Paco De Lucia

f0119519_1463117.jpg本日御紹介するのは天才フラメンコギタリスト、パコ・デ・ルシアです。彼を知ったのはジョン・マクラフリン、アル・ディ・メオラと共にライヴ録音した、『Friday Night In San Francisco』での超絶プレイを聴いた時でした。いきなり1曲目のディ・メオラの作品、『地中海の舞踏』のイントロで繰り広げられる、アコギでの高速プレイにやられてしまいました!

このアルバムは100万枚以上のセールスを記録し、フラメンコアーティストとしては異例の数字だったんです。彼は19歳でソロデビューし、1973年リリースの『二筋の川』がスペインヒットチャート1位を獲得して、フラメンコ史上初の快挙を成し遂げました。正確無比なピッキング、超絶な速弾きによる哀愁漂うメロディは一世を風靡し、ジャズ、フュージョン、そしてロックシーンのアーティストにまで影響を与えました。

f0119519_232280.gifチック・コリアやラリー・コリエルなどのアルバムに参加したり、フラメンコという枠に囚われない活動で知られ、ディ・メオラの代表作、『エレガント・ジプシー』への参加が、パコの人気を決定的なものにしたと思います。

パコの信仰者は国やジャンルを問わず、現在でも後を絶たないが、俺も間違いなくその1人。もちろん『地中海の舞踏』の速弾きもコピーしたけど、後にそれを彼が指で弾いてると知り、改めてパコの凄さを思い知った(汗)

今まではあまりフラメンコやスパニッシュ系の影響は、バンドではほとんど出さなかったけど、今後は曲やプレイにどんどん取り入れるつもりです。アコースティックユニット、“JAM & COOL”のライヴでは、俺の情熱的な超絶プレイが聴けるかも知れませんよぉ~!オ~レェイッ♪
[PR]
by ROCKY-sama | 2007-01-11 02:39 | Music(20)
<< 盗作疑惑? おでん >>