気味に!」とか、「サビで盛り上がり方が足らんからもっとガ~ンと来る感じで!」と言いたい放題…。
“JAM & COOL”バンド化直後は、結構トンチンカンなことを言うて、「?」な部分が多々ありましたが、最近は的を射たことを言うようになったんで、メンバーも大人しく従う場面が増えたように思います(笑)

次回のライヴでは是非その辺を他のバンドと比較して聴いてもらってもいいですし、単純に“JAM & COOL”だけを観て、歌や演奏のメリハリを楽しんでいただけたらなぁ~と思います(^皿^)v
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-04-28 15:42 | Band(75)