ピッカピカ

ドラムのKAZUさんとは阪神大震災があった、1995年のセッションバンドからの付き合いやからもう13年目になります。初めて音を出した瞬間から、お互いに運命的な出会いのようなものを感じました。

“WILL”ではメンバーが変わっても、KAZUさんだけはずっと一緒にプレイしていました。”BeCOOL”ではやっとKAZUさんが納得するベーシスト、ノムティが加入するわけですが、バンドとしては“WILL”の延長線上…っちゅうか、“WILL”で演っていた曲を多少アレンジしてプレイしてました。

“JAM & COOL”ではバックの3人は“BeCOOL”のまま、ヴォーカルがたかしに変わっただけですが、現時点で“WILL”や“BeCOOL”のレパートリーは一切演ってないのです。俺の曲はアコースティックユニットとしてやった1年間に作った曲ばかり。

「“WILL”や“BeCOOL”の時と全然違う」と、この前バンド化初のライヴを観に来てくれたお客さん達から言われました。実際、ハードなリフとかはないし、よりファンキー&ブルージーになったし、さらにジャジーなプレイなんかは“WILL”や“BeCOOL”では聴けなかったもの。

“BeCOOL”を始めた当時、ノムティは“WILL”と比較されることを嫌がりました。たかしは現在“WILL”や“BeCOOL”と比較されることを嫌がる。でも、俺とKAZUさんはそういうことを全然気にしてない。メンバーチェンジではなく、“JAM & COOL”は“JAM & COOL”という別のバンドという考え方。過去にやったバンドを引き摺ろうという思いは全くないのです。

「過去にやったバンドの方が良かった」と、離れる人がいたら悲しいことですが、「“JAM & COOL”の方が好き♪」と言ってくれる人、さらに新しいファンも必ずいてくれるのである。そして、今まさに“JAM & COOL”はバンドとしてスタートしたばかりで、“JAM & COOL”らしいサウンドってのはこれから確立されて行くと思う。

メンバーそれぞれが自分を抑えることなく個性を発揮出来て、そこに化学反応が起った時に、最高の“JAM & COOL”サウンドが生まれると考えているのです!そういう意味ではまだまだ若手の新人バンド…ん?誰やっ!?「若手とちゃうやろぉ~!」言うてんのわっ!!(x_x)☆\(ー。ー#)

誰が何と言おうとピッカピカの1年生であります☆(^皿^)v
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-04-01 01:18 | Band(75)
<< 気持ちええ瞬間 Jeff Healey >>