“BeCOOL” 新年会

揖保郡太子町のKAZUさんの豪邸まで足を運んで、活動休止中の“BeCOOL”の新年会をやって来ました。
メインは様々な野菜や肉に加えて、鶏の唐揚げやたこ焼き、うす揚げを袋状に開いて具を詰め、中から何が出てくるかわからない「福袋」と名付けた物などが入った、ROCKYオリジナルの鍋。そして、KAZUさん大好物の「イカと大根の明太マヨネーズ和え」と、「サーモンのマリネ」を用意したんですが、残念ながら仕込みに追われていたんと、出来たらすぐ飲み出したんで、写真を撮るのをすっかり忘れました。

f0119519_18461496.jpgそうそう、俺がその鍋の仕込みをキッチンでしてる時でした。リビングから心地良い音楽が聴こえて来たんで、ちょっと一服しようと行ってみると、KAZUさんがTVで“THE GADD GANG(ザ・ガッド・ギャング)”のライヴビデオを観ていました。“THE GADD GANG”はドラマーのスティーヴ・ガッドを中心に、コーネル・デュプリー(Gt)、リチャード・ティー(Key)、エディ・ゴメス(Ba)、ロニー・キューバ(B.Sax)という一流のミュージシャン揃いのバンドです。

煙草を吸う間だけ聴いて、俺は再び仕込みの為にキッチンへ。音は聴こえて来てたんで、リズムを取りながら包丁も軽快に動きます♪でも10分ほど経った頃、ガッドのドラムのリズムがどうもおかしい。ギターやベースと何か合ってないし、変な場所でフィルインが入ったりするんです。いくらガッドが歳取ったとはいえ、ここまでズレるはずがない。
妙だと思ってリビングに戻ると、TVは付けっ放しでKAZUさんの姿は無く、TVに映し出されたガッドの演奏は、以前に比べて随分大人しくなったものの、正確なリズムを刻んでいる。

「おやっ?」TVからではなく、別の場所からドラムの音が聴こえて来る。その音のする方向へ行ってみると1枚のドアがありました。そのドアをそぉ~っと開けて中を覗くと、何と中でKAZUさんがドラムを叩いていたんです!「こんな秘密の練習部屋があったとは~っ!!」

ん~、活動休止して俺がギターの腕を磨いてる間も、しっかりKAZUさんもこの「秘密のスタジオ」で個人練習してるわけやなぁ~。こりゃ~のんびりしとれんわ…。
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-01-15 19:26 | Diary(33)
<< “JAM & COOL” 初練習 新曲完成!! >>