幻のテープ

11月中旬から大掃除をちょこちょこ始めてるんですが、押入れの整理をしてると随分古いカセットテープが出て来ました。

f0119519_5385418.jpg何が入ってるんか気になって、整理の手を止めて聴いてみることに。
何やらボソボソと話し声が聞こえる。ヴォリュームを上げてみると、「もう1回イントロから演ってみる?」とか、「ギターソロから終わりまで演ろ~」とか、どうやらスタ練を録音したテープのようだ。

すると突然「ドカドカドカドカ、ズギャギャ~ン!!」と、スピーカーから爆音がっ!ヴォリューム上げてたから、ライヴ並みの音量に度肝を抜かれました(汗)

慌ててヴォリュームを下げると、ヘヴィメタ時代に在籍したあるバンドの結成当時のテープでした。当時のギタースタイルやサウンドは現在からは想像もつかないほどで、全く他人の演奏を聴いてるような変な感じ。

f0119519_6104775.jpg音から判断すると、改造オールドマーシャルを使ってた頃で、フロイドローズ搭載のワンハンバッカーストラトとの組み合わせ。
テープではヴォーカルが加入する前の、曲を創ってる段階の録音のようで、まだギターソロとかは手を抜いてる感じのアドリブなんですが、それでも相当速いし後半はライトハンド使いまくり!!
こんなん今急に弾けって言われても絶対無理やわぁ~!自分が弾いてんのにコピーすんのも大変そう…。

いやぁ~人って変わるもんですねぇ~!この頃にはもう家ではファンクとか聴いてたけど、まさか自分がファンキーなギタリストって呼ばれたり、クリーンなカッティングを得意とするなんて、これっぽっちも思ってませんでした。

今はジャズとかも聴いてるけど、10年後とかジャズ演ってたりってのは嫌やわぁ~!何か俺に335とかフルアコって似合わんでしょ?まだまだ俺は落ち着かへんでぇ~♪
[PR]
by ROCKY-sama | 2006-12-19 06:33 | Diary(33)
<< すき焼き 『ROCKY's BA... >>