TOWER OF POWER/OAKLAND ZONE

f0119519_357315.jpg最近ジャズやボサノヴァなど、タラ~ッと癒される感じのばっかり聴いてたんで、久々にファンキーでガツンと来るやつ聴きたくなって、CDラック見てたら目に止まったんがこれ!
“TOWER OF POWER”はず~っと大好きで、まだ俺がギターソロをガンガンに弾きまくってた頃から聴いてました。(今でも弾きまくってるやんって言うてんの誰ぇ~!?)

これは2003年発表の作品なんですが、何と6年振りのスタジオ録音で、「伝説のドラマー」デヴィッド・ガリバルディが復帰後初のアルバム。もちろん復帰してから来日した時は、KAZUさんと生で観ましたが、ロッコとのコンビネーションに鳥肌が立ちました(汗)

f0119519_4124572.jpg「ロッコって誰?」って方の為に紹介しますと、“TOWER OF POWER”の看板ベーシスト、フランシス・ロッコ・プレスティアのことです。
「ファンキー」って言うと普通スラップ(チョッパー:親指等で弦を叩いて音を出す奏法)と考える人が多いですが、彼の場合は全くスラップを使いません!でもめっちゃタイトでファンキー♪

でも肝臓を患い、何度も昏睡状態に陥るなど、一時はこのアルバムが遺作になるかとも思われましたが、無事肝臓のドナーが現れてロッコは一命を取り留めたのです。これでガリバルディとの最強リズムセクションがまた聴けるわぁ~と、今は安心してこれを聴けるわけです。

肝心のこの『OAKLAND ZONE』のサウンドですが、そりゃ~悪いはずがありません!相変わらず最高にファンキーな気持ちええサウンド♪
“TOWER OF POWER”は非常にメンバーチェンジが多いバンドなんですが、主要メンバーが不動な限り、“TOWER OF POWER”サウンドが大きく変化することはありません。

ギタリストにとっては退屈なバンド、アルバムかも知れんけど、今回新加入のジェフ・タメリアってギタリストも結構頑張ってます。こんなリズムセクションでカッティングしたら、どんなに気持ちええやろなぁ~って思う羨ましい感じのプレイで、ついついギターを片手に、身体を動かしながらノリノリで聴いて(弾いて?)しまいます(笑)

ん~、寝起きに聴いたけど完璧目ぇ覚めたわぁ~!やっぱ“TOWER OF POWER”は最高っすぅ~♪逆に「そろそろ寝よ~」って時に聴くと、ギンギンに目が冴えて眠れんようになるんで要注意です!!
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-02-10 06:10 | Music(20)
<< 食・食・食 BugsGear OQC-40E >>