イタリアンスパゲッティ

f0119519_16565993.jpgイタリアンって呼ぶのは実は関西だけらしくて、一般的にはナポリタンと呼ばれています!
喫茶店やレストランの定番料理ではありますが、実際にはイタリアに行っても「イタリアン」とか「ナポリタン」と名のついたパスタはありません。
トマトケチャップ自体がアメリカの調味料やし、アメリカでもケチャップを加熱するような料理はまずない。
イタスパは間違いなく日本で生まれた和食(?)なんです!

玉ネギ、ピーマン、ソーセージかベーコンを炒め、アルデンテに茹でたパスタ麺を入れて、塩コショウして喫茶店ではケチャップ、レストラン等ではトマトピューレを加えることが多いです。

俺の場合はニンニクを最初にたっぷり入れて、玉ネギ、ピーマン、ベーコンに加え、必ず茄子も入れてます。それとケチャップではなくホールトマトを使い、最後にタバスコと隠し味に薄口醤油を少量加えます!
予め熱しておいた鉄板に移し、バジルを振ってからジュ~ジュ~言わせながら食べるともう最高でございます~♪
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-03-14 17:18 | Foods(27)
<< えらいこっちゃ!! “JAM & COOL” 練習 >>