あるあるとペコちゃん

最近世の中どうなってんでしょうねぇ~?皆さんも既に御存知やと思いますが、関西テレビの『発掘!あるある大辞典Ⅱ』で、納豆ダイエットを紹介した際、内容にねつ造があったっちゅう事件。何か最近のTV番組ってヤラセが多いし、真剣に観よって感じしませんわぁ!

「~ダイエット」って企画があるたびに、店頭からある商品が姿を消す。最近では寒天とかヨーグルト、ココアなんかも一時期全く無くなりましたよねぇ?今回も納豆が品薄、品切れの状態が続き、全納連(全国納豆協同組合連合会)が、番組に対して「遺憾の意を表する」などと言うてたようですが、もしこの不祥事が無ければ、儲かって良かったで済んだ話かも。

まぁ~納豆がこの世から無くなればええと思っている俺は、店頭から全く納豆が無くなったんで、スーパーとか行っても快適に買いもんが出来るんで、ある意味『発掘!あるある大辞典Ⅱ』には感謝しております(笑)

f0119519_0132545.jpg許されへんのは不二家やっ!!子供に夢を売る商売しとって、おまえらは一体何をやっとんねんっ!?ガッカリしたんは子供だけとちゃうどぉ~!俺が小学生の時、初めてヴァレンタインにチョコレートもろたんは、不二家のハートチョコレートやったんやぁ!期間限定販売されるはずやったのに…。

ヴァレンタイン時期になると、コンビニやスーパー、お菓子屋さんで不二家のハートチョコレートを見かけると、小学生の頃の淡い想い出が甦って来るんですよ。放課後校庭で遊んでたら、クラスのマドンナのYちゃんがやって来て、「ロキオ君、これ…」と赤い包みを俺に渡して、顔を真っ赤にして走り去って行きました。

嬉しくてすぐに食べることも出来ず、家の机の引き出しに初めてのラヴレターと一緒に大事にしまってました。久し振りに引き出しを開けて見ると、机の位置が陽当りのええ場所やったんと、家の暖房のせいで、何の形やわからんくらい溶けてグチャグチャに変形してました(涙)
そして、俺がしばらくして転校してしまったんで、Yちゃんとの淡い初恋は終わってしまいましたが、不二家のハートチョコレートを見ると、あの頃のままのYちゃんが…。

まぁそれはええとして、俺も永遠のハタチとか言うてるから偉そうに言えんけど、ペコちゃんは永遠の6歳児らしいやんかぁ~!ペコちゃんが生まれたんは1950(昭和25)年、今年で推定年齢57歳やぞぉ~!年齢詐称疑惑も絡んで来るんとちゃうかぁ?しかし、いくら若作りしてるとはいえ、ちょっと57歳でペロッと舌出されたら引くなぁ~(汗)
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-01-22 00:46 | Diary(33)
<< 相方のライヴ告知 『Jam & Cool』 歌詞 >>