Fender Mustang

f0119519_230482.jpg
「わぁ~!!とうとうROCKYムスタング買ったんかぁ~!?」って思いました?いや~、CHARさんは好きですけど、俺はムスタングは持ったことないし、今後も使うことないでしょうねぇ~。ムスタングっていう名前の通り、慣れるまでが大変なじゃじゃ馬さんで、ストラトを弾き慣れてる俺にはちょい厳しいかなぁ~って感じです。

このじゃじゃ馬さん、実は“JAM & COOL”のたかしのメインギターでして、何やらリアピックアップの音がおかしいし、フレットやナット、ペグまで結構ヘタってるようだと聞きまして、こりゃ放っとけんてことで早速俺の行きつけのギターショップ、「TONE BLUE」に紹介がてら一緒に行って来ました。
俺もちょっと目的有りやったんですが、その話はまた別の機会にして、今回は超マニアックなショップに来て、緊張気味のたかしが見てておもしろかったんでネタにしてみました(笑)

f0119519_2302543.jpg「TONE BLUE」は置いてる楽器もハイエンドなもんばっかでいいですが、リペア(修理)もとても優秀なんでプロのお客さんも多いですし、今日渡して2~3日で出来るなんてことはほとんどなく、その内容にもよるけど2~3週間待ちなんて当たり前なくらいリペアは混んでます。
たかしのムスタングはフレット交換などもあったんで、1ヶ月待ちを言い渡されてしまい、愛器とのしばしの別れを惜しみ、自分のムスタングの写真を撮ってました(笑)

そんなこんなで落ち着かないたかしは、狭い店内を終始ウロウロしたり、うん十万もする高級ギターを試奏したりとそれなりに楽しんでる様子でした。肝心の愛器もフレットがJim Dunrop社製の#6100になるし、ヴォリュームやトーンポット、配線材もグレードアップするしで、オモチャ屋さんに来たお子ちゃまのようでした(決して人のことは言えませんが…)
けど、安易にピックアップを交換するんもいいですが、目に見えない地味~な改造でも、ノイズの軽減とか演奏性の向上、音自体の変化も充分感じてもらえるはずやし、俺の愛器でもないのに本人同様1ヵ月後の出来上がりが今からメッチャ楽しみです♪

楽しみと言えば、何と“JAM & COOL”のデビューライヴが決定っ!!まだちゃんと練習らしい練習したんは1回だけやのにエライこっちゃでぇ~(汗)
また、詳しいことは明日にでも報告しま~す!
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-01-30 03:01 | Equipments(43)
<< “JAM & COOL” デビ... 『胸さわぎのウィークエンド』 歌詞 >>