試奏大会

SHIIBA氏に完成した“SHIGEMORI”の「STONE DRIVE CUSTOM」を届けに行った。SHIIBA氏はエフェクターを自分で制作・モディファイもしてしまう、じゃいやんを通じて知り合ったギタリストである。

f0119519_11414142.jpg最初は「ROCKYさんの前で試奏するなんて恐れ多いですっ!!」などと言うてたちょっぴりシャイなSHIIBA氏だったが、やっぱ自分で買ったんやから、まずは自分で弾かんとってことで、愛用のムスタングとスタジオのJCでチェック。
「おぉ~~~っ!!」ともう既に「RUBY STONE」を所有してるSHIIBA氏には、「CUSTOM」の凄さはすぐに理解出来たようである。
けど5分ほど試奏したら「使い方を伝授して下さい!」と手渡された…。

「いや~伝授と言われても俺は持ってへんねんけど…」と言いつつ、自分の“Saijo”に持ち替えて、「CUSTOM」踏みっ放しでギターのヴォリュームやトーン、ピックアップセレクターを切り替えながら、クリーンのカッティングから激歪みのソロまでコントロール出来ることを説明。

「デカいし高いし重いけど、ええ買いもんをした♪」と納得のSHIIBA氏が、次に取り出したのは大量のお宝オペアンプコレクション!電気系統のことはサッパリの俺が見ても、何が凄くて何が貴重なんかまるでわからんが、マニアが見たらきっと凄いんやろう(^_^;)

何やらこのオペアンプっちゅう部品は、簡単に言うとペダルの歪みの質を決定づけるもんらしい。んで、俺の所有する「禅駆動」を使って、オペアンプを色々取っ替え引っ替えつつ、俺に弾いてもらいながら、SHIIBA氏自身もそれぞれの特徴を、今後の自作の為にも把握したいらしい。

f0119519_11402934.jpgf0119519_11404471.jpg
俺の「禅駆動」は御覧のように是さん(是永巧一氏)が所有してたもんだが、通常「禅駆動」の基本仕様であるオペアンプ「4558艶あり」の「D」ではなく、現在は「DA」が搭載されているが、「D」仕様を弾いたことないから違いわからんし、替えても大して変わらんやろうと高をくくっていたが…。

その「4558艶あり」の「D」はもちろん、缶タイプの貴重なもんとか、次々と試して行ったら「おぉ~~~っ!!全然音変わるやんっ!!」(╬☉д⊙)

f0119519_11474178.jpg小指の爪の先ほどしかない、こんな小っちゃい部品でこうも音が変わるとはほんま驚いた!
しかし、色々付け替えてる内に気づいたのだが、ある程度はピッキングやタッチで、自分の好きなサウンドに近づけてしまうのである。

最終的には1番ストレスを感じずに弾けた、「4558艶あり」の「D」に決定して落ち着きました♪ん~、オペアンプ恐るべし…でも、知らん間に取り替えられてても、俺は平気で弾いちゃいそうです(^^ゞ

SHIIBA君、長い時間お疲れ様でしたm(__)m
また機会があれば色々試して遊びましょうねぇ~(^o^)/~
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-05-28 12:05 | Equipments(43)
<< 時間の感覚 “JAM & COOL” ライ... >>