“Saijo” ROCKY CUSTOM MODEL

f0119519_650441.jpg“Saijo” ROCKY CUSTOM MODEL
     #1  #2  #3

ボディ:アルダー(#1)、ホンジュラス・マホガニー(#2)、アッシュ(#3)
ネック:メイプル
フィンガーボード:エボニー(#1、#2)、パーフェロー(#3)
ピックアップ:Saijo Original Single×3
ペグ:Sperzel
ブリッジ:Wilkinson VG-300
フレット:Jim Dunrop #6100
ナット:Vintage Bone
CRL 3way セレクター
CTS Smooth Vol
CTS 250k(tone)
Switchcraft Mono


神戸元町にあるギターショップ“TONE BLUE”で、“P-Project”の創設者でもある西條八兄氏が、1本1本ハンドメイドで製作する“Saijo”を知り、2000年にプロトタイプとして#1をオーダー。#1のサウンドが気に入って、続けて2本オーダーしてしまった。

和田アキラ氏(プリズム)、是永巧一氏(元レベッカ等)、いまみちともたか氏(元バービーボーイズ)など、一部のプロミュージシャンがメインとして使用しているが、製作本数が非常に少ない為、取扱店も限られている。

f0119519_7565130.jpg俺のモデルは3本共特殊な配線が施されていて、3wayセレクターがどのポジションにあっても、常に2つのピックアップが鳴るようになっている。この配線によって、通常のストラトでは不可能な、フロント+リアという組み合わせが出来、テレキャスっぽいサウンドも出せる。

3本共ピックアップカバーは激しいピッキング、カッティングによって削れたり、写真のようにひび割れたりしている。


f0119519_854378.jpgネックジョイント部は西條氏独特のヒールレスカットが施されていて、ハイポジションが非常に弾きやすい!今では普通のストラトを弾くと、ストレスすら感じるようになってしまった。

トラスロッドはこのジョイント部の横、ネックポケット部から調整出来るようになっていて便利。でも購入後1度も調整してないけど、3本共ネックの状態は安定していて全く問題ない。


この“Saijo” ROCKY CUSTOM MODELの#1~#3のサウンドは、「Discography」で紹介している『CASUAL PROGRESS』、『DROP IN THE BUCKET』、『TALK BLACK INTO WHITE』、『SLOW BUT SURE』で聴くことが出来ます。
[PR]
by ROCKY-sama | 2006-12-15 06:59 | Equipments(43)
<< Ovation Craftsm... Discography >>