2008年 03月 26日 ( 1 )

邪魔 & COOL

『目は口ほどにものを言う』などと言いますが、目を見りゃ言いたいことがわかる、顔を見りゃ何を考えてるかわかるってのはええことです。でも、赤の他人がそうなるには、かなりの時間を要する場合が多いです。

バンドというのはほとんどの場合、赤の他人が集まってやってるわけですから、楽しくプレイする為には、黙ってても言いたいことが伝わるか、或いは意思の疎通が円滑に行われるかが必要になって来るのです。

ただ、頭の中で鳴っている音やイメージを、言葉で伝えるというのはほんまに難しい!ちょっと言葉の選択を誤ると、相手には全然違うイメージが伝わってしまうっていうのはよくあること。

現在の“JAM & COOL”がぶつかっている壁はまさにそれ!俺はたかしと1年間一緒にやって来たんで、大体の言いたいことはわかるんですが、リズム隊の2人は2ヶ月ちょっとの付き合いなんで、たかしがイメージしてることを、2人に伝えるのに時間がかかってしまい悪戦苦闘中(^_^;)

たかしには「たかし語」とでも言えそうな独特な言い回しがいくつかあって、「ダークな感じ」とか「タイトな感じ」、「ゆるい感じ」などというのが頻繁に登場するんですが…。一般的に考える「ダーク」とか「タイト」と、たかしがイメージしてるもんとでは少し開きがあるのです。

今回の練習で使われたのは「タイトな感じ」。一般的に「タイト」とはリズムがピッタリ合っていて、引き締まった感じを差すリズム用語で、「ルーズ」はその対義語になります。ウチのリズム隊は充分過ぎるくらいタイトな演奏をしていたのですが、その演奏に対してたかしに「もっとタイトな感じで」と要求され、リズム隊の2人は「?????」である(○_o;)

この時にたかしが言った「タイト」とは、音数の少ない間を活かした感じに近い意味で、実際に使われる「タイト」とは全く関係がないのです。だから、音数を減らせばルーズであってもOKであったりするわけだ(^^ゞ

そんなこんなで前回の練習で、たかしがいない間に好き放題にアレンジした新曲『wanna be』は、イントロ以外はダメ出し&却下されてしまい、ほとんど全てをやり直す結果になりました(T_T)

「先週やったアレンジは無駄になってもたなぁ~」と言うメンバーの言葉に、たかしが「俺がおったら邪魔なんかぁ~っ!?」と言うんで、俺が「これがほんまの“邪魔 & COOL”やわっ!!」と言い返してやりました(笑)

まぁ~こんなことはバンド結成直後はよくある話で、リズム隊の2人が早く「たかし語」に慣れてしまえばええだけのこと…ん~?たかしに一般的なバンド用語、音楽用語を教えた方が早いんとちゃうかぁ~っ!?
最近譜面の読み書きも出来るようになったしね(^皿^)v
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-03-26 05:52 | Band(75)