2007年 02月 17日 ( 1 )

BOSS TU-2 TRUE BYPASS

ライヴなどで音を出さずにチューニングするには、やっぱりチューナーは欠かせないツールなんですが、アンプ直派の俺にとっては、ギターとアンプの間にチューナーがあるだけで、音の劣化が気になるわけです。

f0119519_8363818.jpg俺がいつもライヴで使ってるんは“BOSS”のTU-2で、まぁ~チューナーでは定番機種やと思うし、“KORG”と並んで人気モデルなんじゃないでしょうか?
エフェクターを何個も繋いでる人は、あまり気にならないって言うか、劣化に気づいていないか、こんなもんやと諦めてると思うんですが、チューナーしか使わない俺はメチャクチャ気になってしまうんです!

別にギターのサウンドに何の関係も無い、チューナーを繋ぐだけで、これだけ劣化を招いてしまってええものか!?とずっと思っていたわけです!
エフェクターを使っていた頃も、トゥルーバイパスを採用している物を選んだり、それ以外のワウやオーバードライヴなども、全てトゥルーバイパスに改造していました。でもこのTU-2だけは「出来ない」と言われ続けていましたが、今回やっとトゥルーバイパス化に成功しました!

f0119519_8525898.jpg東京にある「ROOT20」というエフェクター工房で、TU-2のトゥルーバイパス化をやっていたんです。ネットでたまたま見つけたんですが、何とそれを「TONE BLUE」でも扱ってるじゃ~あ~りませんか!!
もっと早くに相談しておけば良かった…。そんなわけでTU-2のトゥルーバイパス化に無事成功しました!

そもそも「トゥルーバイパス」って何なのよ?って話ですが、エフェクターを繋ぐとエフェクトONの時もOFFの時にも、ギターの信号はエフェクターを通過するわけです。エフェクターの数が多くなればなるほど、信号が通過する回路が増えて劣化してしまうです。

それを限りなくバイパス音に近い状態(全くのバイパス状態と同じにはならないらしい)にするのが、このトゥルーバイパス化という改造です。通常はワウとかオーバードライブなど、繋ぐだけで劣化が激しいエフェクターに施されることが多いです。

気になるお値段ですが、TU-2本体持ち込みの場合が¥6,000、本体込みで¥16,800(いずれも税込)です。
チューナーしか使わない、音にこだわるアンプ直派のギタリスト、それにアンプ直が多いベーシストなどにもお薦めです♪もちろんエフェクター多用派の人達にも…えっ?効果のほどはって?
今夜の“JAM & COOL”のデビューライヴで早速試して来ま~す(笑)
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-02-17 09:21 | Equipments(43)