最近のバンドマン事情

昔はエレキ持ってバンドやってるだけで「不良」と呼ばれた時代があった。でも最近は「オタク」呼ばわりされることも多いそうだ。「何で!?」と思ったが答えは簡単だった。

f0119519_2251944.jpg近頃では宅録マニアが増え、スタジオにメンバーが集まって、ジャムりながら曲を創るってことが減り、パソコンやMTRを駆使して曲を創り、メンバーとデータでやりとりするというんが増えている。
部屋にギターやアンプ、エフェクターが転がってるというイメージとは逆に、妙にキチンと整理整頓されていて、写真のようにちょっとしたレコーディングスタジオ並に、パソコンや録音機材が整然と並んでいるバンドマンの部屋も珍しくない。

そう言う俺も一時期は「楽器屋かっ!!」とツッコまれるほど、アンプが7台、15Uのラックが2台、シンセにMTR、シーケンサーにギターが9~10本、コンパクトエフェクターも何十個と山積みされてた頃がありましたが、それはその頃打ち込みでライヴを演ってたからで、現在はもうMTRさえ残っていません。

f0119519_2412345.jpg現代的と言えばそうなんかも知れんし、俺の考え方が古いんかも知れんけど、部屋にこもってヘッドホンしながら曲創るより、メンバーが楽器持って集まって、デッカい音出しながら「あ~でもない、こ~でもない」とか言い合って、ジャムりながら曲をまとめてく方が、バンドマンっぽくてカッコええと思うんやけどなぁ~。
俺なんか実際のレコーディングでも、写真のようにノリノリでございます(笑)全く「オタク」の欠片も無いでしょ?メジャーも含めて妙にキッチリまとまり過ぎてるバンドが多いと思うんは俺だけでしょうか?

告白や別れを、バンドでも解散や脱退をメールで済ませてしまう、コミュニケーションが苦手な今風の世代には、そういうメンバー間のやりとりさえ面倒臭いんやろうか?俺はいくつになっても不良と呼ばれてええから、デッカい音ガンガン出してバンドしたいわぁ~♪

決してパソコン相手に音楽創るような「オタク」にだけはなりたくない、呼ばれたくないと思う、古いタイプのバンドマンの独り言でした…。
Merry Christmas~☆
[PR]
by ROCKY-sama | 2006-12-25 03:09 | Music(20)
<< ファンクの父、JB死去 年賀状 >>