ダメ出し

次回ライヴでの発表に向けて、着手したたかしの新曲『wanna be』でありますが、サビに出て来る英語の歌詞を考えてくれとたかしに頼まれ、他の日本語の歌詞をじっくり読んだのをきっかけに、ダメ出しをしました。

予てから毎回たかしが曲を持って来るたびに、歌詞に対してはダメ出しをするので、きっと彼は迷惑がってることでしょう(笑)

対バンの爆音バンドの演奏が終わった後、「何を歌ってるかわからんからおもろなかった!」という意見をよく聞きます。ヘドバンやモッシュ(ステージからダイヴすること)してる連中なんかは、その行為やその場の雰囲気を楽しんでる場合がほとんどで、歌詞なんて別にどうでも良いのですが、日本人、特に女性はメロディやリズムよりも、歌詞を聴いている傾向が強いようです。だからバラード好きな人が圧倒的に多い。

歌もんのバンドをやってる以上、やはりメロディやリズムと同等に歌詞も重要で、決して軽視してはあかんと思うのです。「歌詞を知りたい」と言う人がいる以上、歌詞にもこだわりたいし、歌詞がちゃんと聴き取れるようなアレンジをしたり、アンサンブルにも気を使わなあかんのです!

でも日本語の歌詞っちゅうのはほんまに難しい!例えば英語なら「I love you」と3音で済むもんが、日本語では「私はあなたを愛しています」と15音も必要になって来る。あるいは「俺は君を愛してる」に変えても11音。さらに「I」や「You」などに関しても、俺や私であったり、あなたや君やおまえなど、代わりになる言葉がいくつも存在するのです。

英語でなら1コーラスで伝え切れる内容を、日本語やと2番や3番が必要になって来たりもする。でも、あえて説明的な歌詞にせずに、ある程度聴く人の想像に委ねる部分があったりするのが、日本語の歌詞の美しいところでもあり、長所でもあると思うのです。

まぁ~俺がちょっと大人っぽいエッチな歌詞の曲を一生懸命作っても、たかしに「俺の世界観にない」と言われて、あっさりボツにされてしまうんで、ダメ出しくらいしてもバチは当たらんでしょう(^皿^)v
[PR]
by ROCKY-sama | 2008-03-15 01:25 | Band(75)
<< 新曲アレンジ STONE DRIVE CUSTOM >>