“JAM & COOL” 初練習

先日“JAM & COOL”の初練習をしました。俺がバタバタと忙しかったんで、ほんの2時間ほどの練習やったんですが、なかなか内容の濃い時間を過ごせました。

今回の練習の最大の目的は、この前出来た『JAM & COOL』をたかしに聴かせることでした。まずはたかしのギターパートのコードを教え、同時に演奏出来るように練習。次に俺がそれに合わせて歌って、曲全体の雰囲気を聴かせるという手順でした。
たかしにボツにされる可能性ももちろんあるんで、内心ヒヤヒヤもんで聴いてもらいましたが、「この曲いい~っ!!」と気に入ってもらえたようでまずは一安心。でもやっぱりギターはかなり難しかったようです(汗)それでも1時間ほど演ってたら、2人のギターが絡み始めて、最大の難所でもあるユニゾンフレーズも、耳から煙が出ることもなくクリア出来ました(笑)

歌詞もたかしにじっくりチェックされましたが、「エロかわカッコいい」歌詞だそうです。「エロカッコいい」中に「可愛さ」があるそうで、短時間で書き上げた割には俺も気に入ってます。でも、納得いってない箇所があったし、たかしが歌ってるのを聴いて、またアイデアが浮かんだんで、今はさらにパワーアップしてます!今度『JAM & COOL』の歌詞でも載せよっかなぁ~?

たかしも現在制作途中の新曲を、CD-Rに焼いて持って来てました。『エクボ(仮)』というしっとりとしたラヴソングは、俺も今勉強を始めたばかりのボサノヴァ調の曲で、まさに俺にとってはタイムリーです♪
CD-Rにはパーカッション等も既に入っているんで、“JAM & COOL”で演るにはアコギ2本のアレンジに変更しなければなりません。さて、彼はこの曲を俺にどう料理してほしいんでしょうか?そのCD-Rを夜中に何度も聴きながら、イメージを膨らませるのですが、ボサノヴァ初心者の俺には、また耳から煙が出そうな難題です…。
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-01-16 23:20 | Band(75)
<< GETZ/GILBERTO “BeCOOL” 新年会 >>