2007年 01月 04日 ( 1 )

Donny Hathaway/LIVE

f0119519_2212250.jpg今日はダニー・ハサウェイのライヴ・アルバム、名盤として有名な『LIVE』を紹介したいと思います。
ダニーはイリノイ州シカゴ出身の天才ソウルシンガーで、祖母がゴスペルシンガーだったことから、幼少の頃にはゴスペルに親しみ、従来の黒人アーティストとしては珍しく、ハワード大学でクラシックなどの正式な音楽教育も受けています。

バックグラウンドだけじゃなく、白人アーティストの曲をカヴァーするというスタイルも、当時としては珍しかったと思います。本作でもキャロル・キングの『YOU'VE GOT A FRIEND』、ジョン・レノンの『JEALOUS GUY』をカヴァーしています。
ライヴ音源の為、決して音質はいいとは言えませんが、そんなんどうでもよくなるほど、観客との一体感が感じられ、1曲目のマーヴィン・ゲイのカヴァー、『WHAT'S GOIN' ON』でいきなりやられてしまいます♪

f0119519_2422236.jpg彼自身がプレイするエレピのサウンドも気持ちええんですが、バックを支えるメンバーがこれまた凄いっ!!
あのウィリー・ウィークス(Ba)と、後に“EARTH,WIND&FIRE”に加入するフレッド・ホワイト(Dr)とリズムセクションは超強力やし、ギターは何と“STAFF”“THE GADD GANG”で有名なコーネル・デュプリーですがなっ!!こんなメンバーが織り成す絶妙なグルーヴ感と、ダニーの歌、エレピの絡みはホンマ最高です!

ダニー自身は裕福な家庭に育ちながらも、ストリートで過酷に暮す人々の立場で、自由や愛について歌うという矛盾、ジレンマがやがて彼を鬱病へと追い込みます。そして1979年、残念ながらNYのホテルの15階から飛び降り、33年という短い人生に自ら幕を下ろしました(涙)
しかし、多くのアーティストに与えた彼の影響は計り知れないし、彼が残した数少ない音源から感じ取れるパワーは、現在でも衰えることなく、間違いなく生き続けています!
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-01-04 03:15 | Music(20)